新型タフトはシンプルさが真骨頂!? 格安135万円でも“遊べる実力派SUV”なのか

 スズキ ハスラーに続け! 軽SUVの新星、ダイハツ 新型タフトの狙いは「割り切り」と「シンプルさ」にあり!?

 ダイハツの新型軽SUV、タフトは発売1か月後の7月10日時点で月販目標台数の4.5倍にあたる約1万8000台の受注を記録するなど好調なスタートを切った。

 近年、軽自動車の高価格化が進むなかで、入口価格135万円という安さでも注目を集めているが、果たしてこの価格でも魅力あるSUVに仕上がっているのか? さっそく公道で走らせた。本稿では、その安さの秘密にも迫っていきたい。
文:渡辺陽一郎
写真:池之平昌信

【画像ギャラリー】都会にも似合う!? 公道で見る新型タフトのスタイルと走り


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ