日産リーフe+大進化!! これが新時代の「走りがいい」!!!

 2019年1月9日、日産リーフに大容量バッテリーを搭載した「e+」が追加設定され(同時に通常版リーフも一部改良を実施)、1月23日より発売した。

 このリーフe+、従来型のリーフのバッテリー容量を55%増加し、一充電での航続距離を40%伸ばしたそう。本企画ではそんな新型リーフe+を、飯田裕子氏にじっくり試乗していただき、レポートしてもらいました!

 特別動画レポートも合わせてご参照ください!!【PR】

文:飯田裕子 写真:平野学
Sponsored by NISSAN


■初代リーフは2010年12月発売

 日産リーフを初めて試乗した時、首都高速で4輪はしっかりとフラットに路面を捉えているのにもかかわらず、このまま空へと離陸してしまいそうな加速感にワクワクし、その走行性能に本格的なEV時代の到来を実感したことを思い出す。

 しかし当時の航続距離はカタログ値で200km(第一世代の最終モデルでは280km)。その実走行距離は街中で使う分には事足りるかもしれないが、リーフのパッケージングをもってすれば、気持ちは「もっと遠くまで……」と航続距離に向けられ、2世代目(2017年〜)になって400kmにまで延び、「やるな、日産‼」と思えたが、既存モデルでその言葉を使う本当のタイミングは〝今〟だった。

バッテリー増量により航続距離だけでなく、80→100㎞/h中間加速が約15%短縮した

■航続可能距離が一気に1.4倍に

 日産リーフは、現行モデルにさらに進化した「リーフe+」というバッテリー容量〝増し増し〟モデルを追加。航続距離はカタログ値で570km(JC08モード燃費/WLTCモードでは458km)。バッテリーそのものには大きな変更を加えることなく、新型モジュールに組み込むセル数を従来型の1.5倍に増やした。

サスペンションの仕様変更と車体剛性がアップ。重量増は車体下部に集中しており、重心が下がり走行フィールが大幅に向上

 結果的にバッテリー容量は従来モデルに対し55%アップ。おかげで航続距離が570kmにまで延び、最高出力もなんと45%増の218psにパワーアップ。狭いお家の〝隙間収納〟が得意な日本人の特性を活かした……とは聞いていないが、全高を5mm上げ、最低地上高を15mm下げて、バッテリー搭載容量を増やしたのだという。

 バッテリー容量が増えた分、車重も増えることで車体剛性を見直して最適化。サスペンションのチューニングも行われている。

 そんなリーフのドライブフィール、冒頭の「離陸しそうな加速感」をなぜ思い出したのかと言えば、走り出しからより加速性能が向上していたものだから、「あの時のアレがさらにコレにっ!?」と、当時の光景が浮かんだのだ。

 アクセルペダルを踏み込んだ時の感覚に重みが増し、それはモリモリの電動パワーを秘めていることがうかがえるが、残念ながら公道でその加速性能を隅々まで味わうことは叶わなかった。が、リーフe+は走行中のアクセルの踏み足し=中間加速も増しているようだ。車重増加分の車体の重みも感じるが、「重厚さが増した」というポジティブな印象にとれる。

慣れると病みつきになるのがワンペダル操作の「e-PEDAL」。アクセルのオンオフだけで減速までコントロールできて、渋滞時や都心走行時が超快適

■選択の幅が広がった

 今回の市街地+わずかな高速試乗では叶わなかった「長距離ドライブを試みてみたい」とすでに期待が高まる私は、「増し、増し〜、増し、増し〜♫」そんな即興曲も口ずさんでしまうほど。極端な言い方をすれば、570kmに延びた航続距離は単に距離を延ばしたというだけでなく、これまでアクセルペダルを踏み込む量を遠慮せざるをえなかったシーンもかなり改善されるはず。加えて充電のタイミングが延びることで、「まだまだ走れるけれど、ちょっと充電しておこうか」という場合でも充電時間の調整もしやすい。

 一点、気になった点を申し上げておくと、街中の荒れた舗装路を通過している際に足元が若干ヒョコヒョコとフラットライドに収まらないシーンもあった。が、それも重箱の隅を突くような程度(本当だ)。褒めてばかりではリーフe+の進化を認めてもらいにくいのではないかと思うからあえて加えておきます。

スマホ世代にはより実感しやすいだろうが、バッテリー容量が増えると「自由度」が段違いに増える

 ちなみにリーフe+とスタンダードモデルとの違いは、フロントバンパー下に追加されたブルーのリップスポイラーと、充電ポートに〝e+〟の刻印があることくらい。

 ところで使い慣れると、街中全般(それは信号停止に至る速度コントロールも含め)、コーナリング走行などにおいてリニアな加減速をアクセル=ワンペダルで行え、運転も楽ちんな『eペダル』や、ステアリング上のスイッチをワンプッシュするだけでセットできる運転アシスト機能『プロパイロット』、私の知るなかでこれほど頼もしく使いやすい性能を持つモデルはないと思える『プロパイロットパーキング』の技術と精度の高さも、電動化がとりわけ進むリーフにとってはいっそうの魅力かつ安心で快適なアイテムでもあることもご紹介しておきたい。

 

ボタンひとつでハンドルとアクセル&ブレーキをクルマが操作してくれる「プロパイロットパーキング」が超精度&超便利!!

■全国の日産販売店で一泊二日無料リース

(TEXT/編集部)

 大幅に魅力が向上した日産リーフだが、「そうはいっても、いきなりEVはちょっと……」という方も多いはず。そういう人のために、全国の日産ディーラー(一部を除く)では一泊二日のあいだ、無料でリーフを借りられるキャンペーンを実施している。

 これぞ日産の「乗ってもらえれば魅力はわかる!」という自信のあらわれなのだが、実際問題、リーフを自宅の駐車場に置いてみるだとか、いつも買い物に訪れているコストコに行ってみるだとかすれば、「リーフのある生活」がどんなものか体感できるだろう。

 EVの充電施設は今や全国に3万カ所あり、使い勝手の面ではまったく問題ないことも、乗ってみればわかるぞ!!

最新号

ベストカー最新号

トヨタ エスティマの大進化|ベストカー4月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ