【実はホンダ版e-POWER!??】超名門 新型アコードは実力派なのになぜ地味なのか


走って気になる燃費と乗り心地の実力は?

静粛性と燃費、そして乗り心地……新型アコードのセダンとしての資質や如何に?

 注目の燃費は、試乗のためアクセルを踏みこみ、撮影時にクルマを動かすシーンが多々ありながら、約150kmを走り20.2km/L。

 22.8km/LというWLTCモード総合燃費に対し、実用燃費は、相当厳しい使い方をしたことや大柄なボディサイズを考えても望外の20km/L程度は期待できそうだ。

 ハンドリングも、駐車場内を動かした際から滑らか。シットリとしたステアリングフィールに好感を持ちながらワインディングロードを走っても、大きなクルマながらハンドル操作に対し軽快かつ正確に動いてくれ、楽しく運転できる。

 乗り心地に不利そうに見えるタイヤ(235/45R18サイズ)を履きながら、郊外の舗装が荒れた路面でも不快な硬さは皆無で、乗り心地も素晴らしい。

 新型アコードの高次元なハンドリングと乗り心地のバランスには、強いボディ剛性を持つプラットホームや電子制御でダンパーの減衰力が瞬時に可変するアダプティブダンパーシステムの採用などが大きく貢献しているに違いない。

 高速道路を走っても静粛性が高い。さらに、予防安全装備「ホンダセンシング」の機能に含まれる先行車追従型クルーズコントロール(ACC)とレーンキープアシスト(LKAS)の完成度も上々だった。

新型アコードは465万円の価格に見合う「質」を持つ?

新型アコードのインパネ。派手さはないが、価格帯に見合った質の高さをもつ
リアシートは成人男性が座っても充分の広さ。FFとあって足元はFR系の上級セダン以上だ

 室内を見ていくと、タイ製ということで心配するかもしれないインテリアの質感は車格相応に上々だ。

 クーペルックながら全長が長いこともあり、リアシートの乗降性はよく、空間自体も広すぎるくらい広く、シートヒーターやUSB電源といった配慮も申し分ない。

 また、リアシートの乗り心地も良好で、静粛性もフロントシートと変わらずと実に快適だった。

 ラゲッジスペースも、駆動用バッテリーなどで構成されるIPU(インテリジェントパワーユニット)が、小型化によってリアシート背もたれ後方から座面下に移動し、ハイブリッドセダンではトップとなる573Lの大容量を確保。トランクスルーも可能となった。

 新型アコードは465万円という価格に対する議論も多い。世界各国で直接的なライバル車となるトヨタ カムリの標準系最上級グレード「Gレザーパッケージ」(433万4000円)と比べると、新型アコードはサンルーフが標準装備となっている。

 そのほか装備内容も極力揃えてみると、新型アコードはカムリの15万円高といったところ。そう考えると「(465万円という価格は)絶対的には安くないけれど、不当に高くもない」とは言えそうだ。

次ページは : 新型アコードは「良いクルマ」なのになぜ地味なのか