誰も振り向かない……こんなランボルギーニある!?? でも「ご利益」は健在!! テリーさんウルスに乗る【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】

誰も振り向かない……こんなランボルギーニある!?? でも「ご利益」は健在!! テリーさんウルスに乗る【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】

 ベストカー本誌で30年も続いている超人気連載「テリー伊藤のお笑い自動車研究所」。過去の記事を不定期で掲載していきます。今回はランボルギーニ ウルス(2018年-)試乗です!(本稿は「ベストカー」2019年5月26日号に掲載した記事の再録版となります)

PHOTO/西尾タクト

■街を走っていても誰もふり向いてくれない……そんなランボルギーニ、ある??

ランボルギーニ初のSUVとして登場したウルス。ポルシェカイエン、ベントレーベンテイガとプラットフォームを共用。全長5112×全幅2016×全高1638mm、ホイールベース3003mm、車重2200kg
ランボルギーニ初のSUVとして登場したウルス。ポルシェカイエン、ベントレーベンテイガとプラットフォームを共用。全長5112×全幅2016×全高1638mm、ホイールベース3003mm、車重2200kg

 ランボルギーニにはタブロイド紙のような魅力がある。政治経済と風俗の記事が一緒に載っている夕刊紙。そういう怪しさがランボルギーニのよさだと思っている。

 そういう意味で、ウルスは「意外と真面目だな」という印象を持った。

 ランボルギーニは1980年代に「LM002」という四駆を市販化しており、あの革命的なデザインに比べると、スーパーカーメーカーが作るSUVとして想定の範囲内に留まっている。

  LM002はもともと軍用車のチータを民生化したクルマで、「こんなクルマが街を走ってもいいのか?」という驚きがあった。

 勝手ながら、私はランボルギーニが作るSUVにはそういう驚きを期待していたのだ。ファンタジーと言い替えてもいい。

 ウルスのデザインは一見、過激に見えるかもしれないが、我々はすでにC-HRを知っている。「C-HRに似ている」というのは禁句なのかもしれないが、事実だからしょうがない(笑)。

軍用車「チータ」をベースに、1982年に市販化された「LM002」。これほどの衝撃を求めるのは酷だろうが「ウルスはわりと普通だな」と思ってしまった
軍用車「チータ」をベースに、1982年に市販化された「LM002」。これほどの衝撃を求めるのは酷だろうが「ウルスはわりと普通だな」と思ってしまった

 ランボルギーニといえば、ガルウイングだ。ウルスはなぜガルウイングにしなかったのか?

 テスラにできてランボにできない理由はないはずで、ランボルギーニはウルスを実用的なクルマにすることを重視した結果なのだろうと推測できる。

 その結果どうなったか。街を走っていても、誰もふり向いてくれない。そんなランボルギーニがあるなんて、乗ってるこちらがビックリだ!

 ウルスはもっと下品で、権力と戦うタブロイド紙のようなクルマにしてほしかった。もしも私がランボルギーニウルスを買ったら、どうドレスダウンしてやろうかと考えるだろう。

 昔のトランザムのように、ボンネットに巨大なランボルギーニの牛のマークを貼って、ボディサイドに価格をデカデカと貼り付けたい。

 日本円で「¥30000000」はストレートすぎるから、ユーロ価格で「236000€」とオシャレにキメるのはどうだろう。

 日本人特有なのかもしれないが、ランボルギーニはそうやって遊びたくなるのがいいのだ。

 エンジンは強力である。V8、4Lツインターボで650ps、最高速は305km/hというのだから、ランボルギーニの名にふさわしいムダいっぱいの性能だ。

■ランボに乗るのはお線香の煙を浴びるようなもの 御利益に理屈はないのだ!!

「それでテリー、ウルスの走りはどうだったんだ?」と聞かれても、私に乗り出し3000万円もするクルマの走りの評価などできるわけがない。

 ただ、御利益はありそうな気がする。

 浅草寺で線香の煙を浴びると清々しい気持ちになるようなもので、300円の食パンよりも2000円の食パンのほうがおいしいと感じるだろうし、コンビニの100円コーヒーよりスターバックスの1200円コーヒーのほうがありがたく思える。

 そんな「気がする」としか言いようがない。

 ただ、これなら誰でも運転できそうだなと感じたのは事実だ。

 ボディの大きさに尻込みするかもしれないが、慣れれば女性でも気軽に走らせることができるだろう。

次ページは : ■スーパーカーのSUV化は進むのか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!