“新しい燃費表示”でカタログ燃費は実燃費に近づくか!? テストで検証

 購入前に車の“実走行燃費”を知ることは難しい。特にハイブリッドカーや軽乗用車など燃費のいい車ほど、カタログ燃費と実燃費の乖離は大きい傾向がある。そういった状況もあり、カタログに掲載される燃費がついに新しい燃費表示となる

『WLTCモード』は、2018年10月以降の販売車から表示が義務付けられる新燃費測定基準。今回は、すでに同モードの認可を受け販売されている2台の車で燃費をテスト。WLTCモードの燃費は、従来のJC08モードより、実走行の燃費に近づくのだろうか。

文:永田恵一/写真:黒田明
ベストカー2018年2月10日号


“新基準”WLTCモードとは?

 WLTCモードは、「世界統一試験サイクル」の意味で、EU、インド、韓国、アメリカ、日本で導入される国際的な燃費測定方法。JC08との違いとしては……

・測定時の走行時間が長くなる
・アイドリングの時間と比率が減少する
・最高速度が引き上げられる
・エンジンが冷えている冷間からの計測となる

といった点がある。そして最大の違いはJC08が総合燃費だけだったのに対し、WLTCは総合燃費に加え、高速道路、郊外、市街地という走行パターンごとの燃費も測定・公表されることで、より詳細に燃費を把握できるようになることは事実だろう。

 今回はWLTC公表第一号車となったCX-3(2Lガソリン、FF)とステップワゴンハイブリッドの2台で、高速道路、郊外路、市街地の燃費を区間ごとに計測。その燃費を合計した総合燃費も計算した。

高速道路ではCX-3が新基準以上の実燃費を計測!

CX-3 20Sプロアクティブ(FF)/WLTCモード燃費:16.0km/L(市街地モード:12.2km/L、郊外モード:16.8km/L、高速道路モード:18.0km/L)
CX-3 20Sプロアクティブ(FF)/WLTCモード燃費:16.0km/L(市街地モード:12.2km/L、郊外モード:16.8km/L、高速道路モード:18.0km/L)

 高速道路での燃費は首都高5号線西神田ランプから東京湾アクアラインを経由し、圏央道の茂原長南ICに向かう約80kmのルートで計測。エアコンの温度は25℃にセットし、ごく普通に流れに乗るという走り方で、交通の流れは渋滞はなく順調だった。

 高速道路での実燃費は、CX-3が18.7km/Lだった。好成績の要因としては1240kgという軽い車重や、2LエンジンのコンパクトSUVとしてはパワーに余裕があり、上り坂でもキックダウンせずユルユルと走れる点、SUVとしては低い1550mmという全高による空気抵抗の少なさなどが挙げられる。

 いっぽう、ステップワゴンハイブリッドの燃費は17.7km/Lだった。絶対的な燃費としては、車重が約1800kgあるうえに空気抵抗も大きいという不利な点を考えれば及第点か。

 ハイブリッドカーのような燃費のいい車ほど乖離しやすかったモード燃費と実用燃費が、WLTCでは乖離が少なくなっていることが確認できた。

■高速道路燃費テスト結果

【CX-3】
WLTC高速道路モード燃費:18.0km/L
実燃費:18.7km/L(達成率:103.9%)

【ステップワゴン】
WLTC高速道路モード燃費:19.5km/L
実燃費:17.7km/L(達成率:90.8%)

流れが速い郊外の達成率は8~9割程度

CX-3 20Sプロアクティブ(FF)/WLTCモード燃費:16.0km/L(市街地モード:12.2km/L、郊外モード:16.8km/L、高速道路モード:18.0km/L)

 郊外路での燃費は、高速道路を降りた茂原長南ICから国道409号、国道297号を途中回り道しながら市原ふ頭付近まで走行する約60kmのルートで計測。大きな混雑はなく、平均35km/hくらいの流れのいい田舎道を走った燃費と思ってほしい。

 CX-3の郊外路燃費は15.5km/Lと、高速道路と同様に良好だった。燃費がよかった理由は、2Lエンジンの低速トルクが太いため少ないアクセル開度で流れに乗れ、そして郊外路のペースでもしばしばトップギアの6速に入るATとのマッチングやマネージメントのよさが挙げられる。

 ステップワゴンハイブリッドの実燃費は18.5km/Lを記録。ペースが遅く、回生制動による電気の戻りもある郊外路の燃費はいい。

■郊外一般道燃費結果

【CX-3】
WLTC郊外モード燃費:16.8km/L
実燃費:15.5km/L(達成率:92.3%)

【ステップワゴン】
WLTC郊外モード燃費:21.7km/L
実燃費:18.5km/L(達成率:85.3%)

市街地ではハイブリッドもほぼ100%の達成率に!!

CX-3 20Sプロアクティブ(FF)/WLTCモード燃費:16.0km/L(市街地モード:12.2km/L、郊外モード:16.8km/L、高速道路モード:18.0km/L)
ステップワゴン スパーダハイブリッド G・EXホンダセンシング(FF)/WLTCモード燃費:20.0km/L(市街地モード:18.8km/L、郊外モード:21.7km/L、高速道路モード:19.5km/L)

 市街地での燃費は郊外路編のゴールにした市原ふ頭付近から、海沿いの国道357号から片側一車線の区間も長い国道14号、蔵前橋通りから東京都内に入り編集部(文京区音羽)に戻る約60kmのルートで計測。平均速度は25km/hほどと、総合的な移動スピードは流れのいい東京都の道をイメージだ。

 CX-3の市街地での燃費は13.2km/Lと、WLTCの市街地モードの12.2km/Lを大きく上回る良好な結果だった。これは2Lエンジンと6速ATのマッチングのよさに加え、エアコンの負担が少ない冬場で、アイドリングストップの効果が大きかったことが挙げられる。

 ステップワゴンハイブリッドの市街地での燃費は18.4km/Lと、ハイブリッドカーの市街地での燃費のよさを実証した。

■市街地一般道燃費結果

【CX-3】
WLTC市街地モード燃費:12.2km/L
実燃費:13.2km/L(達成率:108.2%)

【ステップワゴン】
WLTC市街地モード燃費:18.8km/L
実燃費:18.4km/L(達成率;97.9%)

【結論】新燃費モードは実走行燃費と極めて近い値!

燃費の新しい測定法は従来のJC08モードより、かなり実燃費に近い値をマーク!

 3つの区間で約200km走行した総合燃費はCX-3の2Lガソリンが15.8km/L、ステップワゴンハイブリッドが18.1km/Lだった。一番気になるWLTCモード燃費に対する達成率は、CX-3が総合で驚愕の99%、ステップワゴンハイブリッドは総合91%と、特にステップワゴンハイブリッドのモード燃費と実燃費の乖離が大幅に小さくなっていることを含め、WLTCがかなり正確な燃費測定モードなのが確認できた。

■燃費テスト総合結果

【CX-3】
WLTCモード燃費:16.0km/L
実燃費:15.8km/L
WLTCモード達成率:98.8%
JC08モード達成率:92.9%

【ステップワゴン】
WLTCモード燃費:20.0km/L
実燃費:18.1km/L
WLTCモード達成率:90.5%
JC08モード達成率:72.4%

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ