氷上で「やっぱ最高だ」と実感!! 悪路最強デリカミニ&アウトランダーPHEV試乗 三菱お家芸の高性能4WDを完全継承【PR】

氷上で「やっぱ最高だ」と実感!! 悪路最強デリカミニ&アウトランダーPHEV試乗 三菱お家芸の高性能4WDを完全継承

 デザインが好評で販売絶好調のデリカミニとアウトランダーPHEV。電子制御4WDで評判の高い三菱の新型車2台だが、この4WD性能が「本当にすごいのか」ということで、レーシングドライバーの松田秀士氏に氷上&雪上でテストドライブしてもらった。

文:松田秀士/写真:森山良雄

■三菱の最高にいいクルマデリカミニ!!

 暇があれば運転して一人でスキー場に出かけてしまう松田秀士です! 今回の足としてリクエストしたのがデリカミニ。今回は、雪道はもちろんのこと女神湖の氷上もドライブできるというので、三菱のエースSUV、アウトランダーPHEVともども長野県に向かったのだ。

途中の一般道も快適! 静粛性も高く、両側スライドドアだから使い勝手は最高
途中の一般道も快適! 静粛性も高く、両側スライドドアだから使い勝手は最高

 高速道路を降りて山を登っていくと、雪道が現われる。登るにつれてどんどん雪深く、融雪と凍結を繰り返した後に新雪がのっているからけっこう凸凹路面。でも、さすがに4WD! そんな悪路をものともせず、どんどん新雪を蹴飛ばして登って行く。

■デリカミニの実力はお墨付き

 最低地上高がFFモデルに対して高く雪の轍も問題なく走り抜ける。しかも感心するのはしなやかな足さばきだ。この凸凹の路面、スピードを上げていってもサスペンションが凹凸を舐めるようにストロークして決して跳ねたりせず、常に接地(雪)を確保しているから安定。とにかくサスペンションがスムーズ。サスペンションが伸びきってもバタン!なんて異音もしない。

 これはボディ剛性がしっかりしているから。左右スライドドアって開口部が大きいでしょう。段ボール箱のふたを開けた時を思い出してほしい。グニャグニャになるよね。アレと同じです。利便性バツグンのスライドドアってそこがウィークポイント。だけどデリカミニはまったく問題ない。スバラシイよ。

雪道も快適に安心して走行できるデリカミニ
雪道も快適に安心して走行できるデリカミニ

 続いてお楽しみの氷上トライアル。もうとにかく路面のμ(摩擦係数)が低いから、ステアリング切ってもまず曲がらないだろうな、と。それがこのデリカミニ、めちゃめちゃよく曲がります。

 ちょっと「やんちゃ」してアクセル踏み込んだら、リアがスーっとゆっくり流れて、狙ったとおりのラインに乗せられる。こんな簡単に氷上を走れるのか! と驚き。やはりこれは三菱がランエボ、アウトランダーPHEVで培ってきた技術が軽スーパーハイトワゴンのデリカミニにも生かされているからだ。

氷の上でも思いのまま走れるデリカミニ
氷の上でも思いのまま走れるデリカミニ

次ページは : ■アウトランダーPHEVも凄いのよ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!