【最初は嫌いだった? スープラ インプ スカイライン】 一周まわって好きになったクルマ


■トヨタ MR-S(1999~2007年)

(TEXT/片岡英明)

先代が強烈な武闘派だったため現役時はさほど目立てなかったのが悲しい

〈どこがイマイチだった?〉
 トヨタMR-Sがベールを脱いだのは、世紀末の1999年秋だ。この年はホンダS2000やR34GT-R、ランエボVI、S15シルビアなど、パワフルなスポーツモデルが相次いで登場した。だからNAエンジンのMR-Sは、先輩のMR2ほど華やかに感じられなかったのである。

〈一周まわってどこが好き?〉
 が、ミドシップで、しかも軽量だから気持ちいい走りを見せ、運転すると楽しい。また、2ペダルの6速シーケンシャルミッションも、今考えると画期的と評価できる。

■日産 V35 スカイライン(2001~2006年)

(TEXT/斎藤 聡)

直6との決別、もっさりしたデザインで当時はあんまり。クーペはカッコよし

〈どこがイマイチだった?〉
 インフィニティと統合した最初のモデルってことで、スカイラインと呼ぶには凄く抵抗があった。FMプラットフォームが採用されたことでスカイライン伝統のFRらしい乗り味がガラリと変わってしまったからだ。

〈一周まわってどこが好き?〉
 でも、いま改めてスカイラインについて考えると、あの時モダンなプラットフォームへの変更は必要だったし、よりよいハンドリングを作ろうという作り手の熱意が感じられるクルマだった。それがとても好ましく感じられる。

次ページは : ■トヨタ 2代目 MR2ターボ(1989~1999年)

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ