【最初は嫌いだった? スープラ インプ スカイライン】 一周まわって好きになったクルマ


 かつては評価できなかったものが、時間の経過とともによく思えてくることがある。自分自身のものの見方が変わったり、当時は気づかなかった魅力に気づいたりと、その理由は様々だ。

 なんとなくだが、評価できないどころか毛嫌いしていたものほど、見方が変わったとき、好きの度合いが深くなることが多いような気もする。

 最初は嫌いだったけど、最近になってそんな風に評価が好転したクルマはあるか? 自動車評論家陣に尋ねてみた。

※本稿は2019年6月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年7月10日号


■トヨタ 80型スープラ(1993~2002年)

(TEXT/鈴木直也)

頑丈な2JZエンジンを搭載し、チューニングベースとしても高い人気を誇った

〈どこがイマイチだった?〉
 現役時代の80スープラは、いわば第2世代GT-Rの引き立て役だった気がする。

 すべてが当時の最先端だった第2世代GT-Rに比べると、80スープラは古典的なFRスポーツそのもの。メカニズムも走りも、どうにも古臭く思えてならなかった。

〈一周まわってどこが好き?〉
 しかし四半世紀が経って第2世代GT-Rも過去となり、そして最近のスープラ復活ブームのなかで見直すと、アレはアレでよかったなと思い直しています。そう思える年月が経ったということですね。

■スバル 2代目インプレッサWRX(丸目・2000~2002年)

2度の整形を受けた2代目インプ。素のままのキミでよかったみたい

(TEXT/岡本幸一郎)

〈どこがイマイチだった?〉
 出た時は悪い意味で衝撃的だった。普通にすればよいものを、なんでこんなヘンテコなデザインにしたのかと思ったもんだ。でも次の「涙目」はまっとうなデザインになったけど面白味に欠けたし、その次の「鷹目」のかわいげのない顔はまるで好きになれず。

〈一周まわってどこが好き?〉
 そんなわけで2代目インプを振り返った時に、実はよかったんじゃね? と思うようになったのが最初の「丸目」。個性的で愛嬌もあるし、大いにアリ! ワイドボディのWRXは特に丸目と相性がイイ。

次ページは : ■トヨタ WiLL Vi(2000~2001年)

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ