【あるか日本導入】新型シティ 価格は200万円台!! 歴代初「RS」なぜ設定??

 ホンダの小型セダン、新型シティの価格は日本円で200万円台前半から。歴代初「RS」設定の理由は?

 2019年11月25日、ホンダは新型「シティ」をタイ・バンコクにて11月28日から開催中である「タイ国際モーターエキスポ2019」で世界初公開した。

 日本では「グレイス」として販売され、往年の名車と同じ車名を持つホンダの世界戦略車はどう変わったのか?

 歴代初となるスポーティグレード「RS」を設定した理由、そして日本導入の見通しを含めて、現地取材で明らかになった最新情報をレポート。

取材・文:大音安弘
写真:大音安弘、HONDA

【画像ギャラリー】実物は予想より質感高い!? 新型シティの実車写真を見る


“ホンダの顔” 新型シティはスポーティ路線に進化!

通算5代目となる新型シティ。世界戦略車としてタイを皮切りに各国で発売予定

 かつてシティといえばハッチバックモデルであったが、現代版シティは、1996年に新興国市場をメインに開発された小型4ドアセダンの世界戦略車を指す。

 日本にも第4世代モデルが「グレイス」の名で投入されている。初代から先代なる第4世代は、世界60か国で販売され、累計販売台数は400万台にものぼる。タイでも人気車のひとつであり、歴代モデルを含めたタイ国内の累計販売台数(2019年9月末)は、60万台以上を誇る。

 2018年の実績では、タイのホンダ車年間販売台数の約13万台のうち、シティが約3.5万台を占めており、まさにタイのホンダの顔のひとつといえる車種なのだ。

 そんな第5世代となる新型シティの特徴としては、スポーティなスタイル。そして力強い走りと低燃費の両立が挙げられる。

 スポーティに纏められたエクステリアは、よりグラマラスなスタイルへと進化。フロントマスクは、立体的なバータイプグリルとLEDデイタイムランニングライトを直線的に結ぶことで、メッキグリルによる押し出しの強さだけでなく、クールな表情も併せ持つ。

 ボンネットもより立体的となったことで、パワフルな走りも予感させてくれる。サイドビューは、面の美しさを表現しながらもフロントからリヤまでシャープなキャラクターラインを与えたことで、上品な雰囲気と疾走感を両立。

 ショートデッキとなるリアエンドは、大型のLEDテールランプによって引き締められており、小さいながらも、迫力あるスポーティなスタイルへと見事に纏め上げた。

初搭載の1Lターボエンジンは欧州シビックをもとに最適化

注目の新型シティ「RS」は、標準モデルとは異なるフロントグリルを採用し、スポーティな同車のキャラクターを象徴する代表モデル

 ボディサイズは、従来型よりもややアップとなる全長4553mm×全幅1748mm×全高1467mm。ホイールベースは、2589mmとなる。プラットフォームについては、新規ではなく、4代目(※現行グレイス)をベースに開発されている。

 インテリアは、室内空間は先代同等をキープしているが、より最適化を図ることで前後共に快適なスペースを確保したという。

 ダッシュボードは、水平基調デザインのシャープかつ実用的なスタイルとし、ダッシュボード中央には、ディスプレイオーディオを標準化。

 上級モデルには、「Android Auto」や「Apple CarPlay」、Siri音声制御を備えた8インチの高度なタッチディスプレイオーディオを搭載。さらに「HONDA CONECT」と呼ぶスマホアプリが用意されるなどコネクト機能も強化されている。

 パワーユニットは、全車1.0L直列3気筒DOHC VTECターボエンジンを搭載。これにCVTが組み合わされる。最高出力122ps/5500rpm、最大トルク173Nm/2000~4500rpmを発揮。燃費性能は、23.8km/L※と低燃費を誇る。

 先代の1.5L自然吸気エンジンよりもパワフルなうえ、アイドリングストップ機能とCVTを組み合わせたことで、従来型比33%の燃費改善を図っているという。

 燃料については、エタノール20%混合となるE20ガソリンに対応する。このターボエンジンの導入は、タイのエコカー減税基準の低燃費を達成しつつ、力強い走りを犠牲としないことが目的だそう。

 ベースは、欧州シビックに搭載されるエンジンで、タイ法規仕様に適合。エンジンレイアウトを最適化することで、ひとクラス上のシビックのパワートレインの搭載を実現した。

 また、変更点として、インタークーラーがシビック用と異なり、空冷式ではなく、水冷式を搭載。これはタイの厳しい交通渋滞を意識したもので、アクセルレスポンスの向上が目的だという。

 CVTのみの設定となるのも、特に都市部で激しい渋滞がみられることから、乗用車ではATが好まれる傾向を組んだものだ。

※UN R101 (E5)基準に基づく数値

注目の価格は207万円から!! なぜRSを初設定?

走りのグレードを予感させる「RS」バッジはリアに。新型フィットからは消滅した同グレードを、新型シティでは最上級グレードに位置付ける

 グレード構成は、4グレード展開で、パワートレインは全て共通でFF車のみとなる。

〈RS:最上級スポーツグレード/73万9000バーツ(264万5620円)〉

 シティ史上初となる「RS」グレード。フルLEDライトやグロスブラック塗装のアッパー・ローワーハニカムグリル、エアロ外装、7速パドルシフトなど装備したスポーツモデル。

 16インチアルミホイールや8インチディスプレイオーディオ、8スピーカー、Honda CONNECTなどが標準装備。専用色イグナイトレッドメタリックも設定。

〈SV:上級グレード/66万5000バーツ(238万700円)〉

 レザーシート、2トーンインテリアカラー、Apple CarPlay/Android Auto対応の8インチディスプレイオーディオなどの豪華装備を備える。

〈V:中間グレード/60万9000バーツ(218万220円)〉

 ベース車に対して、オートエアコンやスマートエントリー、15インチアルミホイールなど装備をアップグレード。

〈S:ベースグレード 57万9500バーツ(207万4610円)〉

 標準車だが、マニュアルエアコン、ディスプレイオーディオ、4スピーカー、キーレスエントリー、エンジンスイッチなど基本装備は充実。

※価格は1バーツ=3.58円換算

 日本円に換算してみると、割と高価格なモデルであることが実感できる。それを裏付けるように、標準装備も割と充実している印象だ。

 タイでは、Bセグメント購入者は、20代~30代が多く、スポーティな仕様が人気だという。このため、若々しくアクティブな顧客の潜在需要に応えるべく、スポーティなキャラクターに加え、「RS」の新設へと繋がったようだ。

 もちろん、タイの若者が気軽に買える値段ではなく、かなり無理して手を伸ばす、身近な憧れという存在だ。会場内には、純正エアロパーツ「モデューロ」を装着したものも展示されていた。

次期グレイスとして日本導入なら2021年以降が濃厚

2014年12月登場のグレイス(日本仕様)。モデルサイクルから考えても、2021年はモデルチェンジ適正期。継続なら同年にも発売される可能性は高い

 気になるのは、日本版シティ「グレイス」の動向だろう。

 シティが世界戦略車であることは、これまでと変らず、今後、順次、他国でも投入されていることが明言されている。

 ただ、新型シティのスペックは、あくまでタイ仕様であると、ホンダ広報部は強調する。つまり、各地域で仕様が異なることが充分にありえるのだ。

 また、5代目シティが、次期グレイスとなるかも現時点では明かされていない。

 現行型のグレイスは、埼玉県の寄居完成車工場で製造されており、継続生産が可能な状況なので、必ずしもタイ仕様の新型に引っ張られるわけではない。

 また、1.0Lターボエンジンについても、タイの事情を組んで採用された経緯があり、他国のラインアップの全車に標準化されるかは疑問だ。

 特に日本国内では、ダウンサイズが進む一方で、コンパクトカーニーズがハッチバックやSUVに集中しており、小型セダンはイマイチなのも正直なところ。

 また、2020年はフィットやアコードなどの主力となるモデルの新型デビューも控えているため、少なくとも早々の導入は難しいのが現状のようだ。

 少し運転席に座り、各部に触れてみたが、質感は高く、小型セダンとしての魅力は充分あると思う。今は、グレイスの刷新を期待して待つことにしよう。

【画像ギャラリー】実物は予想より質感高い!? 新型シティの実車写真を見る

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ