速い! 快適!! 航続距離長ッ!!! BMWのEVが新章突入iX試乗

速い! 快適!! 航続距離長ッ!!! BMWのEVが新章突入iX試乗

 BMW電動化のセカンドステージと位置付けられるiX。バッテリーEV(BEV)であるiXには40と50の2つのグレードが用意されているが、松田氏が今回試乗してくれたのは上級モデルのiX xDrive50。

 長大な航続距離と贅沢で快適な空間、そしてパワフルな加速が楽しめる、新章に突入したBMWのEVの底力を堪能した!

※本稿は2021年12月のものです
文/松田秀士、写真/ベストカー編集部、撮影/佐藤正勝
初出:『ベストカー』2022年1月26日号

【画像ギャラリー】BEV化してもキドニーグリルは健在!? 電動BMWのセカンドステージiX xDrive50に試乗!!(18枚)画像ギャラリー

■個性的な顔とシンプルで斬新なデザイン

BMW iX xDrive50。鋭いヘッドランプの間に大面積のキドニーグリルが鎮座するが、樹脂パネルにプリントされているだけで穴はない
BMW iX xDrive50。鋭いヘッドランプの間に大面積のキドニーグリルが鎮座するが、樹脂パネルにプリントされているだけで穴はない

 iXはBMW電動化のセカンドステージを意味するBEV(バッテリーEV)だ。iXには40と50の2グレードが設定されるが、今回試乗したのは上級モデルのiX xDrive50。

 まずはこの宇宙人のようなフロントマスク。近くに寄ってよーく眺めると、BMWの象徴であるキドニーグリルは樹脂製のパネルにプリントしただけで不思議な感じ。

 サイズは全長4955×全幅1965×全高1695mmだからX5より少し背が低いくらいでほぼ同等。プラットフォームは共通ではなく、ボディと段差のないサーフェースなドアハンドルに手をかけ開くと現われるサイドシルは明らかにカーボン製。テールゲートもカーボンだ。

 ほかにもボディを構成するマテリアルに高張力鋼板やアルミ材がふんだんに採用され、やはりコイツもBMWの流儀に倣い前後荷重配分50:50に仕立てられている。

 プラットフォームは内燃機関の搭載を眼中に入れず、かといってBEVに固執せず(つまりは燃料電池など視野に入れて)、次世代の新規プラットフォームとして造り上げたのだという。

リアではCピラーの切り欠きが特徴でスポーティ感を好演出。リアコンビランプは点灯時に内側から外側へ、消灯時はその逆に光が流れる。今後高級車のトレンドになるかも!!
リアではCピラーの切り欠きが特徴でスポーティ感を好演出。リアコンビランプは点灯時に内側から外側へ、消灯時はその逆に光が流れる。今後高級車のトレンドになるかも!!

 シートに座ると、これまでのBMW車のコックピットとは明らかに異なる空間を目にする。助手席にまで及ぶ横長でメーターパネル(12.3インチ)と一体化したカーブド・ディスプレーと呼ばれる湾曲した液晶パネル(14.9インチワイド)はタッチ式でスクロールすることで目的のコンテンツにアクセス。

 これによって多くのスイッチ類が省略され、わずかに残った他モデル同様のiDriveコントローラーといくつかのボタン式スイッチとを併用して操作。慣れるまでに時間を要しそうだが、インパネを含め足元までスッキリ!

 とにかくその空間は閉塞感が皆無。サイドブレーキスイッチはなくPに入れると自動で作動する。

次ページは : ■これまで乗ったEVで最も速いかも!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!