紫外線が強くなると深刻に! 車検が通らなくなるヘッドライトの白ボケ なぜそうなる!? どう解消!?

 これから梅雨が明け夏真っ盛りになると、気になるのは紫外線。人間も紫外線によるダメージを気にするように、クルマにとっても紫外線は天敵だ。特に、ガレージではなく、青空駐車をしている人にとっては重大な問題だ。

 黒い樹脂部品の表面は白化するし、ヘッドライトは白濁や黄変を起こす。ヘッドライトは保安部品であり、その性能いかんで安全に走れなくなるかもしれない重要な部品だ。

 そんなヘッドライトは、白濁や黄変を起こすと光量が大きく減り、車検も通らないケースもあるという。それは非常に困る……。今回はそんな重要なヘッドライトが白濁や黄変してしまった時に、元に戻すにはどのような方法があるのか? このような問題が生まれてきた背景とともに紹介していきたい。

文/諸星陽一
写真/Adobe Stock(Jiggo_Putter@Adobe Stock)、RENAULT

画像ギャラリー】ポリカーボネートの強みを生かす こだわりすぎた形状のヘッドライトを採用したクルマたち


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ