安いから買うと大ヤケド!? 発売から13年超500万円以下のR35GT-R中古車は大丈夫!?


 振り返ってみると、2007年はスゴイ年だった。日産からはR35型GT-Rそして、レクサスからはIS Fというプレミアムスポーツカーが登場したからだ。新車時価格もGT-Rが777万~834万7500円、レクサスIS Fは766万円と拮抗していたことから当時は自動車雑誌を賑わせた。

 販売開始から13年が経過し、レクサスIS Fは2014年で生産終了となったが、GT-Rは1億5000万円超のイタルデザインGT-Rを発売するなどまだまだ進化している。

 現行モデルと絶版モデルという違いもあるが、中古車の最安値を比較してみると、GT-Rが約430万円なのに対してIS Fは約148万円。

 流通台数もGT-Rの約186台に対して、IS Fは約57台と最安値、流通台数ともに約3倍の開きが生じているのだ。流通台数はモデルの生産年月の長さの違いも大きいが、最安値の差は中古車特有の“人気”という要素の影響が大きい。

 そこで、今回は販売開始から13年を超えたR35型GT-Rの中古車の中でも500万円以下の中古車は買っても大丈夫なのか、中古車事情に詳しい萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博、写真/ベストカー編集部、日産自動車

【画像ギャラリー】R35GT-Rのデビュー当時とその後の画像をチェック!


■2007年に登場したR35GT-R

VR38DETT型3.8L、V6 ツインターボエンジンは初期のモデルは480ps、2008年12月の小改良以降のモデルは485ps、2010年11月発売の2011年モデルは530psとパワーアップを図っている

 2007年、「誰でも、どこでも、どんなときでも最高のスーパーカーを楽しめる」というコンセプトを具現化した新次元のマルチ・パフォーマンス・スーパーカーとしてGT-Rが登場。

 搭載されるエンジンは最高出力480ps、最大トルク588Nmを発生する3.8L、V6ツインターボで6速のデュアルクラッチトランスミッションを組み合わせている。また世界で初めてクラッチ、ミッション、トランスファーをリアに移動させ独立型トランスアクスル4WDを採用したのが特徴だ。

VR38DETT型エンジンはさらに進化を続け、2012年モデルから2015年モデルまでは550ps、2017年モデルは570ps、2014年2月末販売のNISMOモデルは600psを発生した

 サスペンションは「走り、曲がり、止まる」を高次元で創り出すビルシュタインダンプトロニックにより、あらゆる走行シーンに対して、車両データから最適に電子制御された減衰力を提供。

 ブレーキシステムは超大径のブレンボ製フルフローティングドリルドローターと高剛性パッド、及びブレンボ製モノブロックキャリパー採用。あらゆる走行シーンで安定した制動力と、高い耐フェード性能を実現している。

 2008年の一部改良で最高出力は485psに向上。さらに新構造のショックアブソーバーの採用や、フロントバネレートのアップを含むサスペンションセッティングの変更により、回頭性の良いハンドリングと、よりフラットな乗り心地を両立した性能向上を図っている。

 2009年の一部改良で、フロントサスペンションのショックアブソーバーとスプリングの精度を向上させることにより、さらに上質な乗り心地を実現。リアサスペンションはラジアスロッドブッシュの剛性を高めることで、路面との接地感がよりダイレクトになった。

ドイツのニュルブルクリンクサーキットで繰り返しテストを行い、雨や雪などの天候変化を含む路面状況でも運転を楽しめる走破性を実現した

 2010年には初のマイナーチェンジを行い、外観は独創的なGT-Rデザインに空力性能向上アイテムを織り込みながら安定感と迫力を向上。

 インテリアは新形状のナビモニター周りのパッドとフィニッシャーや、カーボン製センタークラスターフィニッシャーなどを採用し、よりスポーティな印象を強調。

 パワートレインの面では、ターボチャージャーのブースト圧やバルブタイミング、空燃比を変更するとともに、インレットパイプ径の拡大などによる吸気抵抗の低減とエキゾーストパイプ断面の拡大化などによる排気抵抗の提言を実現したことで、JC08モード燃費を8.6km/Lに向上。

 しかも最高出力を530ps、最大トルクを612Nmへと大幅に向上させている。

 2011年の一部改良ではエンジンの最高出力が550ps、最大トルク632Nmまで向上。2012年はエンジンの中回転域のレスポンスや高回転域の伸びを向上させたほか、ボディ剛性を高め、ショックアブソーバーやスプリング、フロントスタビライザーの仕様変更を行っている。

GT-R伝統の4つのリング型テールランプに空力を考慮したリアスポイラー、4本出しマフラー、床下の空気を整流して排出するバンパー下部などを組み合わせたリアフォルム

 2013年には2度目のマイナーチェンジを行い、シャシーやサスペンションのセッティングを見直し、ステアリング修正の少ない高水準の走行安定性と、優れた路面追従性がもたらす上質な乗り心地を実現させている。

 また、外観では「稲妻の閃光」をイメージした新デザインの高効率LEDポジションランプによるランプシグネチャーを採用したほか、LEDのヘッドランプやリアコンビランプを採用した。2013年11月にGT-R NISMOを発表。最高出力600ps、最大トルク652Nmというハイスペックな仕様となっている。

 2014年には、パワートレインの制御の最適化をはじめ、ショックアブソーバーの減衰力特性の変更やECUのチューニングを実施。さらにブレーキやタイヤも見直され、乗り心地の向上やノイズの低減を図る一部改良を行っている。

金属調フレームのセンターコンソールに、シフトゲートとエンジンスタートボタンを配置。赤いエンジンスタートボタンはエンジンに火を入れるという意味が込められている

 2016年に3度目のマイナーチェンジを行い、内外装の変更をはじめ、標準モデルのエンジンにもGT-R NISMOの技術を採用した気筒別点火時期制御を採用し、ノッキングの発生を抑え、燃費を損なうことなく最高出力570ps、最大トルク637Nmまで高めた。

 またナビゲーションのディスプレイは7インチから8インチに拡大している。シフトパドルはステアリングホイール固定タイプに変更され、操作性が高まっている。

 2017年の一部改良では「国土交通省認可 サッチャム欧州カテゴリーII準拠 車両防盗システム」を全グレードに標準設定したほか、全グレードでApple CarPlayに対応した。

 そして2019年の一部改良では、GT-R NISMOに採用してきたレスポンスに貢献するターボ効率化技術「アブレダブルシール」を採用し、高レスポンスを実現した。

 また外観では、ひとつひとつ手作りで加工するチタン製のエキゾーストフィニッシャーが採用され、新デザインのホイールと合わせて存在感を一層高めている。

■R35GT-Rの中古車流通台数は約185台

2011年モデル(MY11)のGT-R。イヤーモデル制のためMY07からMY20までの9モデルが存在する(最初のモデルチェンジはMY11でMY16とMY19は欠番)

R35GT-Rの中古車情報はこちら!:中古車価格300万〜400万円

R35GT-Rの中古車情報はこちら!:中古車価格400万〜500万円

 このようにR35型GT-Rは進化してきたのだが、それでは最新の中古車事情を見てみよう。

 現在R35型GT-Rの中古車の流通台数は約185台。3カ月前の2020年12月の時点でも約190台だったので、ほぼ横這いで推移している。ちなみに約1年半前の2019年9月時点の流通台数は約175台だったので、その時点からもほぼ横這いとなっている。

 平均価格は1年半前が約556万円だったが、現在は約863万円と大幅アップ。しかし3カ月という短いスパンで見ると約910万円からわずか3カ月で47万円も下がっている。

 この平均価格の上昇は新車価格が2420万円という高額なGT-R NISMOの中古車が大量に出回っていることや新車価格が上昇したことも大きな要因となっている。

2015年モデル(MY15)のGT-R。バンパーデザインに変更が加えれているが、初期型に近いエクステリアデザインを採用

 現在の中古車の価格帯は約430万〜約2680万円と非常に幅広い。さらに1年半前の価格帯を見ると約428万〜約2080万円と最安値はほぼ横這いとなっているのだ。

 以前からR35型GT-Rの中古車相場には“400万円の壁”があり、この壁を越えた中古車はすぐに市場から姿を消してしまうのだ。したがって年式が進んでも最初に紹介したレクサスIS Fのように200万円以下のGT-Rの中古車は流通したことがない。

 デビュー当初のGT-Rの新車価格を考えると10年以上経過しているにも関わらず、高い残価率を誇っているのだ。約185台流通している中古車のうち車両本体価格500万円以下の物件は7台となっている。年式は2007年〜2008年式で、走行距離は4.5万km〜10.1万kmとなっている。

2017年モデル(MY17)のGT-R。バンパーデザインを一新。従来の空力性能は維持しつつ、さらなるハイパフォーマンス化に必要な冷却性能を向上した

 グレード構成はプレミアムエディション3台、ブラックエディション2台、標準車2台という内訳だ。ボディカラーはシルバー系が3台、ブラックが2台、赤が2台となっている。そこで、こうした低価格のR35型GT-Rの中古車を購入するときの注意点をGT-Rのメンテナンスを行うハイパフォーマンスセンターに聞いてみた。

 まずデビュー時に話題となったタイヤの値段だが、4本で50万〜60万円とのこと。しかし、購入後の使い方、街乗り中心なのかサーキット走行するのかでディーラーで交換するのか、タイヤ専門店で購入するのかは考えたほうが良いということだった。

 そして、サーキットを走行すると保証の対象外になるという様々な制約について聞いてみた。R35型GT-Rでサーキットを1度でも走行すると、保証が切れるということが明記されているが、走行後にサーキット走行点検をハイパフォーマンスセンターで受けると保証は復活する。

 ただし、500万円以下で購入できるGT-Rの中古車は2007年〜2008年式で10年が経過しているので、新車保証が終了している。したがって年式の進んだ初期モデルはこういった制約はないと考えてもらっていい。

 まだ新車保証が残っている年式の中古車を購入するのであれば、整備点検記録簿で確認できるので、購入時に見せてもらうと良いとのこと。

 GT-Rのようなハイパフォーマンスカーは前オーナーがどのように使用し、どれくらいメンテンナンスしてきたのかという履歴が一般のクルマ以上に大切。

 したがって整備点検記録簿の有無でそのクルマの価値が大きく変わるものだ。もし、この記録簿がないというのであれば、ワケあり車という可能性もあるのでパスしたほうがいいかもしれないということだった。

 走行距離が少ないからコンディションが良いとは限らないので、GT-Rのようなクルマは自分の目利きが大切なると話してくれた。

 さらに低価格GT-Rの中古車を購入する場合は、その後のメンテナンス費用も考えて購入したほうがいいと言う。車両本体を安く手に入れたならば、トランスミッション交換費用やサスペンションの交換費用などを考えて購入したほうがベターとのこと。

 特にトランスミッションは初期モデルでは交換は必須で、2014年以降のパーツを装着すれば長く乗ることが可能となるという。年式の進んだ初期のGT-Rの中古車を考えている人にオススメなのは、価格は高くなるが、2014年式のGT-Rだという。

 それは開発責任者の水野さんが退任されたタイミングで登場したモデルでサスペンションの味付けがソフトになっていることもあり、中古車も割安となっているからだ。

 最安値の500万円以下GT-Rを購入してもトランスミッションなどの交換費用を考えれば、2014年式のGT-Rを購入したほうが、結果的に安く収まるかもしれないのだ。

 安い買い物ではないので、じっくりと戦略を練って購入にのぞんでもらいたい。安いからといって飛びつくと大やけどする可能性が高いのだ。

R35GT-Rの中古車情報はこちら!:中古車価格300万〜400万円

R35GT-Rの中古車情報はこちら!:中古車価格400万〜500万円

R35GT-Rの中古車情報はこちら!:中古車価格500万〜600万円

R35GT-Rの中古車情報はこちら!:600万円以上

【画像ギャラリー】R35GT-Rのデビュー当時とその後の画像をチェック!