家族もボクも新型ルークスで全方位の幸せ!!

 憎きCOVID-‌19に春の行楽シーズンを丸々奪われたものの、ようやくドライブでも楽しもうという気持ちになってきた。

 子供たちはそろそろ家族よりも友達と出かけるほうが楽しそうだが、ボクとしてはぜひとも家族そろって出かけたい。

 そんなことを考えていた時、新型日産ルークス取材の機会を得た。なんでも新型は走行性能、広さ、使い勝手、安全性……要するに全方位的に「脱軽自動車レベル」に達したというではないか。

 確かに近頃の軽自動車の進化には目を見張る。ただ、軽のレベルを脱したとまで言われたらこっちの期待値もグンと跳ね上がるというもの。

 だってそれってファミリーカー、ファーストカーたり得るってことだ。OK。そういう目線でチェックしようじゃないの!

文:塩見 智/写真:平野 学【PR】
初出:『ベストカー』 2020年8月26日号

インプレッション動画は写真をクリック(外部配信サイトからは閲覧できません)
塩見 智/かつてはベストカー編集部、そしてNAVI編集部に在籍していたフリーランスの自動車ライター。BCではN360連載や輸入車試乗の記事などでおなじみ。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員

■視界も良好で運転しやすいコックピットに仕上げている

 トップグレード、ハイウェイスターGターボプロパイロットエディションの運転席に乗り込み、ドライビングポジションを合わせる。

 目線が高く安心感があるのはほかのスーパーハイトワゴンも同じだが、ルークスの場合、天井とダッシュボード、それに左右Aピラーに縁取られたフロントウィンドウ越しの長方形が上下左右にワイドだ。

 ピラーによる死角も少なく視界良好。これなら誰でも運転しやすいはずだ。このクルマの充実した先進安全装備については後述するが、視界のよさは安全の基本。気分をよくしてエンジン始動!

左右Aピラーに縁取られたフロントウィンドウ越しの長方形がワイド

 軽自動車なので「ブルルン」という始動音および振動を予想していたのだが、実際には「ブルン」あるいは「プルン」と軽やかな音。走らせても3気筒エンジンなのに振動が少ない。

 資料をめくって納得。液体封入エンジンマウントというぜいたくなパーツが使われているではないか。確かに軽自動車らしからぬ作りだ。

 静かなくせにパワーは充分。最大トルク10.2kgmのターボエンジンは全域で力強く、エンジン音を唸らせることなく望む速度に達する。

撮影車のハイウェイスターGターボプロパイロットエディションは、最高出力64ps/最大トルク10.2kgmのBR06型直3、660ccターボにモーターを組み合わせる

 振動の少なさは乗り心地のよさに直結するが、乗り心地がいい理由がほかにもある。変な揺れが少ないのだ。

 全幅は軽自動車規格に対し、ほぼいっぱいの1475mm。それに対して全高は1780mmもある。どう考えても操舵したり、横風が当たったりすればグラリと揺れるはず。

 人間はくるとわかっている揺れは不快に感じないが、不意の揺れや連続する揺れは不快。ルークスは背高なのだが背高感は希薄。

高速クルージングも楽々とこなすルークス。試乗した塩見氏も「変な揺れが少なく、スーパーハイトワゴンなのに背高感が薄い」とのこと

 揺れないわけではないが、素直な揺れに終始し、揺れの絶対量も少ない。それでいて足回りが突っ張っていて、突き上げるような入力に悩まされることもない。

 ダンパーの容量やスタビライザーの剛性を増やす一方、スプリングをソフトにし、絶妙な落としどころに設定したという。

 試しに高速道路であえてやや急な車線変更をしたり、山道で大雑把なステアリング操作をしたりしてみたが、ルークスは広い心で受け入れてくれた気がした! 丁寧な操作をすればまさに脱軽自動車レベルの快適さだ。

 室内をチェックする。同じ新世代のデイズ登場時にタッチパネルスイッチをはじめとしたインパネデザインの斬新さと質感の高さに驚いたが、ルークスも同様。

 後席へ移動すべく運転席を降りて車両の下へ片足をサッと差し込むと自動的にスライドドアが開く。開口部は大きく、ほとんど身をかがめることなく乗り込むことができた。

 リアシートに腰をかける。膝前には充分なスペースがあるが、なんとこれは一番前にある状態。

 ここからスーーッと最大320mmも後ろへスライドできるのだ。楽々足を組めるどころか、実は足をピンと伸ばしてもフロントシートははるか彼方にあった。

後席はクラス最大級となる320mmも前後にスライドできる。大人が座っても足が組めるほど!!

 もちろん車体寸法にかぎりがあるのでリアシートを後ろへスライドさせれば荷室容量は減る。ただリアシートは左右独立してスライドさせられる。荷物の量と乗車人数を考慮してアレンジ可能だ。加えて室内高は最大1400mm! 

後席は分割可倒式になっており、前に倒すとフラットな形状のラゲッジスペースを作ることができる
後席を倒して格納することでかご付きの27インチ自転車をもラクラク積むことが可能なルークスの広いラゲッジスペース

 スーパーハイトワゴンの真骨頂だ。高さを生かしてリアシートを倒せば自転車だって積み込むことができる。

 粗を探しているわけではないが、今のところ4人家族のファーストカーとして不満な部分はない。

■広さ、安全性ともにファーストカーで使うにも充分!!

 安全性を軽視していいクルマはないが、ファミリーカー、ファーストカーとして家族を乗せる機会が多いならそれは最重要項目となる。

 きりりと精悍なデザインのルークスのヘッドランプにはLEDが使われる。

 先行車や対向車がいてもその部分のみ照射せずハイビームを維持できるアダプティブLEDヘッドライトシステムのほか、カメラで進入禁止、一時停止、最高速度の標識を認識し、ドライバーに注意を促す機能など、先進安全装備が設定される。

 さらに先行車にとどまらず2台前の車両も検知し、それらの急な減速などによって衝突回避操作が必要になるとドライバーに警報で知らせる日産の「虎の子装備」、インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)が軽自動車として初めて設定された。

 そして日産といえばプロパイロット。プロパイロットといえば日産だが、ルークスにも備わる。しかもカメラに加えミリ波レーダーも備わり、先行車追従や減速に必要な検知性能が目に見えて向上した。

 プロパイロットは分類上は快適装備だが、ドライバーの疲労を軽減させるという意味で安全装備でもある。

プロパイロットは新たにミリ波レーダーを追加してよりスムーズな制御に

 さらに、ルークスには運転席ニーエアバッグを含む軽最大数となる7つのエアバッグが装備される。開かせないに越したことはないが、安心感につながるのは間違いなし。

運転席SRSニーエアバッグシステム(ハイウェイスターグレードに標準装備)、前席エアバッグ(運転席&助手席)、カーテンエアバッグ(左右)、サイドエアバッグ(運転席&助手席)の計7つのエアバッグシステムは軽としては最大数

 ダメ押しとして上級グレードにはSOSコールが備わり、不幸にも事故に遭ったり、あおり運転に見舞われたりした際にボタンを押せばオペレーターに繋がる(事故時には自動通報される)。

「SOSコール」は、急病時や危険を感じた時にスイッチを押すと、専門のオペレーターが警察や消防への連携をサポートし、自車位置や所有者情報を自動的に連絡する。ハイウェイスターグレードに標準装備、Xグレードにメーカーオプション設定

 一日を通して厳しくチェックしたつもりだが、穴はなかった。ルークスは文句のないファミリーカーであり、立派なファーストカーたり得る。4人までの家族なら真剣にセレナと迷う可能性あるぞ、マジで!

■全方位で安心できる安全装備搭載

 軽ながらこれだけの全方位先進安全装備を持つルークス

【1/前方衝突予測警報】自車からは見えない2台前を走行するクルマの減速を検知してディスプレイと警報で注意を促す。

【2インテリジェントエマージェンシーブレーキ】前方の車両や歩行者を検知し、注意喚起とブレーキ作動で衝突回避をアシスト。

【3踏み間違い衝突防止アシスト】低速での前進時と後退時にペダルの踏み間違いによる衝突回避をアシスト。

【4プロパイロット】高速道路での長距離運転と渋滞という2大ストレスを軽減する運転支援技術で、新たにミリ波レーダー追加でより遠くの先行車の動きを検知可能で制御もスムーズ。

【5アダプティブLEDヘッドライトシステム】対向車や先行車を照射しないよう自動でハイビームの照射範囲を切り替える。

【6標識検知機能】車両進入禁止や最高速度、一時停止の標識をカメラで検知し、警告表示などで注意喚起。

【7先行車発進お知らせ】前方に停止していたクルマの発信をお知らせ。

【8車線逸脱防止支援システム】走行車線から意図せずはみ出しそうになると車線内に戻すようアシスト。

【9ふらつき警報】注意力が低下するとメーター内に休憩を促すマーク。

【10インテリジェントアラウンドビューモニター】車両を上から見た映像で車両周囲の死角をサポート。

日産ルークスホームページ https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/roox.html

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ