変わったのは「顔」だけじゃない!! ブレない三菱デリカD:5 孤高の存在意義

 アルファード/ヴェルファイアも真っ青の“派手顔”にチェンジ!! 三菱の四駆ミニバン、デリカD:5の改良モデルがいよいよ登場間近だ。

 すでに予約注文は2018年11月21日から開始され、2019年1月に開催される東京オートサロン(幕張メッセ)にも参考出品予定。正式発売は年明け(2018年度内)となるが、改良モデルが公開されるやいなや、あまりに変わったその「顔」に賛否両論の渦が巻き起こるほど話題となった。

 そんなデリカD:5の現行型は2007年登場とかなり古いが、それでもなお堅調に売れ続ける珍しい車だ。改良モデルで外見も中身も大きく変わったデリカは今年で生誕50周年を迎えた日本車屈指のロングセラー。大きく変わったデリカの変わらない存在意義とは?

文:片岡英明
写真:平野学


顔激変はディーゼル車のみ! ガソリン車は現行型「継続」

新型デリカD:5。フロントマスクは流行りのギラギラフェイスとなったが、これには歩行者保護対応など安全上の理由もある

 道を選ばないタフなアウトドアギアとして熱狂的なファンを持つ異色のミニバン、それが三菱のデリカD:5だ。他のミニバンは2WDモデルが主役だが、デリカD:5は違う。主役はSUV並みの走破性能を誇る4WDモデルなのである。唯一無二の存在だから、オーナーは何台も乗り継ぐし、手放してもまた戻ってくるのだ。

 デビューから12年になる2019年の初春、デリカD:5のディーゼルターボ搭載車は、大がかりなマイナーチェンジを断行する。その最終プロトタイプに試乗する機会に恵まれた。

 ちなみにビッグマイナーチェンジするのは、進化したクリーンディーゼルを積む4WDモデルだ。ガソリンエンジン搭載車の去就が気になるが、こちらは現行のデリカD:5を継続販売することが決まっている。

 スタイリングはすでに公表済みだから、写真で見た人も多いだろう。多くの人は、大胆に変身したフロントマスクに目がいくはずだ。筆者も写真を見せられたときは「えっ、コレなの!!」と驚いた。が、対面した新型デリカD:5の顔は悪くない。慣れてくると、現行モデルは平凡と感じるほど押しが強い。

新型は“正統派と都会派”の二段構えでディーゼルも「別物」に

都会派を狙ったアーバンギア(左)と標準仕様(右)。ともに最低地上高は185mmだが、アプローチアングルとディパーチャーアングルは標準仕様の方が大きい

インテリアも大幅変更。インパネデザインが一新され、10.1インチの大型ナビもオプション設定される

 ラインナップは、標準仕様と新設定の「アーバンギア」の2タイプを設定した。個人的に気に入ったのは、バンパー下にスキッドパネルガーニッシュを組み込んだ標準仕様だ。LEDを多用したマルチLEDヘッドライトがメッキグリルとマッチしている。

 インテリアはデザインを一新し、質感も大幅に高めた。インパネなどにソフトパッドを採用し、見栄えと手触りをよくしている。木目調パネルやステッチの質感も高い。

 インパネ中央に組み込んだ10.1インチのナビシステムはディーラーオプションだが、画面が4分割になり、情報を把握しやすかった。スマートフォンのアプリと対応可能なら、さらに魅力が広がったはずだ。シートの座り心地を含め、満足度は高い。だが、USB接続のソケットが前席にしかないのは不満だ。

 また、3列目シートの跳ね上げ作業は依然として重く、手間取る。これが惜しい。

 エンジンは4N14の型式を持つ2267ccのコモンレール式直列4気筒DOHC直噴ディーゼルインタークーラーターボを受け継いだ。型式は変わっていないが、中身は別物である。

 2022年から施行される厳しい排ガス規制を乗り切るために燃焼室まで変え、燃料噴射のインジェクターも最新型とした。排ガスをクリーンに浄化するために尿素SCRシステムも採用している。

 アドブルーのタンクをラゲッジルーム下に設置したため最低地上高は185mmに減った。が、ラフロードを走っても不安を感じることはないはずだ。

中身の真価は「顔」以上!? ATも8速化で“今どきの車”に

既存の6速から8速ATに変更。エンジンの改良はもちろん、パワーステアリングも油圧式から電動パワステへ変更されるなど中身も大幅に改良されている

 トランスミッションは最新の8速ATへと多段化された。パドルシフトに加え、マニュアルモードも設定する。最高出力は3ps減っているが、最大トルクは20Nmも増強された。性能的には4Lのガソリンエンジンに肉薄する。

 新世代ディーゼルは低回転から気持ちよくパワーとトルクが盛り上がった。アイドリングの少し上の領域からトルクがモリモリとわき出し、力強い加速を披露する。追い越しを想定した再加速も冴えていた。

 実用域のトルクは今までより分厚く、回転フィールも滑らかだ。8速ATも滑らかにつながるから扱いやすい。このフレキシブルなエンジン特性は、滑りやすいオフロードでも威力を発揮。低回転でも十分なトルクが得られる。

 驚かされたのは、クルージング時の静粛性が大きく向上していたことだ。高速走行は試せなかったが、8速ATのありがたみがよく分かるはずである。

 ちなみに現行モデルの100km/h走行中のエンジン回転数は1850回転くらいだ。新型は、これを300回転くらい下回っている。フロアやルーフに遮音材をおごり、エンジンルームにも防音材を多用したから静かだった。実用燃費も向上しているだろう。

 電子制御の4WDシステムには4輪接地荷重や制動力配分、4輪スリップなどを統合制御する三菱自慢の「AWC(オール・ホイール・コントロール)」技術を導入している。

 新型では前後駆動力配分のパラメーターに、これまでの舵角に加え、ヨーレート制御を追加。オートモードの時でも、今まで以上に適切な駆動力配分を行えるようになったのが嬉しい。もちろん、4WDロックモードを選べばSUV顔負けの卓越した走破性を発揮する。

走破性はSUV並み! オン・オフ使える長所は「変わらない」

写真のようなオフロードでは、最近流行りのライトSUV以上に頼もしさを見せつけるデリカD:5。オンロードでの快適性向上と合わせてオン・オフ問わず走れるキャラは依然、唯一無二だ

 舗装路では冴えたフットワークを見せつけた。従来型のデリカD:5でもライバルより剛性は高く、長く乗り続けてもスライドドアは無理なく開く。新型はサブフレームを新設計するなどの努力によって剛性をさらに高めた。

 また、ステアリングギアは滑らかなデュアルピニオン式に、サスペンションもコイルスプリングの受け角度を変えてフリクションを20%も減らしている。だから走り出して100mくらいで大幅な進化を実感できた。

 背は高いが、直進安定性に優れ、サスペンションはスムースに動く。ロールするときの動きもよくなった。舵の利きが驚くほど洗練され、舵を入れたときの動きも滑らかだ。速い速度のコーナリングでもコントロールしやすく、絶大な安心感がある。荒れた路面を駆け抜けてもショックを上手に受け流す。だから乗り心地は驚くほどよくなった。新型はブレーキング時の挙動の乱れも小さい。

 オフロードでは三菱自慢の4WDシステムの凄さを見せつけた。

 試乗日は朝まで雨が強く降り、滑りやすく、路面も荒れていた。が、オートモードでもトラクション能力は高く、コントロール性も優れている。片輪が浮くようなギャップも無理なく走破できるなど、走破性はSUV並みだ。

 この走破性の高さと絶大な安心感がデリカD:5の最大の魅力である。デリカスターワゴンの時代から走破性は他のミニバンを寄せ付けなかった。この低ミューのステージでは今も敵なしだ。

他のミニバンにない独自性貫くデリカの存在意義

今年で50周年を迎えるデリカ。現行型デリカD:5は2007年発売と10年以上が経過するが、それでもコンスタントに月1000台以上を売り上げるなど根強い人気を持つ

 新型デリカD:5は、直進安定性に優れ、コーナリング時の踏ん張りも利く。これは小型車枠を超えたワイドボディを採用しているからである。小型車枠にこだわったライバルにはない魅力といえるだろう。1795mmの全幅が安定感のある走りを生み出している。また、キャビンの余裕も見逃せない。どの席に座っても広く、快適である。

 ライバルとは設計コンセプトが大きく違うのだ。デリカD:5だけの独自の世界を築いている。孤高のミニバンだから、指名買いする人が多い。走りの楽しさにこだわるユーザーが多いのもD:5の特徴と言えるだろう。D:5を何台も乗り継ぐユーザーが少なくないのは、他のミニバンにはない魅力が際立っているからだろう。

 新しいデリカD:5は、高速道路からオフロード、雪道までこなすオールラウンドプレイヤーだ。が、地球にもやさしいミニバンでもある。デリカD:5の存在意義を今回の試乗を通して再確認できた。春の正式発表が今から待ち遠しい。

■新型 デリカD:5
全長×全幅×全高:4800×1795×1875mm
ホイールベース:2850mm
最低地上高:185mm(-25mm)
エンジン:直4ディーゼル、2267cc
最高出力:145ps/3500rpm(-3ps)
最大トルク:38.7kgm/2000rpm(+2kgm)
アプローチアングル:21.0° ※アーバンギア:15.0°
ディパーチャーアングル:23.0° ※アーバンギア:21.0°
JC08モード燃費:13.6km/L(+0.6km/L)
価格(予定):約385万~約425万円

※()内は現行型との比較

最新号

ベストカー最新号

トヨタ エスティマの大進化|ベストカー4月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ