マツダにあってスバルにない、スバルにあってマツダにないモノは!!?


玄人向けか、選ばぬ万人向けか

スバルは個性的なシンメトリカルAWDを主要車種に展開。抜群の走破性でユーザーの信頼を勝ち取ってきたが、近年ではマツダも4WD技術を大幅に進化させている

 マツダは、先進の技術を取り入れることでクルマを洗練させ、誰もが使いやすく、また高性能を体験できることを、クルマ開発の目標に据えているように見える。

 4WDシステムなどはその最たる例だろう。従来の4WDを知っているドライバーにとっては、不思議なくらいスムーズで、滑らかにスイスイ走れてしまう。
 
 スバルも基本的には新しい技術を取り入れ、あるいは洗練させることでクルマの完成度を高めようとしているが、クルマは道具であり、使いこなすためには習熟が必要だという哲学のようなものがうかがえる。

 マニアックと書いた4WDはまさにそれ。マツダにあってスバルにないのは、新しいものを取り入れる柔軟さではないかと思う。

 逆にスバルにあって、マツダにないものは何か。

 スバルは、個人的にはCVTが(出来のよし悪しとは関係なく)好きになれないのだが、それはそれとして乗ればスバルとわかる「らしさ」がある。連綿と受け継がれてきたスバルらしさがちゃんと息づいている。

 マツダは、新しくモダンで、エンジニアリング的な完成度は高いが、スバルほどの個性的な乗り味はない。ここがマツダの足りないところで、今後マツダが取り組むべき課題なのではないかと思う。

【斎藤聡】

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ