ランクルプラドが待望のパワーアップ!! 日本車ディーゼル最強スペック!!

 人気SUVのトヨタランドクルーザープラド(以下プラド)が2020年8月3日に一部改良を受け、同時に特別仕様車が追加された。

 現行プラドは2009年にデビュー、プラドとしては4代目で、プラド好きの間では150系と呼ばれている。

 プラドの2020年の上半期(1~6月)の累計阪大台数は8020台(トヨタ公表値:月販平均1336台)とデビューして10年以上が経過するとは思えない堅調な販売をマーク。

 今回の一部改良では、プラドの一番人気であるディーゼルエンジン搭載モデルが改良を受けさらに魅力的になった。その改良の詳細を見ていく。

文:ベストカーWeb編集部/写真:TOYOTA、NISSAN、MAZDA、MITSUBISHI

【画像ギャラリー】プラドが改良で大幅にパワーアップ!! 日本車のクリーンディーゼル搭載車のパワースペック一覧


ディーゼルエンジンがパワーアップ

デビューから10年以上経過しているが販売は安定している。2020年8月の一部改良ではエクステリア、インテリアの変更はなし

 今回の一部改良では、エクステリア、インテリアデザインの変更はない。つまり見た目はマイチェンの前後で変わらない。

 改良の目玉は、ディーゼルエンジンに改良が施されパワーアップしたことだ。

 マイチェン後のプラドに搭載されるディーゼルエンジンは、ターボチャージャーを大型化することでパワーアップを実現している。

 1GD-FTV型、総排気量2754ccの直4DOHCディーゼルターボは、204ps/51.0kgmのスペックとなった。改良前が177ps/45.9kgmだから、実に27ps/5.1kgmもアップしたことになる。

2015年にディーゼルエンジンが復活。それ以降ディーゼルの人気が高く、204ps/51.0kgmへのスペックアップでさらに魅力アップ

 プラドのディーゼルエンジン搭載モデルの車重は2180~2330kgと重量級大型SUVだからその恩恵は大きい。見た目の変更はなくても、心臓部が大きく変わり、走りの進化が期待できる。

 プラドはディーゼル比率が高いため、まさにファン待望の改良と言える。

安全装備が充実

 最近のクルマでは一部改良により安全装備を充実させたりアップデートさせるのは常套手段となっているように、今回の改良ではプラドにも施された。

 プラドにはトヨタの最新安全装備であるToyota Safety Sense(セーフティセンス)が設定されているが、今回の改良でセーフティセンスの機能が向上。

 具体的にはプリクラッシュセーフティの検知範囲を拡大、新たに夜間の歩行者と昼間の自転車運転車にも対応したほか、ヨーアシスト機能付きレーンディパーチャーアラートやロードサインアシスト(RSA)、先行車発進告知機能が全車に標準装備された。

改良前のプラドはセーフティセンスPが設定されていたが、改良により最新のものにアップデートされた。写真はアルファードのリヤクロストラフィックアラート

 グレード別では、トップモデルのTZ-GとTX Lパッケージに駐車場などで後退する際に、左右から接近してくるクルマを検知し、ドアミラー内のインジケーターの点滅とブザーにより注意を喚起するリヤクロストラフィックアラートがオプション設定された。

 オプション価格は、ブラインドスポットモニター(BSM)とセットで6万6000円。

 これらの安全装備の充実&アップデートにより、より安心・安全に運転できる。

そのほかの改良ポイント

 運転に直接関係する装備も新たに追加された。

 トップグレードのTZ-Gに待望のパドルシフトが採用された。これによりステアリングから手を放すことなく指先だけ素早いシフトチェンジが可能になった。

 最後に、今注目を集めて人気上昇中のスマートフォンと連携できる9インチディスプレイオーディオがオプション設定された。

プラドは本格的なオフロード走行をすることも多いから、ステアリングから手を放さずシフトチェンジできるパドルシフトは重宝するはず

 価格はディスプレイオーディオ+T-Connectナビキット+プラドスーパーライブサラウンドシステムがセットで、TZ-Gが51万2600円、TZ系が46万2000円。

 改良後の新型プラドの価格は、トップモデルのTZ-Gが553万円、TX系が362万1000~496万8000円となっている。

 改良前のTZ-Gの価格が546万2600円だったから、パワーアップ、安全装備の充実&アップデートをしながらも6万7400円高にとどめていて実質的値下げなのはかなり魅力的だ。

特別仕様車TX Lパッケージ・Black Edition(ブラックエディション)

 ベースとなるのはTX Lパッケージで、内外装にブラックを基調とした専用パーツがあしらわれている。

 ノーマルが改良によって見た目が変わらなかったが、専用ブラックパーツの装着によりシックなイメージが強調されている。

カタログモデルに比べてグリル、ヘッドランプ回り、アルミホイールがブラック塗装されていることでシックかつ精悍なイメージになる

【エクステリア】
■グリル&ヘッドランプ回り、バックドアガーニッシュが漆黒メッキ加飾
■アウターミラー、ルーフレールがブラック塗装
■専用ブラック塗装18インチアルミホイール
■大型フォグランプベゼルをブラック塗装

【インテリア】
■オーナメントパネルをシルバー塗装
■センターパネルなどをブラック塗装

内装にもブラック塗装されたパーツがあしらわれる。ベースのTZ Lパッケージに比べて12万1000円高の価格も魅力的

 特別仕様車のブラックエディションの価格は、ガソリンエンジン搭載モデルが426万1000~441万9000円、ディーゼルエンジン搭載モデルが493万1000~508万9000円となっている。

 カタログモデルのTZ Lパッケージに比べて12万1000円高でスペシャルなプラドを手に入れることができるチャンスだ。

【画像ギャラリー】プラドが改良で大幅にパワーアップ!! 日本車のクリーンディーゼル搭載車のパワースペック一覧

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ