もはや下手くそドライバー認定!? どーにもこーにもカッコわるっ!! 「カックン運転」改善法

もはや下手くそドライバー認定!? どーにもこーにもカッコわるっ!! 「カックン運転」改善法

 発進・停止の際や低速での走行時、クルマがガクガクと揺れてしまう「カックン運転」は、周囲からも白い目で見られる下手なドライバーがやってしまいがちな運転の代表格。その原因と改善するための方法とは?

文/井澤利昭、写真/写真AC、Adobe Stock、イラストAC

【画像ギャラリー】カックン運転を克服しよう!(7枚)画像ギャラリー

■カックン運転は必ず克服できる!

 自分が思っている以上の強いブレーキでつんのめったり、アクセルを踏み込み過ぎての急加速など、ギクシャクとした「カックン運転」は同乗者はもちろん、周囲を走るクルマや歩行者にも不安を与えてしまうもの。

 ふだん乗り慣れないレンタカーや他人のクルマでの走り出しではやってしまいがちな「カックン運転」ではあるが、運転が上手い人であればそのクルマのクセを即理解し、すぐさま対応することができる。

 一方、長年乗り慣れているはずの愛車であっても運転がギクシャクしてしまうという人は、アクセルやブレーキのコントロールが上手くできていないことが多く、それが原因でクルマの運転が怖いと感じてしまうこともあるという。

 自信を持ってクルマを操るためにも、「カックン運転」へとつながる要因をしっかりと理解し、できる対策や練習を一つひとつ実践していくことが重要。

 一朝一夕ではなかなかできないこともあるが、日常の運転で常に意識していけば、「カックン運転」は必ず克服できる。

■正しい姿勢で運転している? まずはシートポジションの見直しから

どーにもこーにもカッコわるっ!! 下手くそドライバー認定!? 「カックン運転」改善法
シートの位置が極端に前寄りで、膝が大きく曲がった状態での運転は、脚の自由度が低く、正確なペダル操作ができない。加えてペダルを踏み込む際、思った以上の力が入ってしまうため、カックン運転の原因となる

 アクセルやブレーキのペダル操作があまりうまくできず、クルマの動きがギクシャクとしてしまう原因はさまざま考えられるが、最初に見直したいのが運転時のシートの位置だ。

 特に極端にシートを前にずらしたポジションで前のめりの姿勢で運転していると、アクセルおよびブレーキペダルとそれを踏むための右足の距離が必然的に近くなり、ペダルを踏み込む際、自分が思っている以上に力が入ってしまうことがある。

 また、膝が大きく曲がった状態でペダル操作をすることになるため、足の可動範囲が窮屈になり、細かなペダルコントロールもしづらくなる。

 シートの前後位置は右足がアクセルやブレーキペダルをいっぱいまで踏み込んだ状態で、膝が少し曲がる程度の余裕があるポジションがベスト。この状態からなら繊細な操作はもちろん、緊急時の急ブレーキにも対応できるからだ。

 加えてシートへの座り方も重要。シートが適切なポジションにしてあっても、背もたれからお尻や背中が離れるような浅い座り方をしていては意味がない。

 このような前のめりの状態での運転はビギナードライバーや高齢者に多く見られるが、シートの位置と座り方を最適化するだけで、不安定なペダル操作をかなり改善できるはず。

 また、サンダルやヒールが高すぎる靴などを履いた状態では、適切なペダル操作が妨げられる可能性もあるため、運転時にはそれに適した靴をチョイスすることも忘れないようにしたい。

次ページは : ■カックンブレーキを防ぐ、シーンに合わせたブレーキペダルの踏み方

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号