ランドクルーザー300は世界のクロカンSUVをリードできるのか!? 陸の王者頂上決戦!


 約14年ぶりの新型として登場し、大きな話題となっているトヨタ・ランドクルーザー300。

 世界的な評価が非常に高いランドクルーザーだが、現在他の日本メーカーではこのクラスのモデルをラインナップしておらず、ガチンコのライバルが不在となってしまった。

 しかしながら、世界に視野を広げると名門ブランドの強敵たちがいる。

 そこで今回は、ランクル300のガソリンとディーゼルのほかに、ランドローバー・レンジローバーとベンツ・Gクラスを連れ出し、世界基準でのランクルの価値をチェックすることにした。クロカンSUVの王者は如何に!?

ランドクルーザー300のPOINT
・新開発TNGAラダーフレーム「GA-F」プラットフォームを採用した堅牢な車体
・頑強ながら200kgもの軽量化を実現
・80型から踏襲される伝統の2850mmホイールベースによる悪路走破性
・新開発V6、3.3Lディーゼルターボを搭載。ガソリンはV6、3.5Lターボ

※本稿は2021年9月のものです
本文/根本純、鈴木直也 写真/ベストカー編集部 撮影/平野学
初出:ベストカー2021年10月10日号

【画像ギャラリー】ランドクルーザー300は世界のクロカンSUVをリードできるのか!? 陸の王者頂上決戦!(23枚)画像ギャラリー

■ラリードライバーが最新ランクル300を試す!

根本純(ねもとじゅん) 世界5大陸、55カ国、200万km以上を自動車で走破。特に1981年からは継続してパリダカールラリーに参戦し、完走を果たす。こうした経験から、ランクルなどのヘビーデューティーモデルに対する造詣は深く、性能を見極める確かな経験と技術を持つ

 ランドクルーザーは1951年、民生用として初代BJ型が誕生した。新型ランクル300は記念すべき70周年モデルなのだ。ちなみにJEEPは軍需用に1941年登場した。

 1981年、発売間もないFJ60でパリダカールラリーに初挑戦した。以来、BJ70で2戦、80型ではレイド・モンゴルにも参戦したが、タフなランクルのおかげもあり計5戦で完走した。同じく今年70歳のネモジュンとしては、その成長ぶりは他人事ではないのだ。

 新生“300”の第一印象はフォルムのよさだ。100系以来、やや平べったい印象があったランクルだが、300は逞しいクロスカントリーカーの「高さ」を感じさせ、面構えやフェンダー周りの抑揚ある意匠も威風堂々を体現。

写真左はプレシャスホワイトパール、右はアヴァンギャルドブロンズメタリック

 大きく見せているが、80系以来踏襲される2850mmのホイールベースや、200系からの各対地角を踏襲して、オフロード性能も確保する。

 ルーフ、ドアなどをアルミ化してボディ部での80kg軽量化は大いに評価するが、アフリカなどでの板金や部品供給を心配してしまう。

 内装は世代ごとに進化しているが半端ない。居住性も装備操作面もクロカンの本質を集約し、使い勝手を向上させつつも“土臭さ”は微塵もなく、高級SUVそのもの。

 ドライバー的には70系などの、立ち上がった見下ろすドラポジから、よりオンロード志向で快適ポジションになった。見た目同様、ヘッドクリアランス、リアシートの膝回りも200系以上にゆとりを増した。

(TEXT/根本純)

■洗練された乗り味で、高級さとタフネスを両立

左からベンツ・G63 AMG、ランドローバー・レンジローバー、ランドクルーザー300

 地下駐車場からのスロープでは、ディーゼルのアイドリング直後からの滑らかなトルクで軽々走る。エンジン本体と車体の遮音性の高さからも出来のよさを実感した。

 気になったのは、アルミ材の強度対策か、ボンネットの左右が一段低くなっており、車体先端が見切れない。同じく低いベンツGでは盛り上がったウィンカーで感覚がつかめる。300ではコーナーポールが欲しくなるほどだ。

 街中では軽いタッチの操作で滑らかに流れに乗り、変速もスムーズかつ上質だ。

 もはや比較にもならないが、70系の車軸式サスを意識させるゴツイ乗り味などは皆無。フラットなターボのトルク上昇感といい、クロカン特有のスパルタンぶりは過去のものである。

 80系以来採用されるリンク式リアサスペンションは高速走行時の追従性が向上した。100系以降ではフロントの独立懸架化で、悪路での操安性は飛躍的に向上した。

 そして今回の300系では従来型に加えて高級SUVのしなやかな乗り味をモノにして、心地よい。

 ガソリン、ディーゼル両エンジンともV6ツインターボにダウンサイジング。時流に乗りつつ、ストレスなく応えてくれる。

ガソリン、ディーゼルともにV6としたランクル300。特にディーゼルは新開発された3.3Lで最大トルクは71.4kgmを発揮する

 いずれもアイドリング領域から滑らかにトルクが発揮され、スムーズに大トルクを発揮する特性は、まさに王者の風格。

 高回転まで回しての加速も、ディーゼルはトルクの力、ガソリンは加えて伸びのある上昇感が楽しめる。

 このあたり同行したベンツGクラスのヤンチャな豪快感やレンジローバーの野太いV8パワーと一線を画し、ランクルには上品さを感じた。

レンジローバーとベンツGはV8で、ランクルはガソリン、ディーゼルともにV6を採用する

 コスパ最強!! まさに『地球をエンジョイできるクルマ』の進化を実感した。まだ一時の試乗ではあるが、低速時のやや不整路面でのマッチングは、わずかにディーゼル優勢か。

 なぜかディーゼルには7人乗りの設定がないが、年1万km以上走るならお薦めだ。

(TEXT/根本純)

次ページは : ■ランクル300をさらに掘り下げる!!