日産が新型SUV マグナイトを世界初公開!! インドで年度内投入


 2020年7月16日、日産が新型コンパクトSUV「マグナイトコンセプト」を世界初公開!

 次世代への生き残りをかけて怒涛の新車ラッシュを予告する日産が、フルEV「アリア」に続き、まさかの翌日に、新型車コンセプトを発表に踏み切った。

 それが「NISSAN NEXT」の動画で予告された謎の「M」という新型車のようだ。謎に包まれた日産の新型車の速報をお届けしよう。

文:大音安弘
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】別カットあり!! 初公開動画で明らかになった新型マグナイトの外観をチェック


「M」はBセグSUV「マグナイトコンセプト」と判明!

日産が世界初公開したマグナイトコンセプト。デビューは2020年度内を予定

 2020年7月16日、日産インドは、全く新しいコンパクトSUV「マグナイト」を世界初披露した。このモデルは、「NISSAN NEXT」で、今後18か月以内に投入が予告された12車種の1台である。

 車名のマグナイトは、顧客を惹きつけるデザインと製品属性の強調を込めた「マグネティック」と、日産の新型車がインドの自動車市場の新たな時代の始まりとなる期待を込めた「イグナイト」というふたつの単語を組み合わせた造語だ。

 ボディサイズは4m程度ということなので、キックスの弟分となるモデルだ。スタイリングは、かなりカッコイイ。アグレッシブかつスポーティなテイストで、おそらく若い世代をターゲットとしているのだろう。

 前後にアンダーガード風の装飾とブラックのフェンダーアーチモールを加えることで、SUVらしいタフさを強調する。

 グリルは、Vモーショングリルではなく、ヘキサゴングリルが与えられているのも特徴的だ。そのグリルの中央には、新しい日産エンブレムが輝いており、新生日産のスタートを彩る1台であることが分かる。

日本開発されたインド向けSUV

リアはスッキリしたデザインにまとめられてるが、バンパー付近はSUVらしいゴツゴツ感のあるギミックも

 日産インドから発表されたことから分かるように、生産地はインドで、まずインドで2020年度内に投入することを明らかにしている。

 ただ、開発は、日本を中心で行われたようで、日産インドの関係者は、「インドの顧客のことを考え、日本で設計した」と日本車の技術がしっかりと投入されていることを強調している。

次ページは : ベースは「ルノー・トライバー」!? 日本上陸の可能性は?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ