【いよいよ登場!! 新型フィットの哲学と勝算】ホンダ大黒柱、玉座奪還なるか!!


■レスポンスと力強さを感じるパワートレーン。先進安全装備も進化

 では走り出そう。鷹栖名物のニュルのようなワインディング走行は今回はなし。高速周回路と欧州路をそのまま持ってきた、中低速のワインディングだ。しかも路面が悪い。まず高速周回路に入って感じたのは自立直進性のよさ。しっかりとまっすぐ走る。

 そして加速。新型フィットに搭載されるエンジンは2種類。 e:HEV (イーエイチイーブイ)と称される1.5Lハイブリッドと1.3Lガソリンエンジンだ。まずはそのハイブリッドから試乗しているわけで、1.5Lアトキンソンサイクルエンジンに2モーター内蔵の電気式 CVT がドッキングされている。

 ハイブリッドの方式はいわゆる最近のホンダの方式で、基本的に中低速域ではエンジンで発電してモーターで駆動、そして高速域になるとエンジンで走るというもの。駆動モーターそのものも高速型になっていて、上限回転数は一般的なモーターの10900回転から13300回転となっている。 トルク効率も54%ほど向上していて、現行のモーターより1.6倍のトルクを発生。これは1.5Lターボエンジン以上のトルクだという。

パワーユニットは4気筒の1.3Lガソリンエンジンと、1.5L+2モーターのハイブリッドの2種類で、これまで「i-MMD」と呼んでいた2モーターハイブリッド
新たに「e:HEV」(イーエイチイーブイ)の名称が付けられた

 その加速は、やはりモーターらしい力強い加速。アクセルの踏み込み加減にしっかり反応していて、ハイブリットらしからぬ力強さがある。このあたりは新型ヤリスも電気の出し入れを改善していて、かなり力強さと減速感を向上させているけれども新型フィットのほうがレスポンスがいいし力強い。

 アクセルを踏み続けると、それはやめてくださいレベルの180km/hまで加速した。これ本当に高速域もすごい。四輪が路面をしっかり捉えていて安心感。もうひとつ感心したのが最新のホンダセンシングのレーンキープアシスト(LKAS)。路面の白線をカメラで読み込んで車線内の中央を維持する機能だ。

 スイッチオンにしてすぐに反応しセンターリングを始めた。まぁ、テストコースということもあり、白線がくっきりしているから読み込むのも早いということが言えるとは思うけれども、かなり応答性がいい。

高速周回路で試乗し、高速安定性とハイブリッドの力強さにを体感することができた

  実は新型フィットでは、ACC (アダプティブ・クルーズ・コントロール)にミリ波レーダーを使っていない。 ACCもこのカメラでフォローするのだ。すでにアウトバーンのテストでも、かなりの高速域までカメラだけでACCでの走行が可能なのだという。

 フロントワイドビューカメラによってこれらのことが可能になっているのだが、それ以外にソナーセンサーをフロントに4つ、リアに4つ設けていて安全性はしっかり確保されている。

 また前後誤発進抑制機能もしっかり装備されていて、特に前方への発進はコンビニなどのガラスにも対応している。もうひとつ対向車との衝突回避を支援するほか、右直時の対向車にも反応することができるようになっている。ホンダセンシングはかなり進化してきたと実感する。

 1.3Lエンジンも、アトキンソンサイクルを採用していてこちらはCVT。基本的にこれまでのエンジンを踏襲しているけれども、こちらも進化を遂げている。やはり軽快さが1.3Lエンジンは命で、これでも十分いいなあと僕は感じました。

 新型ヤリスは 3気筒エンジンがベースだけれども、新型フィットは4気筒エンジン。RSには3気筒ターボという話もあるけれども、まあこの辺りはドライバーの好みかな? ただやはり、エンジンの音など爆発系のフィーリングは新型ヤリスと新型フィットでは別れるところ。どちらも減点と感じるのは、ハイブリッドではないコンベンショナルなガソリンモデルでの高回転域の音がうるさいことだ。

■足回りと各部のセッティングにホンダの本気を感じる

 高速周回路から、今度は路面の悪く細く曲がりくねった欧州路に乗り入れる。こちらが今回の試乗での一番のキモとなる。何と言ってもフィットの日常域となる道路なのだから。

 ここでまず感じることは非常に乗り心地がいいこと。今回サスペンションに関しては、低フリクションサスを謳っていて、乗り心地にかなりフォーカスしている。フロントのブッシュやリンクを低フリクション化しているとのこと。つまり、まぁ柔らかくしたんだろうと思います。

右奥の白線がうねっているのがおわかりいただけると思うが、路面状態が悪く乗り心地チェックに適した欧州路も走行

 リアに関しては、ダンパーマウントを2つ内蔵しているタイプにして、大きなショックと中小のショックを分散して受け止めるようになっている。これら前後のバランスがとてもよくて乗り心地が非常にいい。

 ホンダ車は、最近N-WGNなどからもわかるように、サスペンションを動かして、しかもコーナリングでは大きくロールさせずハンドリングの面ではしっかりと深い操舵まで追従するようになってきた。このあたりが新型フィットではしっかりと具現化されていて、欧州路の低中速ワインディングのハンドリングもかなりいい。

 特にハイブリッドは、モーターゆえにアクセルのオンオフのピックアップがいいので、ステアリングワークとアクセルワークでコントロールしてる楽しみがある。ステアリングシステムは、バリアブルギアレシオを採用していて小舵角ではゆっくり、大舵角ではクイックになる設定となっている。

 ひと通りの試乗して感じたのは、これも最近のホンダ車には共通している部分だが、走行中の室内静粛性が高い。耳障りなノイズが本当に少なくて疲れない。
ハイブリッドシステムはインサイトと共通しているものだが、新型フィットのエンジンルームに納まるように小型化するべくすべてが新開発。このあたりホンダらしい技術力を見た。

 新型フィットは、心地よいことをテーマに開発されたというが、まさにその言葉通りのモデルに仕上がっていると感じた。 2月発売の新型ヤリスと新型フィットの戦い、これはかなり興味深い戦いになりそうだ。

【画像ギャラリー】新型フィットの5つのバリエーションと、その走りをチェック!!

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

特集 2030年 日本クルマ界大予測  地球環境問題、カーボンニュートラルのことを抜きに進んでいけな…

カタログ