N-BOX vs タント どっちがいい!!? どっちを選ぶ!??

 ホンダ N-BOXとダイハツ タントは永遠のライバルだ。

 昨年11月ついに新型タントが販売トップに立ったかと思えば、翌12月に即N-BOXが抜き返すなど、熾烈な争いが繰り広げられている。

 ならばもう決着をつけようじゃないか! ということで、クルマ選びの鬼、渡辺陽一郎氏の助けを借りて、決着をつけることにした。

 持ち出したのは両車ともにNAエンジン、FF車の「N-BOX G・EX」と「タントX」。3つの勝負でどちらが優位にあるかを検証していく。同時に乗り比べるとわかることがたくさんあって、非常に面白い対決になった!

【画像ギャラリー】ともに譲らぬ「生活巧者」!!! ダイハツ タント&ホンダ N-BOXの写真をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年1月のものです
文:渡辺陽一郎、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部/撮影:茂呂幸正
初出:『ベストカー』 2020年2月26日号


■まずは今回のエントリーモデルをチェック!!!

●N-BOX G・EXホンダセンシング(164万2300円(FF/CVT))

N-BOX

 N-BOXはスーパースライドシート仕様(前席セパレートタイプ)のG・EX(FF、NAエンジン)を用意。ホンダセンシング、フルオートエアコン、前席+サイド+カーテンエアバッグ、左側パワースライドドア(右側はオプション)、前席シートヒーター、助手席スーパースライドシートなどが標準の装備充実モデル。コーナリング時の姿勢を制御するアジャイルハンドリングアシストも付く。N-BOXには前席ベンチシート仕様もあり、カスタムでも設定は同じ。

●タントX(149万500円(FFR/CVT))

タント

 タントはX(FF、NAエンジン)を用意。360°スーパーUV&IRカットガラス、格納式シートバックテーブル、運転席シートリフター、チルトステアリング、シートヒーター、リアヒーターダクトなどのオプション装備が付いているクルマだったが、現在はそれらがすべて標準装備となる“Xセレクション”が同価格で売られているため、実質そのグレードだと思ってもらえればいい。

 前席はベンチシートタイプのみで、先進安全装備のスマートアシストも標準装備となる。

ウエストラインの高さやディテールで違いを出しているものの、基本的な四角いフォルムはそっくりな2台。サイズの制約が厳しい軽自動車だけに、そこはしかたがない

■【勝負1】実用性能の対決…室内 荷室の広さや使い勝手を比べる

 軽スーパーハイトワゴンにとって実用性能は何よりも大事。ユーザーは室内の広さや使い勝手、便利さを求めてこの手のクルマを検討するのだから当然だ。

 というわけで、まずは居住性、トランクスペース、シートアレンジなど実用性能に絞った対決をした。差のある部分もあればほとんどない部分もあって、ホンダとダイハツの設計思想の違いがよくわかる結果となった。

●シートアレンジの豊富さは?

 両車の個性の違いが出てくるのがシートアレンジだ。N-BOXは後席の座面を立てて広大なスペースを生み出せるため(写真①)、後席スペースを第2のトランクとして活かすことができる。

N-BOX

 一方、タントは左側センターピラーのないボディ構造と、運転席&助手席ロングスライドを活かしたミラクルウォークスルーが特徴(写真②)。後席に子どもを乗せて、そのまま運転席に移動できる。また、クルマに近づくだけでドアが自動に開くパワースライドドアウェルカムオープン機能も設定している(グレードによる)

タント

●後席の居住性は?

 空間の広さは互角。これ以上必要ないほど余裕がある。シートの座り心地はタントがリードする。

●インテリアの質感は?

 タントのインパネはスッキリしていて視界も良好だが、こと質感という意味ではN-BOXがリード。

N-BOX
タント

●ドラポジのとりやすさは?

 ドライビングポジションは似たようなものとなる。運転席ハイトアジャスターは両車標準、チルトステアリングはN-BOXには標準、タントは“セレクション”なら標準だが、ほかはオプション。

N-BOX
タント

●トランクルームの違いは?

 N-BOXは床の低さと開口部の広さが特徴。後席は後ろからワンタッチで可倒。

N-BOX

 タントも充分以上の広さを誇る。後席は後ろからワンタッチで倒すことができる

 トランクルームの実測値は床が低いうえに全高も高いN-BOXの優位性が明らか。ただ、数センチの差が重要かどうかは使い方にもよるだろう。

●トランクルーム実測値

・N-BOX…開口部の高さ:117cm、荷室の最小幅:90cm、地面から荷室までの高さ:47cm、後席を倒した時の奥ゆき:148cm

・タント…開口部の高さ:104cm、荷室の最小幅:88cm、地面から荷室までの高さ:58cm、後席を倒した時の奥ゆき、135cm

●【勝負1】渡辺陽一郎のチェック!!!

 今のホンダの軽自動車はすべて背が高いので、エンジンも上下寸法を大きくできる。補機類も含めて縦長に造られ、前後寸法は短く抑えることで、N-BOXは室内長を拡大した。

 さらにN-BOXは燃料タンクを前席の下に搭載するから、荷室の床が低い。全高はN-BOXがタントに比べて35mm高いため、荷室高にも余裕が生まれた。後席を畳んで自転車などの大きな荷物を積む用途に適する。

 シートの座り心地は、前席は互角だが、N-BOXの試乗車は、前席がセパレートタイプで運転席の幅が少し狭く感じた。後席の座り心地はタントの圧勝だ。柔軟性が伴い、座面の前側を少し持ち上げたから、大腿部も離れにくい。

 タントの特徴は、左側のセンターピラーをドアに内蔵させ、前後ともに開くと開口幅が1490mmに広がることだ。この機能は子育て世代向けに開発され、助手席を予め畳んでおくと、ベビーカーを持った状態で車内に入れる。主力グレードの運転席には540mmのスライド機能が備わるから、子供を後席のチャイルドシートに座らせた後、外に出ないで運転席まで移動できる。

■【勝負2】走行性能の対決…「走り」に関するアレコレを比べる

 軽スーパーハイトワゴンは実用性能第一といっても、クルマなのだから「走り」の実力も気になるのは当然だ。特に自分で運転する機会が多いであろうベストカー読者にとっては、それこそ最も気にする部分かもしれない。

 制約だらけの軽自動車だけに、走りの性能で明確な差を出すのはなかなか大変。しかし、ここでもやはり両車には意外と明確な個性と違いがあった。どちらが自分の求めているものか、ぜひ参考にしてほしい。

 同じ制約のなか作られている両車だが、走りの印象は微妙に異なるのが面白いところ。快適性のN-BOXとスポーティなタントというキャラクターだ。

●前席の乗り心地は?

 乗り心地はN-BOXが勝る。タントは少しゴツゴツしていてカドのある乗り心地となってしまう。

N-BOX
タント

●後席の乗り心地は?

 後席も同様。タントよりもN-BOXが優勢。長距離ドライブの快適性では明らかにN-BOXが勝る。

N-BOX
タント

●エンジンの違いは?

 今回試乗したのはともにNAエンジン。N-BOXは58‌ps/6.6kgm、タントは52‌ps/6.1kgmでスペックはN-BOXがリードする。

 しかし、より低回転で最高出力、最大トルクが出るタントのほうが現実の走りでは俊敏。これにはスロットル設定の違いもありそうだ。回転フィールは互角、エンジン音はタントのほうが少し粗いという印象だった

N-BOX
タント

●視界は?

 両車ともにウィンドウが大きく視界は良好だが、細かな違いはある。タントのほうがウエストラインが低く、また、メーターパネルの上方向の出っ張りが少ないので、より視界の広さを感じる。

 N-BOXは必要以上の視界の広さより、上質感やエクステリアの大人っぽさ(ウエストラインが高いほうが上級に見える)を重視している印象だ。後席の視界もタントが若干リード。

N-BOX
タント

●ハンドリングはどっちがいい?

 ハンドリングのキャラクターは意外なほど異なっている。タントのほうが俊敏で曲がりやすく、N-BOXはソフトなサスペンションとステアリングレスポンスでゆったり走る設定となっている。スポーティなタント、快適性重視のN-BOXという関係で、これもまた選択の分かれ目となる

N-BOX
タント

●実用燃費は?

 木更津から編集部までの実燃費を計測した。アクアライン~首都高のルートで、走行時間45分、距離約55km、平均車速71km/h、目立った渋滞もなく有料道路を淡々と走行。結果は「N-BOX:23.0km/L」、「タント:21.9km/L」となった

●【勝負2】渡辺陽一郎のチェック

 アクセルペダルを軽く踏んでいる時は、タントが少し力強い。エンジン回転と速度が高まった時は、N-BOXがパワフルに感じる。

 タントの最大トルクは6.1kgm(3600回転)で、アクセルを踏んだ時にスロットルが大きめに開く。N-BOXは6.6kgm(4800回転)で、加速が高回転域まで持続する。

 走行安定性はタントが少し優れる。操舵に対する反応が自然で、N-BOXに比べて鈍さを感じない。峠道などのカーブを曲がる時も、タントはボディの傾き方を小さく抑えた。背の高い軽自動車では、比較的機敏な部類だ。

 一方、乗り心地はN-BOXが快適。路上の細かなデコボコを伝えにくく、ゆったりと走る。エンジンノイズも小さい。タントの乗り心地も、突き上げる粗さは抑えたが、路面の状態を明確に伝える。エンジンノイズも少し粗い。

 最小回転半径は、タントが4.4mで、N-BOXは4.5mだから若干大回りだ。タントはメーターパネルの上端が少し低めで前方視界が優れ、サイドウインドウの下端も少し下げたから、側方視界も良好。総じて運転しやすい。

■【勝負3】先進安全装備の対決

 先進安全装備、運転支援機能はなくてはならないもの。N-BOXのホンダセンシングvsタントのスマートアシストを比べる。

●運転支援機能の違いは?

 タントの運転支援機能は、ターボエンジン搭載車だけにオプション設定される。アダプティブクルーズコントロールは全車速追従型だが、パーキングブレーキが足踏み式だから、デイズ&eKシリーズやN-WGNと違って長時間の連続停車はできない。2秒後には再発進する。一方、N-BOXは全車速追従型ではなく、追従速度が25㎞/h以下になると制御がキャンセルされる

■「どちらを選ぶ?」渡辺陽一郎の結論

 N-BOXは乗り心地が快適でノイズも小さいが、後席の座り心地は柔軟性が乏しい。シートはタントが快適だ。

 またN-BOXは車内が広いが、ワイドに開くスライドドアや車内の移動性など、使い勝手がいいのはタントだ。動力性能は街中ではタントが少し力強く、登り坂などでエンジン回転を高めると、N-BOXに余裕を感じる。

 このようにタントとN-BOXは一長一短だ。用途に応じて選びたい。

 タントは、乗降性と車内の移動性に配慮したので、高齢者や幼い子どものいる世帯に適する。左側のワイドな開口幅により、高齢者が体を捩らずに車内へ入り後席に座れる。

 対するN-BOXは、単純に広い室内が魅力だ。後席を畳んでアウトドアライフのベースにするような使い方にも適する。運転感覚は少し鈍いが、乗り心地が快適で内装も上質だから、高速道路の移動にも適する。

 NAエンジンのホンダセンシングにも運転支援機能が備わり、高速道路の快適性をさらに高めた。N-BOXはセダン的な価値観で仕上げている。

【画像ギャラリー】ともに譲らぬ「生活巧者」!!! ダイハツ タント&ホンダ N-BOXの写真をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ