本当に高い?? 値札に騙されてない?? 割高感のあるクルマが適正価格か見極めるには

 クルマの価格を聞いた瞬間に「昔は安かったのになんでこんなに高いの?」と思うことがよくある。近年ではホンダのインサイトなどがその代表的な車種になっているが、実際は本当に高いのだろうか?

 よく考えれば20年前はエアバッグですら装着されていないクルマも多く、横滑り防止装置などは高級車の装備でしかなかった。

 そのころと比較すれば軽自動車でも被害軽減ブレーキの装備や、フルオートエアコンの標準化など装備の充実は目覚ましい。

 実際クルマの価格はなぜ高く感じるのだろうか? コストパフォーマンスには超絶厳しい渡辺陽一郎氏に聞きました。

文:渡辺陽一郎/写真:ダイハツ、ホンダ


■実は安全/快適装備が満載で割安なこともある

 最近はクルマの価格を聞いて「高いなぁ」と思うことが増えた。軽自動車のN-BOXやタントも、売れ筋の価格帯が標準ボディで140~150万円に達する。カスタムなら160~180万円だ。

現行型タントは140~150万円がボリュームゾーンとなる

 10年前のタントは、標準ボディであれば120万円前後だったから、20~30万円は値上げされた。比率に換算すれば、10年前の120~130%になる。

 しかし装備の内容を見ると印象が変わる。10年前の軽自動車には、緊急自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)や横滑り防止装置は装着されず、4輪ABSも非装着の車種が多かった。

2007年登場の2代目。この頃と比較すれば価格は上がったものの安全性も飛躍的に向上している

 サイド&カーテンエアバッグも同様だ。これらの装備が今では標準装着されるから、20~30万円の値上げで済めば、むしろ割安とも受け取られる。

 これと同じようなことが、ライバル車との比較にも当てはまる。価格だけを見た時には割高に思えたクルマが、装備内容と照合すると、さほど高くないことがある。

 代表車種はインサイトだ。LXの価格は326万1600円だから、高価格車の部類に入る。

 それだけに装備も充実しており、ホンダセンシング、サイド&カーテンエアバッグ、LEDヘッドランプ、さらにホンダインターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器、8スピーカーなども標準装着した。

 ライバル車のプリウスの装備内容を見ると、インサイトに相当するグレードはAだ。価格は284万2560円なので、インサイトLXに比べると約42万円安い。

 ところがプリウスAに、TコネクトSDナビ+6スピーカーオーディオのオプション価格(35万5320円)を加えると、合計319万7880円になる。インサイトLXとの差額は、一気に6万円少々まで縮まるわけだ。

 そしてインサイトでは、ハイブリッドシステムのi-MMDが高機能だ。エンジンが発電機を作動させ、その電気によってモーターを駆動する。

 日産のe-POWERに似ているが、i-MMDには、高速巡航時にエンジンがホイールを直接駆動して燃費効率をさらに向上させる制御も備わる。

 そのためにi-MMDの価格換算額は、ステップワゴンの1.5Lターボとの比較で47万円、オデッセイの場合は58万円くらいに達する。

 対するプリウスのTHSIIは、同じシステムを使うヴォクシー/ノア/エスクァイアなどで見ると、2Lノーマルエンジンに比べて40万円前後の価格上昇に収まる。i-MMDはTHSIIよりも高機能だから、その分だけ価格も高いのだ。

最近のホンダは標準装備化で値札が高くなる傾向にある。とはいえ、それが消費者に伝わらない現状もあり「ホンダは高い」になってしまっているようだ

 以上のように計算すると、インサイトとプリウスの実質価格差が6万円程度であれば、むしろインサイトの方が割安とも受け取られる。

 同じホンダ車同士で比べても、同じようなことがいえる。シビックセダンの価格は265万320円だから、インサイトは約61万円高いが、先に挙げたホンダインターナビなどの装備が合計35万円前後に相当する。

 そうなると1.5Lターボのシビックに26万円を加えると、i-MMDを搭載したインサイトを買える計算が成り立つ。比較する車種によっても異なるが「割高に思えたインサイトが、実は20万円ほど割安だった」という判断もできるだろう。

■先入観にとらわれず本当の割安を見極めることが重要だ

 マツダ2(旧デミオ)にも同様のことが当てはまる。ノーマルエンジンを搭載した上級グレードの15S・Lパッケージは205万2000円だから、フィット13G・Lホンダセンシングに比べて約40万円高い。

 しかしレーダークルーズコントロールなどはオプションになるものの、マツダ2にはハイビーム状態を保ちながら対向車などの眩惑を抑えるアダプティブLEDヘッドライト、360度ビューモニター、運転席の電動調節機能などが備わり、シート生地には本革も使われる。

デミオからマツダ2になったが、価格はやや高め。しかしフィットと比較すれば排気量分の動力性能の高さなどは確実にある

 合成皮革のインパネにはソフトパッドが入り、質感はミドルサイズセダン並みだ。

 さらに7インチWVGAセンターディスプレイが標準装着されるから、ナビゲーション用SDカード(4万8600円)を購入すれば、カーナビとしても機能する。

 エンジンは1.5Lで直噴式だから、1.3Lのフィットに比べると動力性能も上まわる。このような機能と装備の違いを考えると、マツダ2が割高とはいえない。

 以上のような計算が成り立つ根本的な理由は、標準装着される装備が驚くほど安く採用されていることだ。

 例えばタントの助手席に装着するラクスマグリップは、ディーラーオプションで装着すると8618円だ。これと同じ助手席用ラクスマグリップが、購入時にメーカーオプションで付けた場合は3240円で済む。

 同じ装備なのに、工場で装着されるメーカーオプションは、ディーラーオプションの40%以下と安い。同様の装備が標準装着されれば、一層安く付けられる。

 このように標準装着品は、一般的なイメージよりも大幅に安いから、装備の多い上級グレードほど割安感が強まって当然だ。高価格だと思って装備を慎重に確かめると、意外に割安だと分かることも多い。

 ただしその一方では、本当に価格を割高にした車種やグレードもあるからややこしい。注意したいのは上級車の上級グレードだ。

 ユーザーが価格の割安感を気にしないことに付け入り、価格を割高にして、しっかり儲けようとする場合が多い。

 従って価格の割安感は、機能と装備のバランスを精査しないと分からない。クルマを選ぶ時は、同じカテゴリーに属するライバル車同士で、エンジンの排気量、動力性能、車内の広さ、シートアレンジ、安全&快適装備の内容を比べてみたい。

 安いと思っていた車種では、緊急自動ブレーキ、サイド&カーテンエアバッグ、LEDヘッドランプなどがすべてオプションで、これらを加えると価格が20万円以上高くなることもある。

安いからとクルマを選ぶと被害軽減ブレーキが追加できなかったり、追加したら被害軽減ブレーキ標準装備の上級車種と価格が変わらないなんてこともある

 ハイブリッドやクリーンディーゼルでは、税額の違いに注意したい。特にクリーンディーゼルは、燃費数値などに関係なく、エコカー減税が免税になる。環境性能割を導入する消費増税後も同様の措置が続く。

 そうなると例えばマツダ3(旧アクセラ)の場合、クリーンディーゼルの価格は2Lガソリンに比べて27万円高いが、税額の違いを含めると差額が17万円まで縮まる。

 高いと思っていたパワーユニットが、税額の違いで割安に感じられることもあるわけだ。

 先入観に捕らわれずに価格を精査して、本当の割安感を判断したい。

【渡辺陽一郎選 高く見えて割安なクルマ&価格が高くなりがちな車種】

画像ギャラリーはこちら!!

■高そうに見えるけれど意外に割安な車種

・インサイト
・マツダ2
・フォレスターアドバンス

■オプションが多いこともあり価格が上昇しやすい車種

(「今はクルマが売れず目立って割高な車種は減りました。自信を持って高値を付けているのはトヨタだけ」と渡辺氏)

・プリウスPHV
・クラウン
・アルファード&ヴェルファイア

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ