買えば増岡浩になれる!? オフロード性能スゴすぎ!! しかもアウトドアで大活躍の機能がスゴいゾ!! エクリプス クロスPHEVを今選ぶワケ【PR】

買えば増岡浩になれる!? オフロード性能スゴすぎ!! しかもアウトドアで大活躍の機能がスゴいゾ!! エクリプス クロスPHEVを今選ぶワケ

 爆裂ヒット中の三菱 アウトランダーPHEVだが、いざ購入となると大柄なサイズ。そして価格を考えると……という人も少なくないハズ。そこで筆頭株となるのがひと回りコンパクトなエクリプス クロスPHEVなのだが、使いやすさバツグン!! しかもPHEVの魅力を存分に味わえるのだった。今回は初代アウトランダーPHEVオーナーの筆者が徹底的に使い込んで、その魅力を一挙に!!

文:ベストカーWeb編集部/写真:小林岳夫

■PHEVは不安要素なし!! オフロード性能もハンパないゾ

素人でもこんなアグレッシブな走りができてしまうのだ。ちなみに走行モードはグラベルを選択
素人でもこんなアグレッシブな走りができてしまうのだ。ちなみに走行モードはグラベルを選択

 エクリプス クロスPHEVの魅力はなんといってもハイブリッドカーと電気自動車のいいトコ取りをしている点にある。

 電気だけの走行ももちろん可能だが、電池残量が減ってくればエンジンとモーターを駆動するハイブリッドカーとして使用できるのだ。

 要するに電池残量を気にせずとも電動化の世界が味わえるうえ、内燃機関からの乗換でも難なく乗りこなせるのである。

 昨今は各社からPHEVが登場しているが、エクリプス クロスPHEVはならではの機能が盛りだくさんなのだ。

 その筆頭が4WD技術で、パジェロやランサーエボリューションで培ったノウハウをあますことなく投入されている点である。

ドライブモードはシフト横のスイッチで操作するのだが、設置位置がお見事で走行中のモード変更も余裕なのだ
ドライブモードはシフト横のスイッチで操作するのだが、設置位置がお見事で走行中のモード変更も余裕なのだ

 走行モードが4つ用意されており、路面状況によってトグルスイッチを選択するだけでモード切替が可能。しかもシフト横にスイッチがあるため、ブラインド操作が可能なのもポイント。

 今回は採石場というかなり足もとの悪い路面を走行したが、余裕で走り抜いてくれる実力の持ち主。

 失礼を承知でいうが、さながらダカールラリーを制した増岡浩選手にでもなったかのような、本格的なオフロード走行を誰しもが楽しめるのだ。

■さすがの燃費も◎!! マイパイロットで疲れ知らずなのもイイね

静粛性はさすがのデキ!! 目をつぶれば動いているのかすら、わからないほどの静けさなのだ
静粛性はさすがのデキ!! 目をつぶれば動いているのかすら、わからないほどの静けさなのだ

 編集部のある東京都文京区をスタートして千葉県鋸南町まで往復約250kmを走行したが、燃費は15.8km/Lという結果であった。

 WLTCモード燃費が16.4km/Lであり、往路・復路ともに渋滞にはまってしまったこと。エアコンをガンガンに使用していたことを考慮すれば、かなりの好成績といえる。

 ちなみに復路は満充電状態でスタートした燃費は19.7km/Lを記録してくれたのも◎。

このマイパイロットが超絶便利!! 操作も簡単で緑のボタン→セットを押せば完了と、気軽に使える工夫も◎
このマイパイロットが超絶便利!! 操作も簡単で緑のボタン→セットを押せば完了と、気軽に使える工夫も◎

 そして長距離ドライブをアシストしてくれる機能も充実している。e-Assistなる先進機能が備わっており、とくに高速道路だとマイパイロットがかなりの活躍をしてくれるのだ。

 こちらは同一車線内、かつ周囲の道路状況にもよるのだが、アクセルのオンオフに加えて操舵支援もしてくれる機能である。

 渋滞時のアクセルオンオフ、あるいはブレーキ操作は長距離運転でかつ大渋滞ともなればかなり煩わしいもの。ところがマイパイロットを作動させれば、ステアリングに手を添える程度と疲労度がかなり違ってくるのだ。今回の約250kmを走破したが、一度も休憩をしなかったほど。

■アウトドア&災害時も超絶活躍!! 電子レンジだってフツーに使えちゃうデキ

電子レンジが愛車で使えるとあれば、アウトドアシーンも様変わりするはず!!
電子レンジが愛車で使えるとあれば、アウトドアシーンも様変わりするはず!!

 エクリプス クロスPHEVと内燃機関モデルの最大の違いは給電機能の有無だ。PHEVを選ぶ最大の理由と言っても過言でないのがこの機能である。

 スマホやPCの充電はもちろん災害時に発電機としての使用も可能なのもポイントである。とはいえ、実際に納車された後に、これらの機能はどんなシーンで役立つのかは、想像しにくいハズ。

 あくまで一例だが、今回はアウトドアシーンを想定してテストを敢行。電子ケトルと電子オーブンレンジを持ち込んで使用したが、家庭と同じようにお湯を沸かしたり、パンを焼いたりすることも難なくこなしてくれるのだ。

 これが自分のクルマでできるとあれば、アウトドアはもちろん有事の際にかなり活躍してくれるはずだ。

 使用方法は超絶簡単で、インパネ下部に設置されたボタンを押すだけ。電子レンジや電子ケトルの使用は危険だが、スマホやPC、あるいは携帯ゲーム機などの充電も可能なのだ。

次ページは : ■ふとしたことでも恩恵大!! PHEVのうまみって!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!