ホンダ新型シビック真価はハッチバック+6MTにあり 予想外の大ヒット! 

 2017年9月に発売した新型シビックが売れている。

 11月にホンダの倉石誠司副社長が決算会見の席で生産計画(月販2000台)の6倍、約1万2000台の受注が入っていることを明かし、12月に入っても各ディーラーに順調に注文が入っているという。

 タイプRも含めた「シビック」シリーズ全体の販売比率は、タイプR=25%、セダン=25%、ハッチバック=50%で、人気は圧倒的にハッチバックに集中している。しかもハッチバックのなかのMT比率は驚きの35%。いかにホンダにスポーツ性を求めているユーザーが多いかがわかる。

 以上のような状況からハッチバックの納期は延び、英国生産ということもあって、現時点で申し込んでも納車は2018年春になるとのこと。

 この人気の秘密を解き明かすべく、清水草一氏に改めてシビックのハッチバック、それもMT車に試乗していただいた。

文:清水草一 写真:平野陽
ベストカー2017年12月26日号「2017年の新車採点簿」より


■デカすぎて誰もシビックだと思っていない!?

 新型シビックの「前評判」は最悪だった。なにせデカすぎて「こんなシビック、日本で売れるわけない」と。

 ところが実物を見ると、あまりにもデカすぎて徹頭徹尾シビックじゃないので、まったく新しいクルマという意識で接することができる。輸入車感も高いぞ(ハッチバックはイギリス製)。

 エンジンは全車1.5Lターボだが、チューニングはボディ形状、ミッションによって微妙に異なる。

 セダン(CVTのみ)は、しっかりしたボディにしっかりしたサス、実用性能の高いエンジンの組み合わせながら、大人しくて存在感は薄め。寄居工場製なのでお値段約265万円と、サイズのわりに割安感があるのがメリットだ。

 いっぽうのハッチバックは、今回6MTに試乗したのですが、かなりココロに刺さりました。

 タイプRはもはやFFのスーパーカーだが、ハッチバックのMTモデルにも、タイプRの香りが濃厚なのだ。

充分パワフルだった1.5Lターボ。レッドゾーンは6500rpmから
充分パワフルだった1.5Lターボ。レッドゾーンは6500rpmから

 パワーは、セダンの173ps対して182psとわずかな向上ながら、フィーリングは別物。

 センター2本出しのマフラーは、控え目ながら乾いた快音を奏でる。もちろん、タイプRの320psには比べるべくもないが、箱根のワインディングでも力不足はまったく感じない。むしろパワーを使い切れるぶん、気持ちいい面すらある。

 乗り心地のよさはタイプR譲りだが、操縦性も同じ方向性。切っても切ってもクイッと曲がってくれる。

 ミッションの節度感はさすがにタイプRに一歩譲るが、280万円でタイプRジュニアが買えると思えば、お買い得感は高いじゃないか!(タイプRは約450万円)デザインも、タイプRという“神”のイメージが憑依して迫力充分。実に男らしい。

 ハッチバックのMTは、今注文しても納車は来春になるという。みなさんわかってるなぁ~!

こちらはセダンのリアスタイル。ホイールはハッチバックが18インチなのに対してセダンは16インチ。乗り心地もマイルドになっている
こちらはセダンのリアスタイル。ホイールはハッチバックが18インチなのに対してセダンは16インチ。乗り心地もマイルドになっている

【新型シビック主要諸元(ハッチバック 6MT車)】

  • 全長4520×全幅1800×全高1435mm
  • ホイールベース2700mm
  • 車両重量1320kg
  • 最高出力182ps/5500rpm
  • 最大トルク24.5kgm/1900-5000rpm
  • JC08モード燃費17.4km/L
  • 車両本体価格280万440円

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ