【僕らを熱くさせたクルマがたくさんあった!】私の愛した日産

 カルロス・ゴーン元会長の事件、西川廣人社長の不正報酬問題による辞任、2019年度第一四半期(4~6月)決算では98.5%の利益減と、泣きっ面に蜂状態の日産。さらには、国内市場軽視だとファンから厳しい声が叫ばれている。

 そんな日産ではあるが、過去には多くの人が日産車に乗り、その心を熱くさせたことがあった!

 今回は、若かりし頃に日産車に乗り、クルマの楽しさを味わった4人の自動車評論家とレーシングドライバーに、当時愛した日産車について熱く語ってもらった。

※本稿は2019年9月のものです
文:ベストカー編集部/写真:NISSAN、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年10月10日号

【画像ギャラリー】あなたの心も熱くした!? 往年の愛された日産車たち


■クルマ作りにこだわりを感じたFR車(国沢光宏)

 当時は26か27歳だったと思うが、中古で購入した走行距離の短い上物のサニー310クーペに乗っていた。当時TSレースで使用されていたのと同じモデルで、スタイルがカッコよかった。

サニー(B310型)後期型。FRレイアウトを採用した最後のサニーとなった4代目。前期型は大型丸目2灯のヘッドライトを採用し、後期型では角型2灯ヘッドライトを採用していた

 社外品のサスペンションに交換していたこともあるが、ハンドリングがよかったし、取り回しもよかった。ワインディングロードだけじゃなく、街乗りでも楽しいクルマだった。

 車重900kgくらいのボディに、1500ccのエンジンを搭載したFR車なんて今の時代にはないし、上物の掘り出し物があったら、エンジンをパワーアップなどして、今でも乗りたいくらいだ。

 もう一台は、子供とどこか行くのに便利なほうがいい、と買ったFRレイアウトのバネット。貨物用のグレードで、フラットな荷室だったので、布団を敷いてキャンピングカーのような使い方ができた。

 バネットは新車で買ったけれど、決め手となったのはリアにもベンチレーテッドディスクブレーキが奢られていたこと。当時の日産は手抜きがなく、しっかり作っているな! と感じられた。

 当時の日産はクルマ作りにこだわりが感じられて、凄くよかったよね!

■スカイラインとブルーバードに惚れこんで(片岡英明)

 19歳の時、ブルーバード(510型)を購入しました。

 足回りにセミトレーリングアームを採用していましたが、他社のものと比べて足回りのできがよく、コーナリング性能も高かったんです。

 スポーツドライビングをするのには最適でしたね。残念ながら調子に乗りすぎて、1年くらいで自爆して廃車にしてしまったのは残念でした。

ダットサン・ブルーバード(510型)。三角窓のないシャープなスタイリングと、OHCエンジン、4輪独立懸架などによる高い基本性能と実用性が受け、販売累計台数150万台以上の大ヒットとなった

 免許を取った時は、排ガス規制が始まった時期と重なって、ガソリン車が安かったんです。なので、頻繁にクルマを乗り替えていましたね。

 ハコスカも乗ったし、スカイラインS54にも乗りました。買ったのは54Aだったんですが、B仕様になっていました。

 あとは、中古で安かった810のブルーバード(最終型)も乗っていたことがあるんです。L型6気筒エンジンだったんですが、エンジンは上品なフィーリングで、大人な乗り味でした。

 飛ばすことはなかったけど、長距離ドライブが楽しかった。スカイラインもブルーバードもそうでしたが、当時の日産のクルマは距離を走ってみることで、そのよさがわかったんです。

ダットサン・ブルーバード(810型)。メインとなるZ18型・4気筒SOHCエンジン(105ps/15.0kgm)が1シリンダーに対して2つの点火プラグ(ツインプラグ)を備えることも話題となった

 また、当時の日産車はシンクロが強くて、ミッションが使いやすかったですね。それはR32の時代になっても引き継がれていて、日産の強みだなと思っていました。

■日産車に乗って、青春を燃え上がらせた!(清水草一)

 初めて買ったのはガゼールだったね、1981年に。次に買ったのがサンタナXi5という5気筒DOHCエンジン+5速MTを搭載したモデル。その後、Z32に乗り継いだ。R32GT-Rとどっちにしようか迷って、スタイリング優先でZ32を選んだ次第です。当時は日産ファンで、日産車を乗り継ぎました。

 19歳という、まだ少年の心が残っている時にガゼールと出会ったんだけれども、とってもカッコよく見えたんですよ。アメリカンなテイストがありつつ、都会的な雰囲気も持ち合わせている点に惚れましたね。

 価格的にも当時の価格で130万円くらいで、お買い求めやすいスペシャルティカーだった。3年くらい乗ったけど、青春を燃焼させましたよ。ガゼールで生き方が決まったかもしれないね。

ガゼール(S110型)。2ドアハードトップと、ハッチバックという2タイプを設定。1981年のマイチェンで1.8Lのターボ搭載車を追加した

 サンタナは親が買って、本当なら親が乗るはずだったのに、急にイヤだと言いはじめて、あれよあれよという間に自分が乗ることになった。

 でも、乗ってみたら大感動。「輸入車とはこういうものなのか!」と目からうろこだったね(サンタナはVWからのノックダウン生産)。サンタナを2台乗り継いだあと、Z32を購入した。

 Z32を見た瞬間は、こんなカッコいいクルマがあるのかと思ったよね。スタイルに惚れて買ったんだけど、実際乗ってみたら今まで乗ってきたクルマとは、パワーもコーナリングも何もかも違って感動を受けた。あれは素晴らしい足回りだった。

フェアレディZ(Z32型)。3LV6ツインターボエンジンを搭載し、前後マルチリンク式の足回りを採用。スタイルだけでなく走りもよかった

■スポーツカーの走りのよさに魅了されていた(飯田章)

 24歳の時に、中古車だったんですけど初めての日産車でR32GT-Rを購入しました。憧れのクルマだったんですが、新車で購入することができなかったので、中古で買えそうな価格のものを探し出して無理して買いましたね。

スカイラインGT-R(R32型)。専用設計されたRB26DETTエンジン、4輪マルチリンクとアテーサE-TSを搭載し、圧倒的速さを見せつけた

 当時はレースの世界にちょうど足を踏み入れた頃で、1年くらい乗りました。手に入れた時の喜び、充実感は何物にも代えられない満足感が得られましたし、走りもとにかく速くて、そのスポーティさに魅了されました。

 その後レースに本格的に参戦することになって、シルビアに乗る必要があったために、R32 を約1年で手放しました。売却金で買ったS14シルビアが、人生で初めて新車で買ったクルマです。

 S14はサーキットに行く普段の足として乗っていましたが、弟が乗っていたテラノを手放すということで、中古で購入しました。このクルマは、スキーに行くのに重宝していました。

 S14シルビアはGT-Rほどの速さはなかったですが、凄くいいクルマで、振り回すのにちょうどいいパッケージだったなと感じます。当時の自分にはGT-Rは速すぎで、ライトチューンしたS14がちょうど手のなかに収まるベストな一台でした。

シルビア(S14型)前期型。1993年に登場した6代目。2L直4ターボのSR20DETを搭載したFR車で、後期型はいまだに高い人気を誇る

 そのあと、サーキットでドリフトしてぶつけても惜しくないクルマを探した結果、中古でS13シルビアも手に入れました。2~3年乗ったんですが満喫しましたね。当時の日産車は質実剛健というか、楽しいスポーツカーが多かったですよね。

【画像ギャラリー】あなたの心も熱くした!? 往年の愛された日産車たち

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ