新型プジョー208&「e-208」発売!! ガチEVを引き連れて日本上陸!!

 グループPSAジャパンは2020年7月2日、プジョーブランドのBセグメントコンパクトカー、プジョー新型「208」、およびピュアEVの「e-208」の発売を開始した。

 今回は、日産「リーフ」やこれから登場するホンダ「ホンダe」のライバルとなりうる、注目車を紹介したい。

文/編集部
写真/PEUGEOT

【画像ギャラリー】EVが追加された注目モデル! プジョー208の詳細をチェック!!


■プジョー肝いりのEVモデル投入! ガソリンモデルも大幅進化

 2代目となるプジョー「208」は、8年ぶりのフルモデルチェンジが行われたプジョーのコンパクトカーだ。

 最大の特徴は、フル電気自動車の「e-208」を追加した点にある。心臓部となる電動モーターは最高出力136ps、最大トルク26.5kgmを発揮し、駆動用バッテリーは容量50kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載している。一充電の走行距離は340km(欧州のWLTPモード)となっている。

右手前が「208」、左奥が「e-208」。このクラスにEVを投入することにプジョーの意気込みを感じる
「フューチャリスティック&ヤング」というキーワードを基にデザインされた新型「208 & e-208」

 コンセント型普通充電(3kW/200V)、ウオールボックス型普通充電(6kW/200V)の加え、CHAdeMO(50kW)の急速充電に対応。コンセント型は満充電まで18時間かかるが、50km程度の航続距離程度であれば3~4時間で充電可能となっている。急速充電の場合は約50分で80%充電が可能になる。

コンセント型普通充電、ウオールボックス型普通充電、CHAdeMO(50kW)急速充電に対応

 またシーンに合わせてドライビングモードも選べるようになっており、スポーツ(パフォーマンス重視)、ノーマル(バランス重視)、エコ(航続距離重視)の3つ設定される。ブレーキは、ガソリン車と近いフィーリングの回生ブレーキがかかるノーマル、そしてより強い回生ブレーキがかかるBモードを用意。Bモードではより多くのエネルギーをバッテリーに再充電できるようになっている。

ガソリン車と近いフィーリングの回生ブレーキがかかるノーマルと、そしてより強い回生ブレーキがかかるBモードを選択できる

 このほか、e-208にはスマホのアプリを利用した「リモートコントロール」というEVならではの機能を全車標準で搭載。これはスマホアプリの操作により、充電のオンオフや充電状況の確認ができる「リモートチャージング」、また遠隔で車室内のエアコンの動作予約をする「プリコンディショニング」の操作ができるもので、より快適にEVと付き合うことができるようになる。

 一方、ガソリンモデルの208は、インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで2015年の登場以来5年連続で選出された、定評のあるピュアテック1.2L直列3気筒ターボエンジン(最高出力100ps、最大トルク20.9kgm)と、コンパクトカーとしては高性能な8速ATのEAT8と組み合わせて搭載している。燃費性能は、JC08モードで19.5km/L。

 今回一新された208&e-208では、グループPSAのB・Cセグメント用最新プラットフォーム「CMP」が採用されている。このプラットフォームは従来比30kgの軽量化と、空力抵抗と静粛性の改善に大きく貢献している。

最新プラットフォーム「CMP」が採用した新型208。総体積約220Lのバッテリーユニットは前席座面下、後席座面下、センターコンソールなどに重量配分を考えて巧みに格納されている

■スタイリングだけでなく 先進安全装備も抜かりなし

 新型208は「フューチャリスティック&ヤング」というキーワードを基にデザインされており、ワイド&ローなスタイルに進化。サイズは全長4095×全幅1745×全高1445mm(GTラインは1465mm)、ホイールベースは2540mm。これは従来型に対して全長プラス120mm、全幅プラス5mm、全高マイナス25mm、ホイールベースは同等というサイズになる。

よりワイドに、より低く生まれ変わった208だが、そのサイズ感は日本にフィットする

 フロントエンドは、ひと目でプジョーとわかるライオンの3本爪をイメージしたフルLEDヘッドライトや、下方に伸びるデイタイムランニングライトが特徴の力強さを感じさせるデザインに。リアエンドもトランクリッド幅いっぱいのブラックバンドが走り、三本爪をモチーフとしたテールライトが内蔵され、安定を感じさせるスタイリングとなっている。

 この大胆なデザインは、2015年フランクフルトモーターショーにてワールドプレミアされた「プジョー・フラクタル・コンセプト」にインスパイアされたものだそうだ。

3本爪をイメージしたフルLEDヘッドライトと、下方に伸びるデイタイムランニングライトが特徴
2015年フランクフルトモーターショーでワールドプレミアされた「プジョー・フラクタル・コンセプト」

 インテリアでは、プジョーのi-コックピットの新世代バージョンとして3次元表示となった「3D i-コックピット」が採用されている。この3次元表示では、手前の一層目に重要かつ安全に関する情報、二層目にそれらに準ずる情報が表示される。このシステムにより、ドライバーは情報に対して約0.5秒ほど反応時間を短縮する効果があるという。

 またセンターコンソール上部には7インチのスクリーンが配置され、空調・オーディオ、ナビ、車両設定などをおこなうことができる。

3次元表示となった「3D i-コックピット」。すべての情報を見やすくなるように設計されている
シートは「GTライン」にホールド性の高いダイナミックシートを装備。「アリュール」には長時間ドライブでも疲れにくいコンフォートシートを設定している

 e-208は、ボディに合わせて塗装されるラジエターグリルと、ライオンマークの色調が見る角度によって変化する「ダイクロイックライオン」、リアハッチのe-208バッジとCピラー部分の「e」マークが、ガソリンモデルとの違いになる。

 先進運転支援機能(ADAS)も充実。フラッグシップの508に搭載されている最新世代のアクティブセーフティブレーキやストップ&ゴー機能付きアクティブ・クルーズ・コントロール、レーンポジショニングアシスト、レーンキープアシストなど標準装備される(グレードによりオプション)。

 車両価格(消費税込)は、1.2L直列3気筒ターボエンジン搭載のガソリンモデル「新型208」が、「208スタイル」:239万9000円、「208アリュール」:259万9000円、「208GTライン」:293万円。ピュアEVの「新型e-208」が、「e-208アリュール」:389万9000円、「e-208GTライン」:423万円となる。

【画像ギャラリー】EVが追加された注目モデル! プジョー208の詳細をチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ