復活した伝説のタイヤ「ADVAN HF Type D」で初代セリカが疾る!!


■応答◎、安定性◎、安心感◎!!

 さて、復活したType D試乗した印象だが、結論を急げば、ケースがしなやかになっており、乗り味はだいぶモダンになっていた。

 もうちょっと細かく見ていくと、13インチのほうは、リヤが70偏平でタイヤのたわみが適度に感じられるものだった。フロントが60偏平ということもあって、ハンドルを切り出した時の応答がよく、フロントの動きにリヤがしんなりついてくる感じ。

 普通にハイペースで走ってもタイヤがブレークしないだけの剛性があり、グリップの強さからくる安定性、安心感があった。

左は1988年製の初代「Type D」、右は新型Type D。デザインはほぼ同じで、素材と新たに加えられたトレッドパターンが進化の証
左は1988年製の初代「Type D」、右は新型Type D

 14インチで前後60偏平は、ハンドル操作に前後のタイヤが素直についてくる感じ。カチッとした角張った動きがややマイルドになっているところが当時よりモダンになった部分だが、がっしりしたタイヤの感じ、グリップ感やグリップの良さからくる安定感がちゃんと作り込まれていた。

 なによりも70~80年代に憧れたスポーツカーに、当時一世を風靡したスポーツタイヤ=ADVAN HF Type Dを履くことができることがうれしい。

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

徹底分析 ノートが「1クラス上」は本当か?  キッカケは、とある編集部員の「ノートは同じクラスと比べちゃいけないね、1クラス上みたいだよ」というひと言です。これってどんな誉め言葉よりも、ノートに乗ってみたいと思わせるフレーズだと思いませんか…

カタログ