唯一の後輪駆動ランボのウラカンEVO RWDに待望のスパイダー追加


 ハイパワーを御するため、4WDが基本となる最新型ランボルギーニだが、唯一ウラカンには、後輪駆動による軽快な走りを楽しめるRWD仕様が用意されている。

 最新世代のウラカンとなるEVOのRWDに、オープンモデルである「スパイダー」が追加された。

 オープンエアによる刺激溢れる後輪駆動の最新ランボの情報をお届けしよう。

文:大音 安弘、写真:アウトモビリ・ランボルギーニ

【画像ギャラリー】風や音と戯れるスーパーカー!ランボルギーニ ウラカンEVO RWDスパイダー


ウラカンに新たなオープンモデルを追加

 アウトモビリ・ランボルギーニは、2020年5月7日、主力モデルであるウラカンのオープンモデルに、「ウラカンEVO RWDスパイダー」を追加することを発表した。

 日本での価格は、2919万3599円(税込)を予定。生産車のデリバリーは、2020年の夏頃からとなる見込みだ。

ランボルギーニの新オープンモデル「ウカランEVO RWD スパイダー」が発表された

最新ランボ唯一!! 後輪駆動仕様のオープンカー

 最新型となるウラカンEVOには、4WD仕様に加え、後輪駆動車となる「RWD(Rear-Wheel Drive)」を設定する。そのRWDの新たなバリエーションとして、オープンモデルのスパイダーが加わった。

 スパイダーのスタイリングは、クローズドボディとなるクーペの流麗なスタイルを最大限活かし、刺激と優雅さを兼ね備えたものに仕上げられた。ルーフを取り去りながらも、エアロパーツの追加は行われていないのも大きな特徴である。

 ただ他のウラカンとの差別化をはかるため、前後バンパーの意匠を変更。フロント部は、エアインテーク内部に、新たなフロントスプリッターとバーティカルフィンを採用。ハイグロスペイントを取り入れたリアバンパーには、専用デザインのディフューザーを組み込んでいる。

独自のリヤディフューザーの形状であるため、一目でRWDスパイダーであることを確認できる

次ページは : 優雅なスタイリングと実用性を兼ね備えた電動ソフトトップ

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ