N-ONE 次期型登場半年前に生産終了 復活への活路はあるか?

 2020年3月にホンダ「N-ONE」が生産終了となった。すでに公式HPにも次期型が2020年秋に登場することがアナウンスされているが、販売面ではNシリーズのなかでは苦戦をしていた。

N-ONEの2020年3月までの販売台数。N-BOXと比較するとその差がいかに大きいかがわかる

 顔つきなどはハスラーなどと近いファニーフェイスで、女性受けもよさそうだったが、なぜ苦戦を強いられることになったのか? その理由を自動車評論家の渡辺陽一郎氏が解説。

 また、新型が登場するにあたり、同じ轍を踏まないようにするにはどうすべきか、新型への期待についても触れていく。

文/渡辺陽一郎
写真/HONDA、編集部

【画像ギャラリー】次期型はどんな姿に!? 似てるようで似てないN-ONE カフェレーサー・コンセプトと現行型徹底比較


■圧倒的人気を誇る長男「N-BOX」 苦戦の次男「N-ONE」

 2019年度(2019年4月から2020年3月)に、国内で新車として売られたホンダ車の内、軽自動車の比率は52%に達した。国内全体の軽自動車比率は37%だから、今のホンダは軽自動車比率の高いメーカーになっている。2010年におけるホンダの軽自動車比率は25%だったから、約10年間で比率は2倍に増えた。

 ホンダの軽自動車比率が高まった切っかけは、2011年末に発売された先代「N-BOX」の大ヒットであった。好調に売れて、N-BOXの次には、2012年に「Nシリーズ」として「N-ONE」を加えている。2013年には「N-WGN」も発売され、売れ行きを伸ばした。

2012年発売され、2020年3月で一旦生産終了となった「N-ONE」。販売は停滞気味だったが、親しみやすく、レトロモダンなルックスが特徴的だ

 このN-BOX/N-ONE/N-WGNのなかで、N-ONEは売れ行きが伸び悩んだ。先代N-BOXは発売の翌年に1カ月平均で1万7596台、先代N-WGNも1万2226台を届け出したが、N-ONEは8965台であった。

2011年に発馬された初代「N-BOX」。ホンダ初のスーパートール軽ワゴン車として登場したが、瞬く間に人気車へと昇りつめた
2代目(現行)「N-BOX」。2017年8月に登場して以来、販売台数で負けたのは、2019年11月のたった1カ月のみ。それ以外の月は軽自動車、登録車も含めて車名別販売台数トップに君臨し続けている

 新型車とされた発売の翌年でも、1カ月平均の届け出台数が1万台を下まわる。そして2015年の1カ月平均は1902台、2017年は1088台、2019年は1289台だ。2019年は少し増えたが、N-BOXやN-WGNに比べると大幅に少ない。

 この届け出台数は、メーカーにとって悩ましい。アクティトラックは同程度の販売実績で、2021年6月に生産を終えるが、商用車だからプラットフォームは独自の設計だ。1カ月平均の届け出台数が1500台程度では完全に成り立たない。

 しかしN-ONEは、N-BOXやN-WGNと基本部分を共通化している。コストを抑えやすく、控え目な台数でも成立させやすい。そこでN-ONEは、2020年3月に一度生産を終えて、2020年秋に2代目へフルモデルチェンジすることになった。次期N-ONEでは、エンジンやプラットフォームを現行型のN-BOXやN-WGNと同じタイプに刷新させる。

■販売現場が語る 注目の次期N-ONEの動向

 ホンダカーズ(ホンダの販売店)に今後の動向を尋ねると、以下のような返答だった。

「従来型のN-ONEはすでに生産を終えて、今は販売も中断されている。従来型の発売から7年以上を経過したので、新型への乗り替えを希望するお客様も増えた。なるべく早くフルモデルチェンジして欲しいが、今のところメーカーから何の話も聞いていない」

「通常はフルモデルチェンジなら、3カ月前には何らかの情報が入る。それが現時点(2020年6月下旬時点)ではわからないので、次期N-ONEの正式発売は2020年10月以降になると思う。ただし8月頃に外観の一部を披露するなど、発売に先駆けたティザーキャンペーンを行う可能性はある」

 次期N-ONEを好調に売るには、現行型の欠点を克服して、顧客を引き付ける新たな魅力も備えねばならない。そこでまずは従来型の特徴と、売れ行きが伸び悩んだ理由を考えたい。

■シリーズものだからの悩みも 割り切れなかったN-ONE

 N-ONEのベースになったのは、2011年に発売された先代N-BOXだ。全高は1700mmを上まわり、燃料タンクは前席の下に搭載するので、軽自動車では最大級の室内空間を備えた。大人4名が快適に乗車できて、後席を畳めば自転車も積める。先代N-BOXの広さはインパクトが強く、後席と荷室の使用頻度が低いユーザーも、購買意欲を刺激された。

 先代N-WGNも、先代N-BOXをベースに開発され、後席の下には幅が約1mに達するワイドなトレイを装着した。傘や靴などが収まって使い勝手もいい。

 N-BOXとN-WGNに比べて、N-ONEは魅力がわかりにくかった。それは、一番の特徴がボディスタイルにあったからだ。

 丸型ヘッドランプを装着したフロントマスクは、1967年に発売されたホンダの軽自動車「N360」をモチーフにしている。リヤゲートも微妙に寝かされ、独特の柔和な雰囲気を感じさせた。N360を知っている人なら、外観の意味を理解できたが、知らない世代にはわかりにくいだろう。

1967年に登場した「N360」、通称”Nコロ”。ホンダが量産メーカーへと躍進する転機となったモデルだった

 N-ONEも全高は1600mmを超えるが(のちに1545mmのローダウンも追加した)、後席に座ると、床と座面の間隔が不足してN-WGNよりも窮屈だ。荷室も狭く、N-WGNのような後席下側のトレイも備わらない。背は高いのに、実用性はN-BOXやN-WGNに比べて見劣りした。

 実用的なN-BOXとN-WGNが用意される以上、N-ONEはデザイン重視の個性派モデルに仕上げるべきだった。ちなみにN-ONEのモチーフになったN360のボディサイズは、全長:2995mm、全幅:1295mm、全高:1340mmだ。エンジン排気量が360ccの時代だから、ボディもきわめて小さい。

 このN360の寸法をすべて1.13~1.14倍に拡大すると、全長3395mm×全幅1475×全高1520mmになり、今の軽自動車規格にピッタリ当てはまる。つまりN-ONEの全高を1520mmに抑えて、ボンネットの位置をアルトやミライースと同程度まで下げれば、N360にソックリな「拡大コピー版」の復刻モデルを開発できた。

 ところがこれは無理な要求だった。Nシリーズのエンジンは、有効室内長を拡大するため、補機類の配置まで含めて縦長に設計されたからだ。このエンジンを使って、歩行者保護要件も満たすと、ボンネットの位置が高まってしまう。必然的に天井も持ち上がり、N360をモチーフにしながら、縦長のボディになった。

 余談だが、S660がエンジンをボディの中央に搭載するミッドシップを採用した背景にも、同じ事情がある。S660のために新型エンジンを開発するのは不可能だから、Nシリーズと同じタイプを使う。これをボディの前側に搭載したら、ボンネットが高くなってスポーツカーは開発できない。従ってミッドシップは必然の選択だった。

1996年に販売を終了した「ビート」以来、約19年ぶりに復活した軽規格のミッドシップスポーツカー「S660」。Nシリーズに搭載されているターボエンジンを改良し搭載する

 そして前後長の短い縦長のエンジンは、S660にとって後方視界と重心高では不利に作用したが、前後方向の位置決めについては自由度が広がり、ベストな位置に搭載できた。

 話を戻すと、N-ONEは価格も少し割高だった。Nシリーズの2015年における価格は、先代N-BOX G・Lパッケージが137万円、先代N-WGN G・Lパッケージは124万円、N-ONE G・Lパッケージは129万8000円であった。N-ONEは実用性がいま一歩なのに、価格は高めと受け取られた。

 仮にN-ONEのルーフとボンネットがもっと低く、N360に似ていればデザイン面で特別な価値を訴求できたが、実際は実用性と価格をN-WGNと比較されてしまった。

 今の軽乗用車の売れ方を見ると、N-BOXのような全高が1700mmを上まわるスライドドアを備えた車種が約50%を占める。N-WGNのような全高が1600~1700mmの車種も約35%だから、80%以上が背の高い車種だ。実用性以外の価値を備えた商品企画は成立させにくい。アルトラパンやミラトコットも、1カ月の届け出台数は1400台前後で、現在のN-ONEと大差ない。

■キープコンセプトながら 魅力向上のために抑えたいポイント

 この不利を乗り越えるには、次期N-ONEにはホンダらしい思い切った個性が求められるが、エンジンやプラットフォームは前述の通りN-BOXやN-WGNと同じタイプを使わねばならない。外観を大幅に変えるのは難しく、現行型のN-BOXやN-WGNが先代型に似ているように、次期N-ONEも現行型の外観を踏襲する。

新型N-ONE(予想CG)。見た目こそキープコンセプトながら、中身は2017年登場の現行N-BOXをベースとし、大幅に刷新される
東京オートサロン2020のホンダブースに出展された「N-ONE カフェレーサー・コンセプト」。現行型と比較するとフロントグリルの形状などが明らかに異なる

 そうなると次期N-ONEは、中身を充実させて、N-WGNの上級スペシャルティモデルに位置付けるのが妥当だろう。内装は、軽自動車では上質とされるN-BOX以上に質感を高める。かつてのN-BOXスラッシュのように遮音も入念に行い、ショックアブソーバーの質を高めて乗り心地を向上させる。

 ユーザーの関心が高い安全装備と運転支援機能は、自転車検知機能や電動パーキングブレーキを装着するN-WGNをベースに、さらに向上させたい。アコードなどと同様、後方の並走車両を検知できるブラインドスポットインフォメーション、進行方向を照射するアクティブコーナリングライト、ヘッドアップディスプレイなども求められる。

 このような商品開発を行えば、Nシリーズの個性が際立つ。N-BOXは4名乗車時の快適性や荷室の広さなどの実用性、N-WGNは実用装備の充実と割安な価格に力を入れ、N-ONEは軽自動車で最高水準のメカニズムと装備を目指す。

 このN-ONEの特徴は、デザインモチーフに選んだN360のコンセプトとも合致する。いわばN360の原点回帰を目指すことで、大人気のN-BOXやN-WGNとは違うN-ONEならではの魅力を楽しませて欲しい。

【画像ギャラリー】次期型はどんな姿に!? 似てるようで似てないN-ONE カフェレーサー・コンセプトと現行型徹底比較