新型デリカD:5を乗ってみてわかった真価

 ハードな悪路走破性と3列シートミニバンとしての居住性を併せ持つ、唯一無二の個性を持つ三菱デリカD:5。根強いファンを持つこのモデルが、大幅マイナーチェンジを実施した。

 最大の注目ポイントは、なんといっても大きく変更されたフロントマスク。クルマの「顔」だ。

 トヨタのアルファード/ヴェルファイアやエスクァイアのように、派手なメッキグリルで飾られたフロントマスクは、いわゆる流行りの「ギラギラ顔」。発表発売はまだ先だが(各販売店で予約は開始されており、2019年1月の東京オートサロンに出品、発表発売は2月と予想)、このたびジャーナリスト向けの試乗会が実施された。

 そこで実際に新型デリカD:5の姿をじっくり見て、乗ってみた石川真禧照氏に、その「真価」を伺った。

文:石川真禧照


■最初は「なんじゃこれは!」と思った

「三菱デリカD:5がビッグマイナーチェンジを行なう」という記事を、今年秋頃のベストカーで見た。

 そこに描かれていたイラストに目がクギづけになった。

2018年春頃にキャッチした新型デリカD:5の変更後のデザイン(ベストカーによるCG)。最初見た時は正直「実際に発売されるときはもっとおとなしい顔になるだろうな」と思っていたが…

 現行モデルの大人しく、ある意味、知的なデザインからフロントマスクが一転して、大胆不敵。

 ヘッドライトはLEDをタテにズラッと並べ、ライトの間のグリルも4本の太いメッキバー。新しく設定された「URBAN GEAR(アーバンギア)」は、同じくタテ長のLEDヘッドライトと、やはりクロームメッキのバーが並んでいた。

新型デリカD:5はノーマル仕様も派手な顔だが、上級仕様にあたる「アーバンギア」はさらなる派手顔仕様。実物は予想CGよりさらに派手でギラギラしてました…

 この新型デリカD:5のプロトタイプ試乗会が伊豆のサイクルスポーツセンターテストコースで行われるというので、さっそく参加した。

 コース上に並んだ2台の新型デリカD:5をはじめて見た。

 確かにフロントマスクはこれまでとはガラリと違うが、基本的なスタイルは現行モデルと同じスクエアな形状なので、実写を前にするとフロントマスクだけに目がいくわけではない。

 でもまずこのデザインのことを指摘する。

「なんですか、このデザインは?」

「ぼくも最初は、なんじゃこれは!と言いました」

 と製品開発本部担当MGの西岡氏。

 やっぱり社内でもこのデザインは物議をかもしたのだ。

 でも、発売から10年を経過しているD:5を目立たせるにはこのぐらいのインパクトは必要、ということで、採用が決まったという。

 たしかに派手だし目立つが、実際に太陽光の下で実車を見ていると、フロント部分とはいえ車体全体のなかの一部分なので、あまり気にならなくなってきた。

 写真だと妙にフロントが強調されてしまう。しばらくすると、この新型D:5がカッコよく見えてきた。

■悪路での乗り心地が大きく向上

 クルマは走ってナンボ。スタイリングよりもSUVとしての走りも気になる。

 新型は、ディーゼルエンジン、ミッション、4WDシステム、サスペンションなどのメカ部分を大幅に手直ししている。その性能が気になる。

ついフロントマスクの変更に注目が集まるが、エンジン、トランスミッション、4WDシステムなど、かなり大幅に変更が加えられている

 エンジンをかける。

 2.2Lディーゼルターボは今回から尿素SCRを排ガス浄化に採用した。これが大成功。アイドリング時の音が静かになった。走り出してもガラガラ音が低く抑えられている。振動も少ない。トルクも太くなっている。

 最初の試乗コースはオフロード。モーグルのような凹凸路と急な登り坂と下り坂が組み合わされたダートコースだが前日の雨でぬかるんでいる。

 タイヤは標準装着のヨコハマジオランダーオールシーズン。ダート用のタイヤではない。

 センターコンソールのAWC(オールホイールコントロール)ダイヤルを4WD(オート)にして、Dレンジでスタートする低速を保ちながらコースをクリアする。

 急な登り坂でタイヤがスリップしはじめる。そのままアクセルを踏んでいるとグリップが回復し、坂をクリアした。

 モーグルコースも「最低地上高が現行の215mmから185mmになって大丈夫?」とネットで書かれていたが、床下をまったくこすることもなくクリア。

 2周目は、ダイヤルを2WDにしてチャレンジ!

 2WD+オールシーズンタイヤでもAWCは結構頑張る。

 さすがに湿ったダートの急な登り坂では途中でスリップしはじめる。すかさずダイヤルを4WD(オート)に合わせると、なんなくグリップを回復し、脱出した。

 オフロードでの乗り心地がよかったのも、現行モデルとの大きな違いだった。サスペンションの改良も効果的だ。とくにダンパーのサイズを大型化したリアサスの動きがよい。

■進化の主役は「顔」というより「走り」

 オンロードでは8速ATと新たに設定したMレンジパドルシフトのスポーツモードが威力を発揮した。

 新開発の8速ATのギア比と2.2Lディーゼルターボのマッチングがとてもよい。スタートからの加速もスムーズ。今回のテストコースは長いストレートがないので、高速連続走行ができなかった。これが心残りだ。高速での安定性は、来春に正式に発売になってからの楽しみ、ということにしておこう。

なお新型(写真左、ノーマル仕様)はディーゼルエンジン搭載車のみだが、ガソリン仕様は従来型(写真奥)のデザインのままで引き続き継続販売される。「以前の顔のほうがいい」というユーザーも多そう…

 ワインディングでの走りも現行モデルとは比較にならないほどにバランスがよく、回頭性も向上した。

 2WDモードでは軽快にコーナーをクリアする。

 4WD(オート)モードでは、前80、後20程度の割合で駆動力が分配されるので、高速道路などで使用すると、安定性が向上する。

 また、これまでデリカD5の弱点だった先進安全性能も進化。衝突軽減ブレーキも装備され、全車サポカーに対応。一気にライバルに追いついている。

 というわけで、デビュー10年目のビッグマイナーは、実は「大胆なフロントマスク」が主役ではなく、中味が大幅に進化したことがポイント。

 試乗を終えて、再びフロントマスクを見ると、頼もしく、カッコよく見えてきたのだ。

 写真よりも実車のほうが断然いい! それも「乗ってから」が断然いいのだ!

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ