新型シビックタイプRと初代シビックに感激試乗! シビックワールドの世界に浸った1日!!


 2020年10月9日に発売したマイナーチェンジ版のFK8型シビックタイプR(475万円2000円)。そして標準モデルから約20kgの車体の軽量化や専用装備によりピュアスポーツ性能をさらに追及したシビックタイプRリミテッドエディション(550万円)は2020年11月30日、国内限定200台(世界限定1000台)が販売された。

 残念ながらリミテッドエディションもカタログモデルの標準モデルもすでに完売してしまっている。タイプRを含む現行シビックハッチバックを生産する英国スウィンドン工場が、この2021年中に閉鎖予定で、追加生産も事実上不可能となっている。

 鈴鹿サーキットでの試乗会も、2020年末に終わっており、筆者は「乗る機会を逃したな……」と思っていた2021年3月中旬、突如、国内限定200台のレアモデル、シビックタイプRリミテッドエディション試乗会の知らせが舞い込んできた!!

 なんでも、ツインリンクもてぎのコレクションホールで「CIVIC WORLD」という企画展が開催されており、その場で歴代シビックについて振り返りつつ、FK8型シビックタイプRリミテッドエディションにも試乗させてもらえる、とのこと。

 そしてなんと!! ありがたいことに、1972年に誕生した初代シビックのハンドルも、特別に握らせていただくことができた。本稿では、FK8型シビックタイプRリミテッドエディションの試乗インプレッションに加えて、初代シビックの特別試乗の様子と、歴代シビックについての振り返り、また、シビックタイプRの今後についても、触れていこう。

文/吉川賢一
写真/佐藤正勝

【画像ギャラリー】全49枚! ホンダシビック 歴代モデルを秘蔵写真で振り返る!!


すべてはFF最速を勝ち取るため

シビックタイプRの標準車(写真左)と国内限定200台のリミテッドエディション、そして筆者の吉川賢一氏(写真右)

 今回のシビックタイプRについて、いま一度おさらいをしておこう。シビックの歴史の中で数えると10代目にあたるのが本モデル(FK/FC型)だ。東京オートサロン2017にて、セダン、ハッチバック、タイプRそれぞれのプロトタイプが初登場、その後、2017年7月より発売開始となった。

 今回のシビックタイプR最大の特徴は、大きく開いたフロントグリルや、巨大なリアウィングなど、冷却性能やリフトフォース低減といった空力性能に注力したことだ。

 エンジンは排気量2リッター直4DOHCターボ、最高出力:320ps/6500rpm、最大トルク:40.8kgm/2500~4500rpmを誇る。トランスミッションは6速MTのみ、サスペンションにはリアにマルチリンクを採用し、245/30ZR20サイズのスポーツタイヤを履く。

 「すべてはFF最速を勝ち取るため」というチャレンジスピリットの元で開発された、究極のFFマシンであるシビックシビックタイプR。近年は、排ガス規制をはじめとした環境対応が強く求められ、楽しめるスポーツモデルを出しにくい状況にあるなか、シビックタイプRの登場は、衝撃的で嬉しく感じたのを記憶している。

ホンダの意地!!「FF最速となるのは使命」

2017年7月、「FF最速を勝ち取る」という使命をもとにホンダが送り出したシビックタイプR。2020年10月のマイナーチェンジでは新色のレーシングブルーパールとポリッシュドメタルメタリックが追加された

 シビックタイプRといえば、ドイツのニュルブルクリンク北コースを舞台にしたタイムアタックが印象的だろう。

 メガーヌRSトロフィーRやゴルフGTIクラブスポーツなど、欧州メーカーのスポーツハッチバック勢がFF最速マシンとして台頭していたなか、2017年4月に、シビックタイプRが7分43秒80を刻み、FF最速の座を手にした。

2016年10月、ニュルブルクリンクで7分47秒10を記録したVWゴルフGTIクラブスポーツS

 FK8型シビックタイプRは(イギリス生産ではあるが)遠く離れた日本のメーカーにタイムを更新され、ルノーチームとしては、相当悔しかったのだろう。

 2019年4月には、7分40秒100をルノーメガーヌR.S.トロフィーRがたたき出し、再びニュルのFF最速ホルダーとなっている。さらに、ルノーチームは、ホンダのホームサーキットである鈴鹿にまで乗り込み、2019年11月、ルノー メガーヌ R.S. トロフィーR が2分25秒454を記録、FF最速を勝ち取り、「逆襲」を果たす。

2019年11月、ルノー メガーヌ R.S. トロフィーR が鈴鹿で2分25秒454を記録。ステアリングを握ったのはルノー開発ドライバーのロラン・ウルゴン氏。ちなみに、セットアップをアドバイスしたのは谷口信輝選手

 だが、もちろんホンダも負けておらず、2020年7月には、改良型シビックタイプRを駆る井沢拓也選手によるドライビングで、鈴鹿サーキットのFF車のレコードタイムとなる2分23秒993を記録、鈴鹿FF最速の座を奪還した。

 ルノーメガーヌR.S.トロフィーRの記録(2分25秒454)に対し、わずか1.5秒の差だが、ラップタイムを一秒詰めるのは至難の業だ。

 シビックタイプRの開発責任者である、柿沼秀樹氏によると「進化を止めないことがタイプRの存在価値」ということは、FF最速をかけた夢の競演はまだまだ続く、と期待していていいだろう。次なるホンダの反撃として、シビックタイプRによるニュルのタイムアタックを期待したいところだが、このコロナ禍で、延期となっているとのことだ。

シビックタイプRの開発責任者、柿沼秀樹氏。今の時代に求められるタイプRとはどんなクルマなのかを徹底的に考えて、ホンダの考えるタイプRを作り上げたという

 なお、2020年10月のマイナーチェンジでは、フロントグリル開口部の拡大によるエンジン冷却性能向上、フロントエアスポイラー改良で空力性能アップ。

 さらに2ピースディスクローター採用でブレーキ性能向上、前後サスペンションのアダプティブダンパーシステムをアップデートし、ロールやピッチの姿勢制御を改善し接地性を向上、アルカンターラ表皮ステアリング採用(ホンダ初)、シフトノブ形状を丸形からティアドロップ形に変更などと多岐にわたっている。

 さらに、国内限定200台のリミテッドエディションでは、防音材撤去や構造合理化により、マイナス13キロ、鍛造ホイールでマイナス10kg、トータルで23kgの軽量化を実現。タイヤもミシュランパイロットスポーツCup2を本グレード専用で採用している。サーキットで超高速コーナリングを叶えるハイパフォーマンスなレーシングタイヤだ。

専用色「サンライトイエロー」を採用したリミテッドエディション。防音材削減とBBS社との共同開発による鍛造アルミホイールの搭載により、約23kgの軽量化を実現
写真はFF車における鈴鹿サーキットのコースレコードを記録した車両。なんと左ハンドル車
シビックタイプRは2020年7月、井沢拓也選手のドライブにより、鈴鹿サーキットのFF車のレコードタイムとなる2分23秒993をマーク
リアウィングの垂直部分と左フロントフェンダーには、ベストラップとドライバーの井沢拓也選手のサインが入っている

次ページは : 尖った印象はなく、どんなコーナーでも4輪が吸い付く

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ