かつて憧れたぜ! 100台限定の日産「パルサーエクサコンバーチブル」は北米仕様の内装がオシャレすぎた!!

かつて憧れたぜ! 100台限定の日産「パルサーエクサコンバーチブル」は北米仕様の内装がオシャレすぎた!!

 かつて身近なクルマをベースにしたスペシャルティクーペは、若者たちの憧れの存在だった。第11回目となる日産ヘリテージ連載は、初代パルサーエクサの限定車として設定された「パルサーエクサコンバーチブル」を紹介しよう。

文/大音安弘、写真/池之平昌信、日産

■リトラクタブルライトが与えられたパルサーエクサ

リトラクタブルライトが特徴的なパルサーエクサコンバーチブル。座間の日産ヘリテージコレクションに今も収蔵されている
リトラクタブルライトが特徴的なパルサーエクサコンバーチブル。座間の日産ヘリテージコレクションに今も収蔵されている

 チェリーの系譜を初代パルサークーペから受け継いだ初代パルサーエクサには驚きの特別仕様車が存在し、現在も日産ヘリテージコレクションに収蔵されている。

 パルサーエクサの歴史は、パルサーが2代目にフルモデルチェンジを果たした1982年(昭和57年)4月27日に始まる。2代目パルサーは、主力となる3ドア及び5ドアハッチバックに加え、独立したトランクを備える2ドアノッチバッククーペを設定。このクーペにはパルサークーペではなく、新たにパルサーエクサの名が与えられた。

幌を付けた状態のパルサーエクサコンバーチブル
幌を付けた状態のパルサーエクサコンバーチブル

 スペシャルティクーペらしい専用デザインとなるスポーティなフォルムを与えられたパルサーエクサは、スーパーカーを彷彿させるリトラクタブルヘッドライトを備えたスラントノーズが印象的だ。

 このリトラクタブルヘッドライトは、世界初のワンタッチ式パッシング機構を備えたもので、1000~1500㏄クラス初かつ日産車初のリトラクタブルヘッドライトを搭載したモデルであった。

 ボディパネルもベースのパルサーとはまったく異なっており、その結果、空気抵抗係数(Cd値)を0.37まで高めていた。ただし、インテリアはパルサーと共通であるため細やかな差別化に留められており、スペシャルティ感はやや薄めであった。

■直4、1.5LSOHCエンジンのみの設定

シングルキャブレーター仕様の1.5L直4SOHCエンジン車のみを設定。ベースは最高出力85ps/5600rpm、最大トルク12.3kgm/3600rpmを発揮
シングルキャブレーター仕様の1.5L直4SOHCエンジン車のみを設定。ベースは最高出力85ps/5600rpm、最大トルク12.3kgm/3600rpmを発揮

 エクサは基本構造を共有するが、新パルサーシリーズのイメージリーダーの役目もあり、上位グレード向けの自然吸気仕様の1.5L直4SOHCエンジン車のみを設定。ベースグレードは、シングルキャブレター仕様とし、最高出力85ps/5600rpm、最大トルク12.3kgm/3600rpmを発揮。トランスミッションは5速MTと3速ATを用意した。

 最上位となる「E」グレードでは、インジェクション式となり、最高出力95ps/6000rpm、最大トルク12.5kgm/3600rpmまで向上させ、5速MTのみの組み合わせとした。

 発売当時の東京地区価格は、117万5000円(ベース、5MT車)~128万5000円(E、5MT車)であり、同エンジンを搭載するパルサーよりも10万円前後割高であった。

次ページは : ■車名の「エクサ」は天文学や原子物理学の国際単位に由来

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号