レクサス最強ミニバン降臨! 新型LM 価格はまさかの2200万円超!!?


 史上最高級ミニバンの価格が判明!! 人気上級ミニバン「トヨタ アルファード」を、さらに高級に仕立てた「レクサス LM」。中国仕様の価格と日本導入の可能性は?

 レクサスが2019年4月の中国・上海モーターショーで世界初披露した「LM(プロトタイプ)」は、他の高級車ブランドが未開拓といえる新ジャンル「高級ミニバン」ということもあり、大きな話題となった。

 そのLMが、いよいよ市場投入される。2020年1月15日、中国で正式に発表された。

 ここまで明らかになっていなかった価格は衝撃の2000万円超!! 超高級ミニバンの日本導入は果たしてあり得るのか!?

文:大音安弘
写真:LEXUS、TOYOTA

【画像ギャラリー】まさに走る応接室!? 新型 LMの豪華すぎる内外装をアルファードと比較!!


新型LM 超豪華仕様4人乗りは2290万円!!

中国仕様のレクサスLM。アルファードをベースとしつつ、内外装は大きく差別化されている

 レクサスLMは、アルファードなどの高級ミニバン市場の拡大、アジア地区での大型のショーファードリブン需要を狙い、開発された世界的にも稀有なラグジュアリーミニバンだ。

 中国での発表によると、レクサスLM 300hは、2020年2月24日より正式な発売開始となる。仕様は2種類設定される。

 まず、7人乗りのベース仕様車と、4人乗りのロイヤルエディションを設定。300hの名が示すように、全車ハイブリッドモデルとなる。

 注目の販売価格は「標準車」が116万6000元。「ロイヤルエディション」が146万6000元。日本円換算(※)だと、標準車で約1820万円。ロイヤルエディションに至っては、なんと約2290万円という超高級車なのだ。

 ちなみにフラッグシップセダンであるLSの現地価格は、81万1000元~117万2000元というから、如何にLMが特別な存在であるかが分かる。

(※1元を15.64円換算)

LMはスピンドルグリル化でアルファードも真っ青のド迫力!!

新型LMのサイドビュー。ウィンドウ周りの意匠が異なるほか、フロントオーバーハングはアルファードより延長されている様子がわかる

 スタイリングからは、アルファードがベースであることは容易に想像できるが、フロントマスクは、レクサスのアイコンである「スピンドルグリル」を採用した力強いマスクとなっており、ヘッドライトデザインも、シャープなL字型デイライトが印象的な専用デザインのものに改められている。

 サイドビューは、メッキアクセントやアルミホイールなどが専用デザインになるほか、リアビューも、テールランプのサイド処理にアルファードの面影を残すが、左右一体となるセンターガーニッシュ付きの専用品となる。

 また、LMの詳細なスペックについては明かされていない。しかし、上海モーターショーで展示されたプロトタイプのデータによれば、ボディサイズは全長5040mm×全幅1850mm×全高1945mm。

 ホイールベースは3000mmとなっており、見た目だけでなく、スペックでもアルファードがベースになっていることが分かる。

 アルファードの全長は、全て5m以下ではあるが、前後のオーバーハングが拡大されており、サイズアップはデザイン処理によるものだ。

次ページは : ベースはロイヤルラウンジ!? 贅を尽くした圧巻のリアシート