【魅力倍増!? それとも半減!?】史上最大のマイチェン実施 マツダ新型アテンザ試乗


 マツダのフラッグシップカー、アテンザが大幅な改良、マイナーチェンジを果たし、販売を開始した(2018年5月24日発表、6月21日発売)。

 2012年11月の3代目(現行型)登場からザッと6年。通常であればそろそろフルモデルチェンジの噂が聞こえてきてもおかしくないこの時期でのマイナーチェンジ。もはやマツダおなじみとなった年次改良(ただし、昨年と一昨年のマイナーチェンジは8月に行われた)とはいえ、そこにはなにか隠された意図があるのだろうか?

 自動車ジャーナリスト 鈴木直也氏に試乗を依頼、その背景も含めて解説していただいた。なお価格はATの20Sが282万9600円、MTではXD(2WD)の329万4000円からとなる。

今回のアテンザ モデルチェンジのポイント
■2.2Lディーゼルは性能向上で中高回転域での加速力アップを実感
■内装の上質感がアップ
■NVH性能が向上し快適に
■2.5Lガソリンに気筒休止機構を採用
■フロントマスクをCX‐5と同じデザインに

文:鈴木直也 写真:西尾タクト
初出:『ベストカー』2018年8月26日号


マイナーチェンジの意味

 今回のアテンザのマイチェンはデビューから6年目にして4回目。普通ならモデル末期なのに、過去最大の大幅改良を施してきた。

 セダン市場は日本のみならず世界的に低調で、この時点でのアテンザ大幅改良はマツダにとって“費用対効果”だけを見ると微妙なのだが、マツダが将来を託すプレミアムFR(フロントエンジン・リアドライブ(駆動))への橋渡しとして、アテンザは大事なフラッグシップ。何がなんでも「マツダのセダンはクォリティが高いよね」という評価をキープしなければならないのだ。

輸入プレミアムと堂々渡り合えるインテリア

 実車に接してまず気づくのは、インテリアの上質感がますます高まっていることだ。ふんだんにステッチを効かせたインパネ周りの造形や仕上がり、新素材の“ウルトラスエードヌー”を使ったドアトリム、そして高弾性ウレタンを使ったしっとり包み込まれるようなシートなどなど……。

アテンザインパネ周り

ディスプレイが1インチサイズアップし、HUDがフロントガラス照射型になるなど、改良されたインパネ周り。全体的に上質感が増した

 マツダのポリシーとして外装デザインの変化は大きくないが、内装の仕立てのよさは同クラスの輸入プレミアムにまったく遜色ない出来栄えといっていい。

アテンザ

後部座席は身長170㎝の編集が乗ると、膝前に拳1個ぶん以上の余裕あり。座ると体にフィットし、快適な座り心地を実感できる

次ページは : 15ps/3.1kgm引き上げられた加速力

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ