三菱新型デリカミニ登場! 超名門SUVブランド「デリカ」に新たに軽スーパーハイトワゴンの仲間が誕生した!!【PR】

三菱新型デリカミニ登場! 超名門SUVブランド「デリカ」に新たに軽スーパーハイトワゴンの仲間が誕生した!!

 初代デリカ登場以来、55年間磨き続けてきた独創性を、日本が誇る「軽自動車」のパッケージングに込めた三菱新型軽自動車デリカミニ。2023年5月発売予定で、全国の三菱自動車販売店にて予約注文受付中です。

文/ベストカーWeb編集部、写真/三菱自動車

【関連記事】三菱新型デリカミニ開発のキーパーソンに独占取材!! 「やんちゃ坊主」の秘密を紐解く

新型『デリカミニ』スペシャルサイトはこちら

■コンセプトは「デイリーアドベンチャー」

 クルマは「趣味のもの」か「実用品」かと、新型車を前にするといつも考える。特に近年のクルマの進化の早さを考えると、よりいっそうこのふたつの側面のどちらに軸足を置くべきか、議論が加速している。

  答えは「両方」だ。クルマは趣味のものであり、実用品でもある。どちらかがどちらかを犠牲にすることなく、より高次元で趣味性と実用性を両立させることこそが、あらゆる自動車開発者の目標だった。だからこそ自動車は、日本が誇る文化たりえた。

新型デリカミニ T Premium(4WD)/全長×全高×全幅=3395×1475×1830mm、ホイールベース2495mm、車両重量1060kg
新型デリカミニ T Premium(4WD)/全長×全高×全幅=3395×1475×1830mm、ホイールベース2495mm、車両重量1060kg

 今回世界初披露された三菱自動車の新型軽自動車デリカミニは、こうした「趣味性と実用性の高度な融合」の、ひとつの頂点といえる。

「デイリーアドベンチャー」、今回のデリカミニのデザインコンセプトとなるフレーズであるが、まさにこの言葉こそが、趣味性と実用性の融合を示している。

■唯一無二の個性と最強のパッケージングの融合

「デリカ」は、言うまでもなく三菱にとって、いや日本自動車界にとって、世界に誇る一大ブランドである。ミニバンの利便性とSUVの頑強さを兼ね備えた、唯一無二の個性を持つ大看板。それは1968年の初代デリカ登場以来、パリ・ダカや世界ラリー選手権を舞台にして走り続けてきたことや、全国の三菱自動車販売店がコツコツと積み上げてきた信頼感が土台にあって、多くのアウトドアユーザーが実際にデリカシリーズに乗って、走って、楽しんで築き上げられたものだ。

「デリカらしさ」を強調したスタイリング。大径タイヤを装着することでリフトアップ(4WD車のみ)
「デリカらしさ」を強調したスタイリング。大径タイヤを装着することでリフトアップ(4WD車のみ)

  そうした背景を持って、デリカミニは、日本が誇る究極のパッケージング技術を持つ軽スーパーハイトワゴンとして登場した。広大な室内とガラス面積、ベンチシート、両側スライドドアなど、ベストセラージャンルとして練りに練られたこのカテゴリーは、現在日本自動車市場において最も充実した、それゆえ各社のエースモデルが出揃うジャンルとなっている。そこに、本格SUVで実績のある三菱が、「本命」を送り込んできたわけだ。

   ボディは大径タイヤを装備することでリフトアップし(4WD車のみ)、アウトドア感あふれる専用ボディを持つ。

新型『デリカミニ』スペシャルサイトはこちら

次ページは : ■「本家本元」の三菱の「本命」が登場

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ