愛車W124をついに売却!? 編集部員が最先端アプリで実感 これが令和の中古車売買だぜ


 一昨年、名車セダンと呼ばれるメルツェデス(徳大寺先生リスペクト)のW124 Eクラスを購入した編集部塩川。E400のエンブレムはハッタリ仕様というバブリーなE280は、走行5万km、修復歴なしのワンオーナー。

 今回はオートバックスからのお誘いで超最新鋭中古車売買アプリ「クルマのえん」を実体験してみることに。

 40万円で購入した愛しのW124はいくらになるのか気になって査定も含めてお願いしてみた。査定も出品もお気軽なのに、安心感高い中古車売買の結果はいかに!?

★★「クルマのえん」公式サイト★★

文/写真:ベストカーWeb編集部 塩川【PR】


■やっぱりジャーマンセダンの傑作は最高だぜ

愛車「ゲルマンスピリット号」。当初はAMG17インチホイールが装着されていたが純正15インチホイールへ交換済み

 仕事柄いろいろなクルマに乗る塩川。もちろん最新のクルマもいいのだけど、やっぱり徳大寺有恒先生や、自動車ギョーカイの諸先輩が「これは名車だぜ」と言ってきたクルマたちには一度は乗っておきたい。そんな思いが根底にある。

 ベストカーに就職してというもの、シビックタイプR(FK2)、ジムニー(JA11)、BMW M3(E46)、そして今回の主役であるW124 Eクラスを中古車売買で微妙な利益を出しつつ購入。

 もちろんW124がファーストカーだ。通称「ゲルマンスピリット号」と呼ばれている(自分だけ)このクルマは、走行距離5.5万km、ワンオーナー、修復歴なしで購入。前期型信仰の強いW124にあって1994年式の後期型は不人気かもしれない。

 そもそも近年のW124はかなり相場が上がっているのだが、ぷらっと入った東海地方の中古車店でなんと50万円のプライスタグがついていた。しかしながらいわゆる「納屋モノ」。前オーナーが亡くなった後、納屋で7年間眠っていた個体。

 これがフェラーリなら積もり重なった埃だけでかなりの価値になるのだが、W124にはそんな価値はまだなかったらしい。燃料ポンプは壊れ、燃料タンクは腐食しているなど安いにはワケがあったってこと。

当時の標準仕様というべきか、エンブレムはV8のE400にアップグレード(外観が変わらないのでハッタリが効く)。AMGバッジにAMGマフラーまでついていたが現在は純正に

 そこからDIYで燃料系統をリフレッシュ、ポリッシャーで磨きあげ10年ぶりにピカピカになった。納屋モノだから車内の腐食もないし、もうまるで新車(言い過ぎ)。前オーナーもきっと遠い空の上から喜んでくれるはず。

 エアコンやブレーキの整備などショップに依頼した作業を入れると維持費は100万円くらいはかかっているのだが、それでも150万円と思えば安いと信じている。妻からはものすごく怪訝な顔をされるのだけど。

 まあ前オーナーの意志を引き継いだ大事なクルマだから、まだまだ長く乗るつもりだ。

■いざ売買となると査定や書類の管理が大変だけど……

これが「クルマのえん」の出品画面。愛車の価格にプラスして「タグ」で車種の特徴などを伝えることができる

 つい愛車について語ってしまった。もっと語りたいのだけど、そろそろ「クルマのえん」に話題を移そう。この「クルマのえん」はオートバックスが提供する中古車の個人売買アプリ。

 もちろんこれまでもインターネットオークションやフリーマーケットサイトでクルマを売買する人は多く、今日ではひとつの選択肢として定着している。

 しかしトラブルも比例して多い。これは私自身も経験したのだが売却したはいいけれど名義変更をしてくれない、修復歴なしと聞いて落札したのに溶接痕があったなどの体験談はキリがない。

 でもオークションなどは基本的にはオウンリスク。目利きができないとダメだし、出品者も欺く意図があるとも言い難いのも実情だ。

 そんな個人売買をしっかりしたバックアップでサポートしようというのがオートバックスが手がける「クルマのえん」。ポイントは下記の3点。

(1)査定はオンライン査定はもちろんのこと、希望すれば無料でオートバックスの店舗で査定を受けられる

(2)名義変更などの書類手続きは「クルマのえん」が代行してくれる

(3)完成度の高いアプリで好みのクルマを探せる

 アプリは非常に使い勝手がいい!! なんせ車検証にあるQRコードをアプリのリーダーで読み取れば、ナンバーや年式などの車両情報が自動入力されちゃう。

査定はオンラインも店舗査定もどちらも好みで使うことができる。出品も非常に手軽で個人間の中古車売買にこれは新たなビッグウェーブが来そうだ

 さらに「タグ」で自車のアピールポイントをしっかりアピールすることもできちゃう!! 例えば日産系のスポーツカーでNISMOのパーツを使っていたら「#NISMO」なんて書いておくと、クルマ好きの目に留まりやすくなる。

 もっとすごいのはあまりクルマに関心がない人でもクルマ探しがしやすいこと。ボディタイプや使い方で検索もできるから、なんとなくしか欲しい車種が決まっていなくてもお目当の車種を探すことができる。

 今回は店頭での査定「査定Dr.」を実体験してきたのでその模様をお届けしよう。繰り返しになるがこの査定は無料で行ってくれるからぜひ覚えておいてほしい。

次ページは : ■専任スタッフの目で見ることで購入者にも安心感を与えられる

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ