インサイトとカムリからみる和製ミドルセダンの現状と課題【天才エンジニアが斬る!!】


 皆さんこんにちは、水野和敏です。

 今回は国産ミッドサイズセダンを2台取り上げます。カムリはすでにデビューから2年近く経過しており、しかも一度取り上げているのですが、その際は標準モデルしかありませんでした。

 その後スポーティな仕様として「WS」というモデルが追加されたので、今回はそれを評価していきたいと思います。

 もう1台はホンダのインサイト。先代型のインサイトはプリウスに対抗する存在とした5ドアハッチでしたが、今回のモデルは正統派4ドアセダンとしてきました。

 はたしてどんなクルマに仕上がっているのか? しっかりと評価をしていきたいと思います。

文:水野和敏/写真:池之平昌信
ベストカー2019年7月26日号


■両車のホイールデザインはいったいなにがしたいのかわからない

 まず目につくのはカムリのホイールデザインです。俊敏なスポーティモデルを表現したデザインではありませんね。デザインの処理からはRVを強調するデザインのようです。狙いは何でしょうか?

 メインのスポークに際立った補助リブを追加していますが、これは一般的にはSUVやクロスカントリーモデルでどっしりとした”力強さ”や”重厚感”を表現するデザイン手法で、スポーティセダンの”軽快さや俊敏さ”の表現ができているとは思えません。

今回はカムリのWS(左)とインサイトを試乗します。どちらもハイブリッドミドルサイズセダンとして登場しましたがその実力はいかに?

 デザインというのは単なる目先の形作りではなく、そのクルマのウリやコンセプトなどを伝えるための手段として表現する役割があります。

 しかしながら一般的に個々の部品を担当するデザイナーは、どうしても部品単体のなかで他車との差別感を出すことに執着します。

 だからこそ、開発責任者がしっかりとテーマを与えて個々の構成部品がどんな表現を受け持つのかを明確にすることが大切なのです。

 個人的には、この「テーマのズレた」ホイールデザインが、せっかくの洗練された走りのイメージを壊してしまっている感じがします。もったいなく残念です。

スポーティで軽快さが売りのカムリWS。しかし力強さや重厚感を象徴するホイールデザインが残念との水野氏

 一方のインサイトはというと……、ホイールデザインは何を表現しているのでしょうか!? ハイブリッドで燃費がいい、空力が優れているという、風の流れをイメージさせているのでしょうね。

 でも、このホイールのデザインでは操安性のレスポンスや乗り心地で重要なホイールの軽量化は難しいと思います。

 なぜなら、この渦巻きのようなスポーク形状では、瞬間にドンと入る縦方向の入力に対して剛性を確保するためには、スポーク内部の肉厚を上げる必要があり、軽量化が難しくなるからです。

 さらに、「これは空力を優先したデザインだ」というのであれば、それよりまず先にやるべきことがあると思います。

 ホイール面とフェンダーオープニングの大きな段差をなくしたり、隙間を減らすことからやるべきだと言いたくなります。

 特にホイールオープニング部の隙間は、こんなに大きく空いていると走行中に風が入り込んでリフトや抵抗の発生要因となります。しかもホイールのデザインはほとんど空力性能には関係しません。

「風の流れ」を意識しているホイールデザインのインサイト。しかしそれよりもホイールオープニング部の隙間が空力性能が低下してしまうという

 ただ、フロントバンパー前面からサイドにかけての面は上手に作っています。ここの風の流れはスムーズです。

 でも、せっかくここは上手く作っているのにフロントフェンダーから後がもったいない。止まっているクルマに風を当てるだけの実車風洞で実験すると「いい結果」が出ていると思います。

 しかし実際の走行中のクルマと同じ、地面が動いてタイヤも回る、ムービングベルトタイプの風洞で実験をすると、フロントフェンダー後方に巨大な渦が発生していたり、フェンダー内部に風が巻き込みリフトや抵抗を発生している様子がわかると思います。

■インサイトのワイパーむき出しは車格からしてありえない

 今日はあいにくの雨降りですが、見てください、フロントフェンダーの後方でドアの真ん中まで大きく跳ね上げられた渦状の泥水の跡が残っています。これは風が流れた跡です。

 フロントマスクはカムリもインサイトもグリルとバンパー面に大きな段差があって、これは渦の発生源となり、空力的にはあまりよくありません。

 もっとも、いいか悪いかは別にして、カムリは「このトヨタ顔」に決めたのでしょうから、それはいいと思います。しかしベンツもBMWもフロントマスクにヘンな段差などは付けていませんが。

ここまでワイパーアームの根元がクッキリと見える車種は最近あまり見ない。特に約350万円のクルマとしては少し残念な部分だ

 またワイパーを見てください。今どきこの車格で、このインサイトのように大きく曲げて湾曲したワイパーアームがむき出しのクルマなどありません。

 フラットな形状のフード後端から来る強い風が、大きく湾曲して露出したワイパーアームに当たるので、大きな渦ができてしまいます。

 ここはしっかりとアームをフードの中に隠すか、あるいはフード後端にアプローチの傾斜をつけることでフード後端の位置を上げて、素直にフロントウィンドウの風を流す処理が必要です。

 まずはスケールモデルでムービングベルト風洞開発テストをしっかりやり、空力開発を終了してから実車風洞で最終確認をする。

 本気でエアロダイナミクスを追求するのなら、しっかりと手順を踏んでほしいところです。さらにフード後半部分のフェンダーとのパーティングの隙間から、ヒンジなどの中の臓物がもろに見えるのは販売価格を考えるとありえないとも思います。

 インサイトのエンジンルームを見ると、ホンダもストラットアッパーをダッシュパネルと直接繋げる構造をとるようになってきましたね。

 樹脂パネルでカバーしていますが、ガッチリとしたスチールの板をダッシュパネルに這わせて左右のストラットアッパーを繋げています。

このクラスとしてはいまだにポールを採用しているインサイトのボンネットストッパー。価格帯を考えれば……

 エンジンフードは、カムリはガスダンパー使っているのに対しインサイトはポールです。このクルマの価格からはガスダンパーくらいは欲しいところです。

 エアインテークはエンジンルーム前端に上向きに配置しています。ボンネットフードの隙間からフレッシュエアを取り入れて、フード裏側のエアダクトを介して吸気するレイアウトです。

 これはこれで面白いアイデアなのですが、よくよく空気の流れを考えると、このインテークダクトはちょうどラジエターの上に位置します。

 ある程度の速度で走行している時はいいのですが、渋滞で止まっていたり、低い速度の時は下からの熱で吸気が暖められてしまいます。

次ページは : ■汎用性の高いカムリのHVユニットに対して改善の余地があるインサイト