【心が躍ったのに…】コンセプトカーから大きく変わったクルマとその事情 5選


 自動車メーカーの研究開発の成果や新型モデルのお披露目を目的として、世界各地で開催されるモーターショー。

 モーターショーには、多くのコンセプトカーが出展されますが、実際に市販化されたモデルを見て「あれ?」と残念に思うこと、ありますよね。今回はそんな、「コンセプトカーと違いすぎたクルマ」をご紹介します。

文/立花義人
写真/MAZDA、DAIHATSU、NISSAN、TOYOTA、MITSUBISHI、SUBARU、編集部

(画像ギャラリー)(画像ギャラリー)コンセプトカーと大きく変わったクルマの現行モデルたち


■ダイハツ イース(市販モデル:ミライース)

 2009年に開催された第41回東京モーターショーにコンセプトカーが出展され、2011年に「ミライース」として発売されました。

 コンセプトカーは市販モデルよりも全長が300mm程度短く、3ドアハッチバックモデルであったため、そのデザインは来場者の間で「和製ミニクーパー」と呼ばれ話題になりましたが、実際に市販されたモデルはシンプルなデザインとなっていました。

ダイハツ イース(2009年出展)。「小さい・軽い・燃費がいい」を追求したコンセプトモデル。10・15モード燃費で30.0km/Lを実現
ダイハツ ミライース(2011年)。従来比で40%の燃費性能を改善を果たした『e:Sテクノロジー』を採用。JC08モード燃費で30.0km/Lを達成

■日産 GT-Rコンセプト(市販モデル:GT-R)

 2001年の第35回東京モーターショーで「GT-Rコンセプト」が出展され、当時日産のCOOであったカルロス・ゴーン氏によって「GT-R」の開発が発表されました。

 全体のフォルムはコンセプトカーに近い雰囲気ではあるものの、フロントライト周りの造形が大きく変わっていました。実際にGT-Rが発売になったのは2007年ですから、発表から6年の開発期間中にデザインのトレンドが変化し、その影響が市販モデルとの違いに表れたのかもしれません。

日産 GT-Rコンセプト(2001年出展)。当時まだ発売中だった、R34型スカイラインGT-Rとはかなり違うデザインを採用した
日産 GT-R(2007年)。ベストカーでおなじみ、水野和敏氏が開発責任者を務めた、日本が誇る高性能スポーツカー

次ページは : ■トヨタ FT-CH(市販モデル:アクア)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ