三菱から消えたのは惜しかった……伝統のコンパクトカー[ミラージュ]はなぜ44年の歴史に幕を閉じたのか?

■タイ生産の最終型はロングスパンモデルに

2012年に登場した最終型6代目ミラージュはタイ生産モデル
2012年に登場した最終型6代目ミラージュはタイ生産モデル

 6代目ミラージュが登場したのは2012年8月。先代型となる5代目ミラージュが2000年5月に生産終了し、その名前を冠したコンパクトトールワゴンのミラージュディンゴが2002年9月に生産終了してから10年後に登場。

 歴代モデル初のグローバル戦略車としてタイ生産モデルとして日本にも導入。直3の1LDOHC、のちに同1.2LDOHCを追加し、2015年と2020年の2度にわたってフェイスリフトを中心としたマイナーチェンジを行っていた。

2015年にマイチェンを受けた6代目ミラージュ
2015年にマイチェンを受けた6代目ミラージュ

 国内で約5万7000台、グローバルで約82万台を販売してきた6代目ミラージュだったが、2023年3月で生産終了。

2020年には再びマイチェンでフロントマスクを変更
2020年には再びマイチェンでフロントマスクを変更

 現在の三菱にはコンパクトクラスの小気味いい走りのモデルがラインナップされていないだけに、ぜひ復活を待ち望みたい!

【画像ギャラリー】三菱から消えたのは惜しかった……伝統のコンパクトカー、ミラージュはなぜ44年の歴史に幕を閉じたのか?(25枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します