クルマ整備 ズボラの代償は?【オイル、タイヤ、ワイパー、洗車を放っておくと…】

 世の中には、「クルマを買ったあとは、まったく手入れをしない」という人が、かなりたくさんいる。愛車のボンネットを自分で開けたことがない、オイルの種類やタイヤのサイズなんて気にしたことがない、なんていう人はザラで、そのせいで不具合が出ても「メーカーやディーラーが悪い」、「不良品をつかまされた」と文句を言う人もいる。

 もちろんクルマの技術は日進月歩。燃費がよくなったり居住性が上がったりのほかに、耐久性や整備性も徐々に向上している。

 けれど残念ながら今の時点では、クルマは買ったあともオーナー自身のチェックや日々のお手入れが重要になる(教習所で学んだとおり、「整備不良」は原則としてドライバーの責任です)。

 本企画では、クルマを日々使ううえでの代表的な整備について、「なぜそれが必要なのか」、「怠るとなにが起こるのか」を、メカニズムや整備に詳しい自動車ジャーナリスト、鈴木伸一氏に解説していただきました。クルマは命を乗せるものです。よい整備でよいカーライフを!

文:鈴木伸一 写真:Adobe Stock


■【オイル編】なぜ手入れが必要なのか?

オイルはクルマの血液。長く乗りたいのであれば、チェックと交換を欠かさないようにしましょう

 新車時のエンジンは摺動面(しゅうどうめん/金属同士がこすれ合う面)から削れ落ちた細かな金属カスが発生しやすい。摺動面には「フリクション」と呼ばれる抵抗が生じるからで、距離を重ねるごとに徐々に滑らかになってくる。

 これが「慣らし運転」が必要と言われる所以で、エンジンオイルは初回1000㎞走行時、想像以上に汚れるため、初回点検時はオイル交換も同時に行うのが常識だった。

 ところが、工作精度が向上した近年のクルマは「慣らし」や「初回1000㎞のオイル交換」は不要と言われている。

 しかし、(3年で乗り換えるならまだしも)長く乗るつもりだったら初回点検での交換がベストで、遅くとも6ケ月点検/3000~5000㎞(近年の初回交換の平均的な推奨値)では交換する必要がある。

■手入れしないと何が起こる?

 さて、その初回のオイル交換を怠ったとしても1年1万kmは難なく走りきれる。問題は2年目以降。

 2年2万kmも走ればエンジンの回りが重くなり、3年3万km無交換だと異音が発生したり雑音が大きくなるなど不具合症状がでてくる。

 洗浄能力の許容限度を超えるまで汚れたオイルを使い続けるとエンジン各部にスラッジなどの汚れがビッシリこびり付くからで、油圧制御の可変バルブリフト機構搭載エンジンでは作動不良を引き起こしてスムーズに回らなくなることも。

 また、「減ったオイルだけは足している」という人がたまにいる。

 が、これも大いに問題あり。

 月日が経つと揮発油成分が蒸発して粘度が高まり、エンジンオイルの働きの1つである「洗浄効果」で取り込んだ汚れも蓄積されるため、注ぎ足して乗っているとスラッジが堆積して粘土状に盛り上がってくる。

 シリンダーヘッドを開けたら、揮発油分が抜けてコールタール状になったスラッジで、カムシャフトが埋もれていたという事例を実際に目にしている。

 知り合いの整備工場では、オイルパンのストレーナー周囲に山のように堆積したスラッジで、オイルが吸い上げられなくなったという事例も。そのような状態では満足な潤滑が行われないため、「回り」が重くなったり異音が発生。最悪のケースではエンジンが焼き付いてしまうので要注意だ。

■【タイヤ編】なぜ手入れが必要なのか?

車体のなかで唯一、常に路面に接し続けているタイヤ。いわばクルマの生命線です。ゴム製なので、乗らなくても劣化することは忘れずに!

 タイヤの空気圧は正常な状態でも自然に少しずつ減っていく。

 空気圧をモニターした経験から、1ヶ月平均0.1kg/cm2(0.01MPa)は低下。

 1年間、なにもせずに放っておけば1.0kg/cm2(0.098MPa)前後は低下する計算となる。

■手入れしないと何が起こる?

 指定空気圧より低くなるとタイヤが変形しやすくなるため、左右にフラ付くなど操縦安定性が悪化。偏摩耗を助長することで寿命を縮めることになり、燃費も悪化する。

 また、ロングライフの低燃費タイヤでも40000~50000㎞走れば摩耗限界を知らせる「スリップサイン」が顔を出す。

 その直前まで溝が浅くなると、左右にフラ付くなど操縦安定性が悪化し、ロードノイズが大きくなる。高速コーナーの踏ん張りが悪くなり、雨の日に滑りやすくもなるため注意が必要だ。

 ところが、そのタイヤの摩耗、厄介なことに4輪均一には進まない。

 駆動力の摩耗が早く進むからで、FFの場合、フロントタイヤに制動力・駆動力、コーナリングの力が集中的に働くため、走り方によっては摩耗率がリアの2倍にも達する。そこで、必要となってくるのが取り付け位置を組み替える「ローテーション」で、実施サイクルの目安は5000~10000km。

 4輪を均等に使えるため、結果的にタイヤの寿命を延ばすことになる。

 摩耗した駆動輪のみ交換すればよいと安易に考えがちだが、タイヤの消費期限は4~5年。「経年劣化」を起こすからで、溝がたっぷり残っていたとしても、年数が経過して側面に細かなヒビ割れを生じていたら能力的には末期。

 ゴムが硬くなってグリップが低下しており、ヒビ割れていたらバーストの危険も高まる。

 つまり、距離と年数の限界内に4輪のタイヤをキッチリ使い切るためには、定期的なメンテナンスを欠かすことができないのだ。

■【ワイパー編】なぜ手入れが必要なのか?

日本は3日に1日は雨が降る国です。視界の確保は安全運転の第一歩。お手入れすると世界が明るく安全になります

 古い輪ゴムは弾力が無くなり、引っ張ると切れてしまう。これは「経年劣化」で引き起こされる現象で、ワイパーの水滴を拭き取る働きをする「ブレードラバー」にも同様の現象が発生する。

 さまざまな汚れが付着し、大気中のオゾンや紫外線に曝され続けるからで、まったく使ってなかったとしても、2~3年そのままだったら確実に劣化は進行している。

■手入れしないと何が起こる?

 さて、劣化して弾力がなくなると、まずブレードラバーの先端が曲ったまま元に戻らない状態となる。さらに劣化が進むと表面に細かなヒビ割れを生じ、そんな状態になると作動時の抵抗となるため、じきに裂け目が広がり切れて先端部が垂れ下がってくる。

 もしも、そんな状態で使い続けるとガラスを傷付けるので要注意! 劣化するとブレードラバーの密着が弱まり、いくら拭き取ってもスジ状の膜が残るようになる。

 もしも、そんな状態になったらブレードラバーの状態をチェック。

 ヒビ割れたり、先端部が曲がったまま元に戻らないようならもう寿命。「消耗品」と割り切って交換してしまいたい。

■【洗車編】なぜ手入れが必要なのか?

最近は新車購入時にコーティングするケースも増えてきましたが、そうでない場合は洗車をぜひ! 塗装保護にも役立つし、洗車機ではなく自分でやると、小キズや整備不良を発見しやすくなるし、ボディへの愛着が深くなると安全運転になります

 ボディを色鮮やかに覆っている塗装は、無防備の状態で放っておくと上層のクリア層が白濁して艶がなくなり、さらに劣化するとヒビ割れて剥がれ、塗装膜が蝕まれてガサガサになってしまう。

 ボンネットやルーフが変色し、白っぽくなった表面がボロボロ剥がれたクルマを見かけたことが1度はあるだろう。限界まで劣化するとああなってしまうのだ。

 クルマの基本的な手入れのひとつ「ワックスがけ」には、このような塗装を劣化させる物質から塗装膜を守るという大事な役割がある。つまり、単に塗装の色・艶を引き出すということを目的としているわけではないのだ。

 そして、そのワックスをかけるためには、「洗車」して塗装膜に付着している汚れをキッチリ落とす必要がある。洗車せずにワックスがけをしようものなら汚れを封じ込めるだけ。塗装膜への密着も悪くてムラになり、耐久性が格段に低下してしまうからだ。

 また、ボディが汚れているとサビの発見が遅れ、ヒビ割れや損傷、オイル漏れといった不具合も見つけにくくなる。

 つまり、重大なトラブルに直面しかねないわけで、「洗車」はメンテナンスの基本中の基本!

■手入れしないと何が起こる?

 平成に入ってからの新車塗装は耐久性がアップした。1年や2年放っておいたくらいでは目に見えるほど極端に痛むことはない。

 が、1度目の車検を受けるころには表面がザラつき、艶も確実に落ちてくる。

 とにかく、洗車すら怠って汚れ放題という状況は、車両の劣化を後押しする自殺行為以外のなにものでもない。要注意だ。

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ