新型クラウン誌上カタログ どこよりも早く詳しく掴んだ情報全公開!!


 本誌ベストカーでは、2018年2月(1月という情報もあり)に正式デビューする15代目Newクラウンの誌上カタログを展開しました。

 え? なんでまだ発売していないクルマのカタログが作れるの?? とお思いの皆さま、そのとおりです。

 それらしく見せてはいますが、もちろん、すべて先行キャッチした情報をもとにした「予想」であります。ただ発売は9カ月も先。作っている人だって全部わかっているわけではないはず。

 そして新型クラウンが力の入ったクルマになることは間違いありません。

 TNGA(トヨタ渾身の多領域にわたる新開発技術/トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)のシャシー、エンジンを採用し、走りは欧州プレミアムブランドに真っ向から対抗できるレベルに仕上げられるといます。本当か? 

 そんな急にうまくいくか? そんな疑念と期待が入り交じる、新情報満載企画です。

文:ベストカー編集部 スクープ班
ベストカー2017年7月10日号


■目指したのは欧州プレミアムセダンを超える走りの実力

 もっといいクルマをつくろうよ――。トヨタ長年の取り組みを具現化したのがNEWクラウンです。日本の高級車は快適だけど、走りに感動がない。

 ここ数世代のクラウンは、開発陣に漏れ聞こえるそんな評価を覆すべく持てる技術を惜しみなく投入してきました。

 そして、その完成形が15代目のこのクラウン。ついに欧州プレミアムブランドと真っ向から「走りの実力」を競い合うクルマが完成しました。

クラウン

■V6を廃止する歴史的転換

 NEWクラウンはアスリートもロイヤルも直列4気筒エンジン(2.0直噴ターボ&2.5ハイブリッド)を搭載します。クラウンの長い歴史のなかで6気筒エンジンを設定しないのは初代以来。

 しかし、徹底的に性能を磨き上げ、効率を追求した結果、6気筒以上の上質さとパフォーマンスを確保しています。

 また、クラウン伝統の6気筒エンジンは遅れて発売となるNEWクラウンマジェスタに受け継がれます。

クラウンのエンジンはどう進化するのか

次ページは : ■新開発ダイナミックフォースエンジン搭載

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ