古いクルマの持ち主を苦しめるイジメ重課税はおかしい!!【旧車を大事に】


 古いクルマに乗り続けると、税金が高くなる。ただでさえ高くて問題のある日本の自動車関連税は、古いクルマを大事に乗っているユーザーに対して不当に厳しい。

 「旧車」といっても新車登録からわずか13年で重課税は始まる。今年から見ると2005年式のクルマがもう重課税対象となるわけだ。

 2005年って、ついこの前じゃないですか!

 こうした旧車への重課税に対して、「道徳のカケラもない」と怒っているのが自動車ジャーナリストの渡辺陽一郎氏。

 まずは新車登録13年超のクルマがどれくらい多く税金を払っているかを紹介し、国がなぜ古いクルマに重税を課すのかを検証してゆきたい。

文:渡辺陽一郎 写真:Shutterstock


■ただでさえ高くて問題もある日本の自動車関連税

 自動車の税金には、購入時に納める自動車取得税、購入時と車検を受ける時に納める自動車重量税、毎年納める自動車税(あるいは軽自動車)の3種類がある。

 このほか燃料にも税金が含まれ、ガソリン1Lに付き揮発油税が48.6円、地方揮発油税が5.2円、合計すれば53.8円も納める。ガソリン価格が1L当たり140円とすれば、正味価格は86.2円に収まるわけだ。

 ディーゼルの軽油にも軽油取引税が32.1円含まれ、1L当たり115円なら正味価格は82.9円だ。つまりディーゼルは低燃費で軽油も安いから経済的といわれるが、正確には軽油の価格ではなく税金が安いのだ。

 このように、自動車関連の税金は多岐にわたり、車両や燃料には消費税も加わるから二重の課税が行われている(税金に税金が掛かっている、ということ)。

 しかも古い車両には、エコカー減税とは逆に税金を増やす「重課」が実施されている。自家用の乗用車と軽乗用車は、初度登録(軽自動車は初度届け出)から13年(自動車税)/18年(重量税)をそれぞれ超えた車両が対象だ。

■自動車税、重量税ともに「古いクルマ」からたくさん取る

 小型/普通乗用車は、初度登録から13年を経過すると自動車税が115%に高まる。1.6〜2Lエンジン車の自動車税は、13年以内ならば年額3万9500円だが、13年を超えると年額4万5400円になり、新しい2.5L車の税額を上まわる。

 軽乗用車税は、初度届け出から13年以内であれば年額1万800円(登録時期が2015年3月末までなら年額7200円)だが、13年を超えると1万2900円に跳ね上がる。毎年7200円を納めていたユーザーは、軽自動車額が一気に180%まで増えるのだ。

 さらに自動車重量税にも重課が行われる。小型/普通乗用車の場合、初度登録から13年を経過すると139%、18年を経過すると154%に増える。

 継続車検を受ける時には2年分の自動車重量税を納めるが、車両重量が1001〜1500kgの場合、一般的な税率(車両重量が500kg当たり年額4100円)で2万4600円だ。

 計算式は「4100円(暫定税率)×3(単位が500kgごとで車両重量が1000kgを超えるため)×2年分=2万4600円」になる。

 これが13年を超えると2年分で3万4200円、18年を超えると3万7800円だ。

 ちなみに購入当初に「エコカー減税」の基準に該当していれば、計算式が変わって「2500円(本則税率)×3×2年分=1万5000円」で済む。つまり新車を買った直後は2年分の自動車重量税が1万5000円、これが18年乗り続けると、3万7800円に増えるのだ。

 同様のことが軽自動車にも当てはまり、多くの車両が納める自動車重量税は、継続車検時の2年分なら6600円だが、初度届け出から13年を超えると124%に増えて8200円になる。18年を超えると133%になって8800円だ。

次ページは : ■ただ古いというだけで税額が約1.4倍に

最新号

ベストカー最新号

SUVブームの新たな主役の最新情報捕捉!! ベストカー11月26日号

 本来なら東京モーターショー2021が開催されていたはずのこの時期、クルマ好きにとってはちょっと物足…

カタログ