新型レクサスGX、武骨でタフな本格派SUVをぜひ日本で売ってくれ!!

 世界的な高級SUVが続々と投入される日本市場だが、意外にもジャパンブランドであるレクサスに、もう1台だけ日本未導入のモデルが存在するのをご存知だろうか。それがフルサイズSUV「GX」だ。

 目新しいモデルではないものの、2019秋投入の2020年モデルは、フロントグリルがアップデートされたことで、より精悍なマスクのSUVに変身。より気になる存在となってきた。今回は、日本未導入の気になるレクサスのSUV「GX」に迫る!

文/大音安弘
写真/LEXUS、TOYOTA

【画像ギャラリー】サイズ感は日本市場でも魅力的! 高い悪路走破性も備えたラグジュアリーSUV「GX」をチェック!!


■唯一国内未導入のレクサス

 ブランドエントリーのクロスオーバーモデル「UX」の導入で、完成されたかのように見える日本のレクサスSUVラインアップだが、海外向けSUV「GX」は、未導入のままだ。

 そのポジションは、ミッドサイズクロスオーバーSUV「RX」とフルサイズボディを持つフラッグシップSUV「LX」の中間に位置するものだが、コンパクトクロスオーバー「UX」、コンパクトSUV「NX」、ミッドサイズSUV「RX」のモノコックボディを持つクロスオーバー系モデルと異なり、フラッグシップ「LX」と同じくラダーフレームを備える本格派なのだ。それもそのはずで「GX」は、「ランドクルーザープラド」がベースとなっている。ただ質実剛健のプラドとの大きな違いは、GXが、豪華絢爛な作りとなることだ。

2009年9月に発売された4代目「ランドクルーザープラド」をベースにした兄弟車レクサス「GX」(2020年モデル)。レクサスのSUVラインナップでは、「RX」と「LX」の中間に位置するミッドサイズSUV
レクサスが誇るフラッグシップSUV「LX」。全長5080×全幅1980×全高1910mm、ホイールベース2850mm。日本での価格は1135万6481円
こちらがベースとなった「ランドクルーザープラド」。やや小型ながら200系ランクル譲りの本格派

 第2世代となる現行型「GX460」は、2009年にデビュー。その名が示すように、ガソリン仕様の4.6LのV8DOHCエンジンを搭載。さらにレクサスのデザインフィロソフィーに沿ったエクステリアデザインと内装のリファインを加えることで高級車へと進化している。

 デビュー時は、まだ大人しいフロントマスクデザインであったが、2013年の改良モデルから、レクサスの新しいアイコンとなったフロントグリル「スピンドルグリル」を採用。徐々に、アグレッシブなスタイルを強めていく。最新となる2020年モデルでは、そのフロントマスクに化粧直しが加えられた。

■新世代スピンドルグリルを備える最新型

 2019年10月に投入された2020年モデルは、スピンドルグリルのリフレッシュが最大のトピックだ。すでにスピンドルグリルを採用していたが、2019年モデルまでは、スピンドルグリル内が横基調ルーバーデザインだったのに対して、最新型では、LSやLCなどでお馴染みの複雑な折り目で構成されるメッシュデザインに変更。如何にも”レクサス”という顔つきになった。

 そのほかの改良点は、LEDヘッドライトや先進安全運転支援機能「Lexus Safety System+」の標準化などの機能の向上が中心のようだ。

 最新型のスペックを見ていくと、ボディサイズは、全長4879×全幅1884×全高1884mmとプラドと比べ、わずかに全長が長い程度。これは前後マスク違いの影響だろう。パワーユニットは、プラドと異なり、兄貴分のランクル譲りの4.6L V8DOHCエンジンを搭載し、6速ATを組み合わせる。

 ただし、ランクル仕様とはスペックが少々異なり、最高出力が301hp(305.2ps)、最大トルクが446Nm(45.5kgm)とわずかにデチューンされる。これは燃料の違いのようで、ランクルがハイオク仕様であるのに対して、GXがオクタン価91のレギュラーガソリンに近い燃料に対応しているためだ。

プラドにはない4.6L V型8気筒ガソリンエンジンを搭載

 4WDシステムも、プラド同様のものを装備。上位グレード「ラグジュアリー」には、プラドの最上級グレード「TZ-G」の電子制御エアサスペンションや調節可能なスタビライザーを備える「KDSS(キネティック・ダイナミック・サスペンション・システム)」などの足まわりの機能が追加される。

 インテリアに目を向けると、ダッシュボードデザインが専用デザインに。インフォテイメントシステムの標準化。4WDシステムの操作ボタンの配置も異なる。最大の違いは、パーキングブレーキで、プラドのハンドタイプではなく、フット式に変更している点だ。シートレイアウトも3列7人乗り仕様を基本とするが、オプションで2列目キャプテンシートが選べるなどの違いがある。

GXのインテリア。プラドはハンドタイプのサイドブレーキを採用するが、GXではフット式に変更されている

■本格SUV好きに最適

 価格は、5万3000~6万4265ドルで、価格的にもRXよりも上位となる。日本円換算(1ドル=107.2円)すると、約568.2万円~約688.9万円で、やはりプラドよりも高価だ。日本でレクサスの本格SUVだと、LXに限定されるが、あちらは1000万円クラス。もし日本に導入した場合、RXの価格帯が513万~796万円であることを考慮して、700万円前後の価格設定にしても、ニーズはありそうに思えるのだが……。

 最後にGXのユニークな一面も紹介したい。それが2019年7月に発表されたコンセプトカー「GXORコンセプト」だ。オフロード走行を含めたクルマ旅が楽しめるように、GXをベースに、様々なアウトドアアイテムとオフロード走破性を高める各部のアップデートを加えたモデルだ。なんとGXの後部にはキャンピングトレーラーまで接続される。まさに大人の男が挑む週末の冒険に相応しい一台だ。

サファリ・シュノーケルやウィンチまで装着した本格オフロード走行をこなすコンセプトカー「GXORコンセプト」。レクサスという高級車ブランドのイメージとは違う、本格的な仕様となってる

 ラグジュアリーを前面に打ち出すレクサスとしては異色の存在だが、本格派SUVであるGXの可能性を示す魅力的な存在だ。この仕様のままで販売されたら、意外売れそう。その実力は、GCORコンセプトの公式動画で確認できる。

【画像ギャラリー】サイズ感は日本市場でも魅力的! 高い悪路走破性も備えたラグジュアリーSUV「GX」をチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ