スバルSTIより「最強の座」を狙うコンプリートカー情報をキャッチ!! スバリストたちよ、準備せよ!!

 スバルは今秋にも、WRX STIのチューニングバージョン「S208」(コンプリートカーとして限定発売)発表を予定している。

 本企画ではその情報の詳細と、さらにその先にある強烈な「隠しダマ」の開発についてお伝えしたい。

文:ベストカー編集部
ベストカー2017年7月26日号


■330psでこの秋に登場するコンプリートカー

 現在市販2Lエンジン最強はメルセデスベンツのAMG45系に搭載されるM133型ユニットで、ターボによって過給された最高出力は実に381ps。

 最大トルクは48.4kgmを発揮する。2番手はボルボS60/V60ポールスターに搭載されるターボ+スーパーチャージャーエンジンで、こちらは367ps/47.9kgmというスペック。

 日本車ではWRX STIをベースとしたSTIのコンプリートカーS207の328ps/44.0kgm、今夏登場予定の新型シビックタイプRが320psにパワーアップするといわれているが、それにしてもベンツ、ボルボの2L過給エンジンには及ばない。

 2L過給エンジンといえば日本車のお家芸とも言える領域だ。ラリーを戦うランエボ vs インプレッサの激闘で磨きをかけてきた実績がある。

 現在ワンツーをいくベンツ、ボルボともにカタログモデルとはいうものの、純粋な〝吊るし〟ではなく、それぞれAMG、ポールスターというメーカー直系ワークスの手によるチューニングで圧倒的なパフォーマンスを追求しているという点にも注目したい。

 ここで立ち上がったのがスバルワークスのSTIだ。

 ご存じ正式名称「スバル・テクニカ・インターナショナル」社はスバル直属のモータースポーツ部門で、モータースポーツ車両の開発とともに、そこから得たノウハウを投入した質の高いチューニングカー、コンプリートカーの開発、販売をしている。

 前述のS207は現時点でSTIがリリースしたコンプリートカーの最新モデルだが、実は今秋にも「S208」が投入されることが確実視されている。

「S208」今秋発売予定。限定300台なのでこちらも即日完売必至の一台

 ここで少し、今秋登場予定のスバル「S208」について紹介しておきたい。

 STIは定期的に、カタログモデルであるWRX STIのチューニングバージョンを発売している。直近では2015年に限定400台で発売された「S207」が印象的だ。

 EJ20エンジンを手組みでリファインしてベース比20%アップの328psまで引き上げられ、足回りもフロントダンパーにビルシュタイン製ダンプマチックIIを早着、等長等爆エキゾーストや専用ECUを搭載し、発売日には即日完売するほどの人気ぶりだった。

 2017年の秋(おそらく東京モーターショーに展示、発表)にお披露目される「S208」はこの進化版となる。

 最高出力330ps/最大トルク44.0kgm、価格は600万〜650万円で、限定台数はS207の400台より100台少ない300台となりそう。

 このS208はS207の正常進化版という位置付けで、エンジンスペックも大幅向上には至らず、2psアップの330ps程度にとどまるといわれている。

■設立30周年に向けて、着々と開発は進んでいるという

 今回お伝えしたいのは、その「S208」に加えてさらなる隠しダマが用意されている、という情報だ。

 これこそがタイトル通りの〝最強の座〟を狙う一台で、EJ20エンジンの許容限界いっぱいの最高出力360〜380ps、最大トルク48.5kgmを絞り出すという。

ネーミングは「S209」とも伝えられているが、もっとオーソドックスな名前となる可能性もある

 STIは来年4月に設立30周年を迎える。このメモリアルに技術の集大成とも言える究極のコンプリートカーを開発しているというのだ。

 1998年にWRCタイトル獲得を記念して400台限定販売された「22B STiバージョン」の再来とも言えるスーパーバージョンとして開発されているという。

’98年3月、WRC3連覇を達成したWRカーのイメージを再現したワイドフェンダーの22Bを400台限定販売。エンジンは2.2ℓ、自主規制の280㎰ながら最大トルク37.0kgmを3200rpmで発揮した

 STIの歴史はEJ20エンジン進化の歴史と言っても過言ではない。EJ20のいいところも弱点も知り尽くしたSTIの開発ノウハウをすべて投入した究極のEJ20はまさに珠玉のエンジンといってもいいだろう。

 もちろん、このパフォーマンスを受け止めるシャシーについても、ニュル24時間レースなどから得たSTIの知見をフルに投入する。

 価格は700万円を超えると見られるが、それでも最強の価値ある1台となる。

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ