新型ヤリスクロス世界初公開&今秋日本発売決定!!

噂の「B-SUV」が急遽公開! 車名はヤリスクロスで決定

 噂の大物SUVが突如としてベールを脱いだ!!

 トヨタは日本時間4月23日19時、Bセグメントクラスの新型SUVを、急遽世界初公開。これまで「B-SUV」と呼ばれていた同車の車名を「ヤリスクロス」とすることも明らかとなった。

【画像】(全18枚!)新型ヤリスクロス 公開された全写真を徹底解剖

新型ヤリスクロス ハイブリッド。ヤリスとは一線を画す迫力あるフォルムを纏う

 これには多くのメディアも色めきだった。というのも、このタイミングでの公開は完全なサプライズだったからだ。

 欧州トヨタは、当初「B-SUV」の世界初公開をジュネーブモーターショーで予定していたが、新型コロナウイルスの影響によるショーの中止によって、同車のお披露目は白紙となっていた。

 ちなみに、もともとの呼称だったB-SUVは、“欧州BセグメントクラスのSUV”を意味する。国産車でいえば、トヨタのヤリスやホンダ フィット、また同車をベースとしたSUVのヴェゼルなどが該当する、日本でも人気の高いコンパクトカークラスの車格だ。

フェンダーアーチが特長のリアフォルム。全長4180×全幅1765×全高1560mm、ホイールベースは2560mm

 さて、急遽初公開された新型ヤリスクロスの外観をじっくり見ると、ヤリスの名こそ付くものの、単にヤリスをクロスオーバー仕立てにしたのではなく、RAV4を思わせるような迫力ある、SUVらしいフォルムでなかなかの本格派。

 ヤリスと同じ小型車用の新世代TNGAプラットフォーム(GA-B)を採用しながら、ボディサイズも全長4180×全幅1765×全高1560mmと、ヤリスよりやや長く、そしてワイドな3ナンバーボディに。また、クロスオーバーの本領である最低地上高もヤリス比で30mm高められている。

 ちなみに、ヤリスクロスのサイズは、ホンダ ヴェゼルの全長(4330mm)よりやや短く、全幅(1770mm)は同等。身内のトヨタ車ではライズとC-HRのちょうど中間に位置し、両車の間を埋めるポジションとなる。

日本発売は2020年秋! ヤリス同様ハイブリッドもラインナップ

 注目のパワートレーンは、ヤリスと同様で、1.5Lのガソリンエンジン車と1.5Lのハイブリッドの2タイプ。また、駆動方式はガソリン/ハイブリッドともに前輪駆動のFFと4WDをラインナップする。

 ハイブリッド車には後輪をモーターで駆動する4WDの「E-Four」が設定される。

新型ヤリス 日本仕様の内装。デザインの基本部分はヤリスと共通の意匠といえる

 内装の基本的な意匠は、ヤリスなど最新のトヨタ車と近いイメージでシックにまとめられている。

 全長4m未満とひと回り小さいヤリスは、前席優先のイメージが強かったが、それよりやや大きい新型ヤリスクロスは、後席の居住性や荷室をどの程度確保してるのか?

 現段階では判断できないが、日本でのライバルとなるホンダ ヴェゼルとの比較も含めて今後の注目ポイントといえよう。

新型ヤリスクロス 日本仕様の室内

 日本では、今まさにトヨタのライズやホンダのヴェゼルなどコンパクトなSUVが人気を集めているとあって、大きな期待が集まる新型ヤリスクロス。

 その発売時期について、トヨタは欧州市場へ2021年半ばに投入することをアナウンスしたほか、なんと「日本では2020年秋発売を予定しています」と日本でも年内に発売されることが明らかとなった。

 注目の価格については未発表ながら、新型ヤリスクロスは人気モデルの素質充分。間違いなく今年随一の大物新車となりそうだ。

ヤリス、GRヤリスに続く、ヤリスクロスの投入で、ヤリスファミリーのラインナップはさらに拡充

【画像】(全18枚!)新型ヤリスクロス 公開された全写真を徹底解剖

写真:TOYOTA

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ