ロードスターRFは“開けても閉めても”魅力的なのか!? 動画

 「ファストバック」という名のとおり、屋根を閉じれば流麗なクーペそのもの。これまでのオープンカーとは一線を画すスタイルがロードスターRFの魅力だ。

 ただ、ソフトトップのロードスターと比べると、約75万円高いRF。果たしてその価値はあるのか? 

 本記事では、現ロードスター“ソフトトップ”オーナーが動画を交えて検証する。

 文:WEBベストカー編集部/写真:西尾タクト


個性的なハードトップ、“世界最速レベルの開閉スピード”は本当か?

 ■開閉スピードは約13秒!

 オープンカーの魅力は何といっても、屋根を開けた時の解放感。

 風を感じながら軽快にワインディングを走るもよし、メイン写真のように都会のど真ん中で普段なら運転中に見上げることができないスカイツリーを楽しむもよし。どちらもロードスターの“得意分野”だ。

 さて、ロードスターに追加されたRF。肝となる電動ルーフの使い勝手は幌と比べてどうなのか? さっそく試してみた。

 注目の開閉タイムは約13秒! このタイム速いのか? 遅いのか? ズバリ、電動ルーフ車のなかでは“かなり速い”。

 ■RF、電動ルーフのここが○

 一般的な電動ルーフ車だとルーフの開閉にかかるタイムは20秒前後。スタイルと開閉時間の早さをこれだけ両立しているのは「お見事!」のひと言だ。

 開閉方法もボタンワンタッチでとてもわかりやすい。RFは間違いなく電動ルーフのなかでは世界トップレベルの使い勝手を持っている。

 加えて、室内の遮音性がソフトトップより優れているのもポイント。ソフトトップは特に100km/h程度で高速道路を走ると、かなり走行音が気になる。

 その点、RFは「ラジオの音声を問題なく聞き取れる」レベルなので、“屋根を閉めている時も快適に走りたい派”ならRFがオススメ。

 ■RF、電動ルーフのここが×

 とはいえ、手動の幌を持つロードスター・ソフトトップの実力は伊達じゃない。

 筆者はこれまでロードスターの幌の開閉を、それこそ何百回と行ってきたが、5秒もあれば無理なく開閉できてしまう。

 「開く」アクションこそ小柄な人の場合、少し身を乗り出すのできつい体勢になるが、「閉じる」アクションはワンタッチで楽々。手動ながら幌の開閉操作に力が要らないのも魅力だ。

 「それなら幌で充分じゃない?」と思うなら、ソフトトップを買ったほうが後悔は少ないだろう。

高さ634mを誇る東京スカイツリー。こんな絶景が味わえるのもオープンエアならではの特権だ。

日本向けモデルに初搭載の2Lエンジンはどうだ?

 ■2Lのエンジンサウンド

 個性的なルーフと並んでRFの大きな特徴は、2Lエンジンを搭載している点。

 まずはそのエンジン音をお聞きいただこう。

 室内で感じる音は、エンジン音を増幅させるインダクションサウンドエンハンサーの効果もあって「1.5Lエンジンより低くて太い」印象。

 対して上記の装置がない1.5Lエンジンは、もう少し高めで軽快なエンジンサウンドという印象だ。皆さんはどっちが好み?

 ■気になる実燃費は?

 今回距離約40km、首都高を7割、頻繁にストップ&ゴーがある一般道を約3割という割合で燃費を計測してみた。

 気になる結果は、18.2km/L。カタログ燃費を上回る優秀な数値を記録した。

 実際に乗ってみると、筆者の愛車「S」と比べ、100kg程度重くなっていることもあり、パワーはそれほど感じない。

 しかし、2000〜3000回転ほどの日常でもよく使う領域でトルクの厚みを感じ、全域で扱いやすさが増している印象だ。

 オープンカーを所有していても、実際に屋根を開ける機会はそれほど多くないのが現実。

 今回、試乗して最も実感したのは、屋根を開けても閉めても快適にゆったりと走れ、オープンカーを手軽に楽しめるというロードスターRFのキャラクターだ。

 あとは、ソフトトップと比べると高い価格に満足できるかどうか? というのが、ロードスターRF購入のポイントになるのではないだろうか。

ロードスターRF(RS) 

  • 全長×全幅×全高:3915×1735×1245mm
  • ホイールベース:2310mm
  • 車重:1100kg
  • エンジン:1997cc直4DOHC
  • 最高出力:158ps/6000rpm
  • 最大トルク:20.4kgm/4600rpm
  • タイヤサイズ:205/45R17
  • JC08モード燃費:15.6km/L
  • 価格:373万6800円

ロードスター(S)

  • 全長×全幅×全高:3915×1735×1235mm
  • ホイールベース:2310mm
  • 車重:990kg
  • エンジン:1496cc直4DOHC
  • 最高出力:131ps/7000rpm
  • 最大トルク:15.3kgm/4800rpm
  • タイヤサイズ:195/50R16
  • JC08モード燃費:17.2km/L
  • 価格:249万4800円

最新号

ベストカー最新号

【2021年新型Z登場!!】日産怒涛の新車戦略|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、日産が2023年度までに国内投入する新型車10モデル最新情報ををお届け。  そのほか、2Lエンジン搭載カローラ、レクサスLCコンバーチブル、プジョー208など注目車種の情報から、2020年1/2ベ…

カタログ