【GT-R ロードスター WRX STI】 ベストカー史上最大のアンケート!! 読者が一番好きな現行モデルはどれだ!?

 クルマの好みは人それぞれ。スポーツカー好きの人もいれば、SUV好きの人もいる。

 そんな好みの話で盛り上がっていたとある日の編集部。ふと、果たしてうちの読者はどのクルマが好きなんだろう? という話題になった。

 そういえばアンケートは過去に何度もやったことはあるけど、読者がどんなクルマが好きなのかという総選挙は一度もやったことがない。

 そんなわけで、さる5月、「ベストカーweb」上にて、国産車・輸入車を問わず好きな現行モデル、歴代モデルに一票を投じてもらう「ベストカー読者のための総選挙」を実施!!!

 今回は「現行モデル編」の結果を大公開! 果たして結果はいかに!!?(歴代モデル編は来週お届けします!!)

※本稿は2019年5月のものです。本企画は、ベストカーWeb上でアンケートを公募し(5月9〜13日)、それに寄せられた票と意見で構成しています。回答者の年齢は17〜71歳。誤った回答、無回答は集計の数値には含めていません
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年6月26日号


■1位はあの傑作オープン!

 1位に輝いたのは日本の誇る傑作オープン マツダ ロードスター!!

●1位…マツダ ロードスター(207票)

「これぞ人馬一体。ドライバビリティは現行車でNo.1でしょう」(49歳)など、“欲しい”という声も多い

 本誌でも楽しさ、速さ、スタイルなどで高評価を伝えているが、読者のみなさんと意見が一致したという感じだろう。ロードスターを選んだ方の主な理由を紹介してみよう。「貴重なライトウェイトFR。スタイリングもいいが、マツダのこだわりが見えてすごく好き」(24歳)。「人馬一体という初代からのコンセプトを大切にしつつ、デザインも格好よくなったから」(19歳)。「2シーターオープンカーの魅力を適正価格で販売」(49歳)。みなさん、文句なしの評価。ゾッコンです。

 2位は“進化する走りの伝道師” スバル WRX STI。

●2位…スバルWRX STI(159票)

「周りに流されないこだわりを感じる」(49歳)、「AWDのMT車だから」(54歳)など、個性で推す声も多いモデル

 スバルファンを感じさせる熱い声が目立つ。主な理由は次のとおり。「歴史的名エンジンEJ20が載っているため」(35歳)。「熟成されたエンジンと力強いフェイス、まとまったライン」(39歳)。「今時環境性能を割り切って走りの性能に振った貴重なクルマ」(21歳)。「自分のわがままをそのまま形にしたようなクルマだから」(28歳)。WRX STへの愛情たっぷりの声の数々だ。

 続いて3位はGT-R。

●3位…日産 GT-R(126票)

選考理由に「日本代表」の声が多いGT-R

 世界に誇れる日本のスーパーカーは、みなさんやはりお好きなようでトップ3入り。「日本の宝! 永遠の憧れ」(31歳)。「今でもレースに裏打ちされた技術を持つ、日本唯一のスポーツカーサラブレッドだから」(25歳)。「走りという信念が感じられる。さらなる年次改良で上を目指している」(55歳)……といった投票理由にも、GT-Rの凄さが滲み出ている感じ。

 4~10位の顔ぶれを見ると、スポーツモデルは6位の86と8位スイスポのみ。ほかは実用重視のモデルが目立ち、ちょっと意外。なかでも4位レヴォーグは特に目を引く。

●4位…スバルレヴォーグ(87票)

実用性×走り…という評価で4位に登場

 選んだ理由では「安全性、走行性能、ユーティリティのすべてが高水準」(62歳)。「4代目レガシィの後継車を出してくれたこと自体がうれしい。これでMTがあれば」(44歳)などが目につく。

 5位ジムニーを選んだ理由では「ライバル不在の孤高の存在」(58歳)。「どこにでも行ける相棒感が好き」(29歳)。「世界最高クラスのオフロード性能が魅力的」(28歳)と、独自の走行性能に惹かれる声が多いようだ。

●5位…スズキジムニー(78票)

現在も続く人気具合がそのまま表われて5位

 また現在の時流、SUVのなかでトップ10に入った2台。それぞれの理由が気になるところ。CX-5については……「トータルバランスが高い。低速から高速まで扱いやすい。やっぱりマツダデザインはいい」(47歳)。「ディーゼルの太いトルクで乗りやすい」(56歳)と、実際運転しての実感による声が目につく。

●7位…マツダ CX-5(63票)

 アウトランダーPHEVへの投票理由も……「環境、災害対応、アウトドア、デザインなど気に入った点が多い」(40歳)。「新しさも気持ちよさも、便利さも体感させてくれるのに安い!」(39歳)と、こちらもユーザー自身のイチ押しの声! という感じだ。

●9位…三菱 アウトランダーPHEV(56票)

 輸入車でトップとなった、11位ボルボV60への意見では「デザインと安全装備の充実」(51歳)など安全面に触れたものが多く、一方、12位と高い人気が目にとまったS660には「たとえ隣にランボが止まっていても卑屈にならなそうなスタイリングがいい」(42歳)というダイナミックな声も。価格では比較できない存在感を思わせる声です!

●11位…ボルボ V60(53票)

輸入車トップのV60。「燃費がよく荷物がたくさん積める」(50歳)など評価は高い

●12位 ホンダ S660(48票)

軽ではジムニーに次ぐ12位のS660

■その他のベスト10に入ったクルマたち

●6位…トヨタ86(72票)

●8位…スズキ スイフトスポーツ(59票)

●10位トヨタ マークX(54票)

■11位から50位に入ったクルマたち

11位…ボルボ V60 53票
12位…日産 フェアレディZ 48票
12位…ホンダ S660 48票
14位…マツダ アテンザセダン 47票
15位…トヨタ クラウン 45票
16位…ポルシェ 911 44票
17位…ホンダ シビック 42票
18位…ホンダ シビックタイプR 41票
19位…日産 スカイライン 39票
19位…スバル WRX S4 39票

輸入車で2番目に登場のポルシェ911は全体で16位

21位…トヨタ ヴェルファイア 36票
22位…ホンダ ヴェゼル 35票
22位…スバル BRZ 35票
24位…マツダ デミオ 33票
24位…スバル インプレッサ 33票
26位…フィアット 500 32票
26位…アルファロメオ ジュリア 32票
28位…トヨタ ハリアー 30票
28位…ルノー トゥインゴ 30票
30位…ホンダ NSX 29票
30位…マツダ CX-8 29票
30位…マツダ アクセラ セダン 29票

ヴェルファイアは21位に登場

33位…アルピーヌ A110 28票
34位…マツダ アクセラ スポーツ 27票
34位…スバル フォレスター 27票
36位…スバル XV 26票
37位…トヨタ C-HR 25票
37位…レクサス LC 25票
39位…ホンダ ジェイド 24票
39位…スズキ ハスラー 24票

24位のデミオ。コンパクトでディーゼルだからという声も多かった

41位…BMW 3シリーズ 23票
41位…MINI ONE 23票
43位…メルセデスベンツ Cクラス 22票
43位…メルセデスベンツ AMG GT 22票
45位…ボルボ XC60 21票
45位…トヨタ カムリ 21票
45位…トヨタ GRスープラ 21票
48位…ホンダ オデッセイ 20票
48位…スズキ アルトワークス 20票
48位…トヨタ アルファード 20票
51位…トヨタ エスティマ 19票
51位…トヨタ プリウス 19票
51位…マツダ ロードスターRF 19票


【番外コラム】 ところで「各社のイメージ」ってどんな感じ?

 ここではベストカー読者へ聞いた各社に対するイメージを。2017年調査だが、かなり興味深い内容だ。上位2つの比率が左のとおり(回答数:514名)。全体を見てみると、半分の4社に人名がランクイン、影響力がわかる。ハイブリッドやVRECなどパワートレーンのイメージが直結することも伝わる。

●国産各社のイメージは?
・トヨタ……ハイブリッド(38%)、豊田章男社長(22%)
・日産……日本市場を見ていない(31%)、C・ゴーン(28%)
・ホンダ……本田宗一郎(44%)、VTECエンジン(15%)
・マツダ……ロータリーエンジン(33%)、SKYACTIV(31%)
・スバル……水平対向エンジン(52%)、アイサイト(22%)
・三菱……ランエボ(38%)、PHEV(17%)
・スズキ……鈴木修会長(36%)、軽自動車(29%)
・ダイハツ……軽自動車(49%)、トヨタグループ(24%)

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ