胸すく新型日産キックス! S-SUVの大本命は大人気!!


■インテリジェントエマージェンシーブレーキほか先進安全装備も充実

先行車や歩行者と接近した場合、ドライバーに注意を促し、それでも回避操作が行われない場合は10〜80km/h(歩行者は60㎞/h未満)で自動的にブレーキが作動するインテリジェントエマージェンシーブレーキを標準装備
インテリジェント アラウンドビューモニターを使えば縦列駐車も「こんなにカンタンなのか!?」と枠内にきれいに収めることができる
急病時やあおり運転などの被害を受けた場合スイッチを押すことで、位置情報とセンサーによる情報を送信、専門のオペレーターにつながるSOSコールを標準装備する。万が一の事故でエアバッグが展開した場合も自動通報される
今回取材したKICKS X ツートーン インテリアエディション(286万9900円)。230kmほど走って燃費は19.4km/Lと上々の数字。我慢せず運転を楽しんでの数字だけに価値がある
キックス装備表

■KICKSはライバルよりもお買い得

ホンダヴェゼル(左上)、トヨタC-HR(右)、マツダCX-30(左下)

 キックスはX(275万9900円)とX ツートーンインテリアエディション(286万9900円)の2グレード。

 ライバルのハイブリッド車に比べるとごらんのように、モーターの最高出力、最大トルクは段違いで、電気で走るe-POWERといわれるとおり、その加速フィールは群を抜く。

 またプロパイロットやインテリジェントエマージェンシーブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト、SOSコールなど上級モデルと同等の安全装備が標準装備され、ライバルに比べるとお買い得な印象だ。

ライバルとのスペック比較

日産キックスホームページ https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/kicks.html

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ