圧倒的存在感で足元を飾る! ウェッズ『クレンツェ ジルドーン』が愛車をワンランク上に引き上げる!!【PR】

圧倒的存在感で足元を飾る! ウェッズ『クレンツェ ジルドーン』が愛車をワンランク上に引き上げる!!

 愛車をカスタムすることで、愛着はさらに増すことになる。ただカスタムするうえで、高級ドレスアッパーやプレミアムスポーツであれば、デザインがいいだけでなく、より特別であることを求めるようになる傾向がある。

 そんなこだわりを持つオーナーの愛車の足元を飾るために生み出された、洗練されたデザインと、さまざまな要望を受け止める幅広い選択肢を備えたウェッズのトップブランドが『Kranze(クレンツェ)』だ。

 今回紹介するのは、そんな『Kranze(クレンツェ)』の2021年の新作デザイン『Zildawn(ジルドーン)』。ウェッズのこだわりが生み出した、その新作を紹介したい。

文/ベストカーWEB編集部  写真/weds、編集部【PR】

【画像ギャラリー】あなたの愛車の足元もより華やかに! 『クレンツェ ジルドーン』のデザインとマッチングをチェック!!


■存在感を出しつつも 美しさも兼ね備えたデザイン

 2021年モデルの『Zildawn(ジルドーン)』。この名前は、至るところに拡散し皆が実感できるという意味を込めた「無数の=Zillion(ジリオン)」と、2020年の混乱からのリスタートを願う「夜明け=dawn(ドーン)」を組み合わせた造語となっている。

デザイン外周には曲面の組み合わせによるトライアングル(三角形)テイストを入れている。シャープさと柔らかさをうまく組み合わせて生まれたシンメトリー(対称)デザインとなっている
デザイン外周には曲面の組み合わせによるトライアングル(三角形)テイストを入れている。シャープさと柔らかさをうまく組み合わせて生まれたシンメトリー(対称)デザインとなっている
SBC-P×トヨタ アルファード。押し出し感の強いアルファードと組み合わせても負けることなく、足元でその存在をしっかり主張するジルドーン
SBC-P×トヨタ アルファード。押し出し感の強いアルファードと組み合わせても負けることなく、足元でその存在をしっかり主張するジルドーン
SBK-P×トヨタ スープラ。プレミアムスポーツであるスープラとのマッチングも抜群。スポーティさを前面に打ち出さないデザインにより、落ち着いた大人な雰囲気を感じさせる
SBK-P×トヨタ スープラ。プレミアムスポーツであるスープラとのマッチングも抜群。スポーティさを前面に打ち出さないデザインにより、落ち着いた大人な雰囲気を感じさせる

 さてそんなジルドーンだが、クレンツェシリーズの代名詞である「三次元デザイン」はしっかりと継承しながら、今までにないデザインを……というデザイナーの思いから生み出されたデザインとなっている。

 このジルドーンのデザインを担当した開発担当者に話を伺ったところ、「装着することを想定している車両が高級ドレスアッパーやプレミアムスポーツであるため、美しさを求めつつも、いかに貧弱に見えないかを考えデザインをした」という。

 貧弱に見えないように肉付けしていくと、どうしても過去の製品や、ほかのメーカーの製品に似てきてしまうため、新作ではリムとのつなぎ目に三角形を取り入れることにしたそうだ。最初は五角形で考えていたが、主張が強すぎるとの意見があり現在のデザインに落ち着いたという。

次ページは : ■見る角度で表情を変えるこだわりのカラー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ