「なんちゃってスポーツカー」なんて言わせない!! 独特のユルさが魅力だった愛すべきクルマ6選

「なんちゃってスポーツカー」なんて言わせない!! 独特のユルさが魅力だった愛すべきクルマ6選

 見た目はいかにもなスポーツカーでありながら、中身を見るとちょっと違う!? 今回はそんな“なんちゃってスポーツカー”にスポットを当て、スポーツカーとは言いきれないけど独特の魅力を持った6モデルを紹介していきたい。もちろん異議は認める。でも、やっぱりコレってなんちゃってスポーツカーじゃないかな?

文/長谷川 敦、写真/フォルクスワーゲン、ホンダ、日産、FavCars.com

そもそもスポーツカーに定義はあるのか?

再評価する価値は大あり!!! なんちゃってスポーツカーと言わせない!! 爪痕を残した魅惑車6選
これがスポーツカーの典型的なスタイル。写真はロータス エスプリだが、実はこのクルマもなんちゃってスポーツカーの候補のひとつになっていたりする

 ルックスはごくフツーのロードカーなのにもかかわらず、実は高出力エンジンを搭載していたり、レースカー並みの足回りを装備していたりするクルマを「羊の皮を被った狼」などと呼ぶことがある。その反対に、車高が低くていわゆるスポーツカールックなのに、実際にはそこまでスポーティでないクルマも存在する。

 だが、ここで注目したいのは、スポーツカーという呼称に厳密な定義はあるのかということ。結論から言うとそれはない。つまり、オーナーやメーカーがそのクルマをスポーツカーと呼べば、それは立派なスポーツカーなのだ。とはいえ、それではこの記事の根幹が揺らいでしまうので、まずは最大公約数的なスポーツカーのイメージを考えていこう。

 スポーツカーの要素でもっとも重要なのがスポーツ走行に適したクルマであるということ。単なる移動や荷物運搬の手段としてではなく、ドライブすることを第一に作られたクルマがスポーツカーと言えるはず。

 そしてルックスもまた重要なポイントだ、車高はできるだけ低く、座席数は少ないほうがスポーツカーらしい。誰もセダンやミニバン、SUVのことをスポーツカーと呼ばないことからもそれがわかる。エンジンが高出力であることは必須ではないが、やはりパワーがあればスポーツカー的要素はグッと濃くなり、車重も軽いにこしたことはない。

 今回は上記の要素を満たしたクルマをスポーツカーと定義したい。だから“なんちゃってスポーツカー”はこれらの要素のなかから何かが欠けてしまっていることになる。もちろんそれがメーカーの意図したものであってもだ。ここまで考えたうえで、実際にどんなクルマがなんちゃってスポーツカーなのかを探っていく。

次ページは : “ちょっと惜しい”…でも愛されてたスポーツモデル3車

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

あのパジェロもセリカも復活する!! 春本番に胸躍る! ベストカー4月26日号

花より団子。桜よりベストカーですよ~。胸躍る春の到来とともにお届ける「ベストカー4月26日号」の注目特集はベストカーの真骨頂、SCOOP企画。あの三菱パジェロとトヨタセリカの復活誕生をズドーンと掲載しています。クルマ購入お役立ち特集「アナタの最適解教えマス」、「鈴木利男に参りましたと言わせたい!」特集など、盛りだくさんです。

カタログ